2017年03月04日

堺シャトルのルートを歩いてみる(堺東駅−堺駅):前編

こんばんは!(^o^)
いよいよ学生生活も最後に差し掛かってきました。

皆さんは4月からどんな生活になりますか?
私は就職で暫くは近畿圏を離れることになります(人生一度は地元を離れるのも良いかも)

さて本題に入りましょう!
堺東駅から大小路を経由して堺駅へ行くバスといえば「堺シャトル」ですが、今回はそのルートに沿って歩いてみることにします。

P3041897.JPG
堺シャトルは去年、新車が入りました。
車種は日野ブルーリボンハイブリッド。前代の堺シャトルのイメージを引き継いで黄金色がベースの特別塗装です。


距離にして約1.8km、(歩こうと思えば)十分に歩ける距離です(^o^;)
では早速歩いてみましょう。


P3041885.JPG
堺東駅方面を望む。
堺東といえば高島屋のイメージが根強いです^^;


P3041893.JPG
ジョルノ。
元々はダイエーが入居していましたが、後に撤退しました。
その後も細々と営業を続けていましたが去年の10月末で閉店、再開発が予定されているようですがまだ1階部分の一部店舗が営業を続けているようです。


P3041920.JPG
堺市役所。
最上階の21階は眺めの良い展望ロビー(入場無料)になっています(^o^)


P3041915.JPG
堺地方合同庁舎。
堺税務署、ハローワーク堺(堺公共職業安定所)、堺労働基準監督署、大阪法務局堺支部、大阪地方検察庁堺支部が入居しています。


P3041921.JPG
VIPライナーの堺東停留所。
詳しくは「VIPライナー」で検索検索ゥ!(話せば長くなるので省略という意味)

P3041926.JPG
大小路橋歩道橋を渡る手前から見た堺東駅方面。
季節のせいか寂しい感じがしますが、新緑の季節になると素晴らしい気分で歩けそうな風景です。


大小路橋歩道橋を渡り切れば、大正義東横インがあります(どうでもいい)
P3041936.JPG
実は未だに東横インのお世話になったことがありません(それもどうでもいい)


P3041943.JPG
お、これはひょっとして・・・・・?


実は大阪のベトナム総領事館は堺にあります。
日本人はビザが免除されているので観光で行く場合にはあまり縁がないかもしれませんが、海外出張や留学の場合にはひょっとしたら行く機会があるかもしれません。

P3041946.JPG
紋章がいかにも・・・という感じですね(^o^;)


P3041950.JPG
滅茶苦茶金ピカでカッコイイプレート。
撮影に苦労しました。


なぜベトナム総領事館が堺にあるのかと言うと、それは堺の歴史に深く関係しているようです。
約数百年前の堺は「東洋のベニス」と称されるレベルに国際貿易が盛んな街でした。
特に堺の商人は東南アジア方面、今でいうタイやベトナム、インドネシア、中国の辺りに多く進出していました。
その中でもベトナムのホイアンという街には、多くの日本人商人が進出していました。その名残として日本人が作った橋や、そして郊外には堺の商人である「具足屋」の墓が残っています。

そして時は流れ、具足屋の子孫の人がたまたまその事実を知りました。
その後現地を訪れ、その経験を堺の市議会議員に伝えたことが堺にベトナム総領事館がやって来るきっかけになりました。

こうして今、堺にベトナム総領事館があるという訳なんですね!(≧∇≦)
さて、ダラダラ書いていたら長くなってしまいました。

後編はまた明日という事で!
(堺シャトルの停留所で例えれば堺東駅から熊野小学校前を経由し、大寺北門山之口前に行く途中辺りまでオワリ)
ラベル:堺シャトル
posted by 大阪のしろきち at 19:01| 大阪 ☀| Comment(0) | 街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]