2017年03月23日

関空アイスアリーナの新情報が判明!

こんにちは!(^o^)
今日の深夜便でシンガポールに向かうわけですが、旅行準備が予想以上に早く終わってしまったので、ブログを更新します。

さて、りんくうタウンに建設予定の(クールジャパンフロントじゃなくて)「関空アイスアリーナ」。

rinku1.PNG
位置図。
オレンジ色で覆った部分が「関空アイスアリーナ」の建設予定地になります。


2016年7月1日の建設ニュースの記事「【官庁】開発運営主体を関空アイスアリーナに決定/事業費は約40億円、19年の完成めざす/泉佐野市」によると・・・・・
・事業主体は一般社団法人関空アイスアリーナ(社員はフラットフィールドオペレーションズ、はやぶさ国際観光バス、大起水産、IMAGICAウエストの4社)。
・全体面積は約10.4ヘクタール。府営りんくう公園の予定地を活用。
・エリアはスケートリンクゾーン(約4.3ヘクタール)、ホテル・飲食ゾーン(約3.3ヘクタール)、バス駐車場ゾーン(約2.1ヘクタール)、そして泉佐野市が整備する予定の緑地ゾーン(約2.1ヘクタール)の4つに区分。
・スケートリンクゾーンは通年型の国際規格リンク(1面あたり30m×60m)を2面。


既にここまでの情報は出ていますが、今日は新たな情報を入手いたしました!
情報元は泉佐野市議会の会派であるチーム泉佐野創生さんのフェイスブック(チーム泉佐野創生(泉佐野市議会))。
その3月16日の投稿に「関空アイスアリーナ」の情報が掲載されていました(以下を参考)。
『ホテル・飲食ゾーン』
・フラットフィールドオペレーションズに加えて、HISホテルホールディングスが参画。
・客室数は当初は200室、将来的には600室に拡大。
・「ロゾットホテル」としての展開を予定。
・飲食ゾーンについてもホテル内に設置することを決定。
『バス駐車場ゾーン』
・既報通りはやぶさ国際観光バスが運営。
・実施設計に着手。
『アイスリンクゾーン』
・事業主体は泉佐野市。
・関空アイスアリーナは建物を事業主体である泉佐野市よりリースする形で運営。


ところで一つ気になるのは「ホテル・飲食ゾーン」における「ロゾットホテル」という部分です。
HISのホテルといえば、ハウステンボスと舞浜で運営中のロボットが接客するホテル「変なホテル」が有名です。
私が思うに「ロゾットホテル」は「ロボットホテル×リゾートホテル」を掛けた、HIS流の造語な気がします・・・・・
HISとしては変なホテルを将来的には100軒展開する構想を持っています。
(「HIS、「変なホテル」100軒体制目指す大胆戦略」(東洋経済オンライン)より)

つまりはひょっとして「変なホテル」の近畿圏第一号店になるのではないかと推測しています(外れたらゴメンナサイ!)
そうなると物凄く面白いでしょうし、主な顧客層である外国人観光客の受けも狙えそうですね。

関空アイスアリーナの記事と言っておきながら「ホテル」の事ばかり書いていますが、既にりんくうタウンだけでもホワイト・ベアーファミリーや南海電鉄・座間グリフィン・カモメツーリスト・JCプランがホテルの建設を計画、もしくは既に建設を進めているとの事で、更なる競争激化が予想されている訳です。
そんな中で「ロボットが接客するホテル」というのは他のホテルとの差別化を図ることが可能になります。

さて、実際にどうなるのか。注目したいところですね!(^o^)
posted by 大阪のしろきち at 13:20| 大阪 ☁| Comment(0) | 都市開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]