2017年04月15日

富山空港(後編)

さて前編に引き続き富山空港です。
ここで富山空港の特徴をちょっとだけ書いてみます。

この空港は神通川の河川敷にあります。
河川敷にある空港でジェット機がバンバン発着しているのは、ここ富山空港だけなんです(^o^)
ちょっと他の空港にはない特徴として・・・・・

DSCN0069.JPG
搭乗橋が堤防を乗り越えてる影響で「長い」事です。
堤防を乗り越えちゃう搭乗橋は世界でも珍しいようで^^;


他にも
toyama.PNG
誘導路を作れるスペースが無いので、滑走路の先にターニングパット(画像の赤丸で囲った場所)が設けられている事や・・・


そして、霧の中でも安全に着陸出来るように設置されているILS(計器着陸装置)。
ここ富山空港では進入方向を示すローカライザーと滑走路までの距離を示すT-DMEのみ設置され、降下経路を示すグライドパスが設置されていないのが特徴的です。
この影響で富山空港の欠航率は高いようですが、河川敷の影響でスペースが狭く、十分に対策が取れないのが現状です(ヽ´ω`)

とはいえ、手をこまねいている訳でもなく高精度の気象レーダーを導入したり、出来る限りの対策はしているようです。

さて、今度は中国南方航空の大連線が到着する所を見てみましょう。
到着前には・・・・・
DSCN0208.JPG
トーイングトラクター。


DSCN0212.JPG
ジェット燃料満載のタンクローリー。
大きな空港では駐機場の下に燃料の配管が通っているのですが、ここ富山空港ではタンクローリーで運ばれてきます。


そうこうしている内に02滑走路に・・・
DSCN0218.JPG
着陸!


機種はエアバスA319-100。
関空でもちょくちょく見かけます(^o^)
DSCN0230.JPG
機体記号はB-2296。
富山の他にも関空・セントレアによく顔を出しているようです。


DSCN0241.JPG


DSCN0249.JPG
ボーディングブリッジ(搭乗橋)に接続されました。

そして次はANAのボーイング737-800・・・・・
ところがいきなり雨が降り、風も強まってしまいました(´;ω;`)
DSCN0258.JPG
機体記号はJA68AN。


そんな訳でお昼を。
DSCN0263.JPG
麺処いろはの白エビラーメン&水餃子。
美味しく頂きました。


雨はますます強くなり、結局この後市街地に戻りましたとさ。
市街地に戻るバスでドンドン天気が良くなったのは、ここだけの話です^_^;

それでは今日はこの辺で(@^^)/~~~
posted by 大阪のしろきち at 19:29| 大阪 ☁| Comment(0) | 航空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]