2017年09月12日

日本電産生産技術研究所

おはようございます(^o^)
先週土曜日の記事国会図書館・けいはんな学研都市、プラスで丹波橋(前編)でサラッとだけ取り上げた「日本電産生産技術研究所」。

P9095300.JPG
精華大通り側より撮影


今回はその「日本電産生産技術研究所」を詳しく取り上げていきます(全て2017年9月9日現在)
まずはお決まりの「建築計画のお知らせ」から・・・・・
P9095306.JPG


『この土地に建設予定の事務所・研究施設についてのお知らせ(建築計画のお知らせ)』
・敷地の地名地番:京都府相楽郡精華町光台三丁目9番1、9番2、9番3
・用途:事務所・研究所
・構造:鉄骨造
・高さ:30.90m
・敷地面積:27,117.09平方メートル
・建築面積:(不明)
・延床面積:23,642.21平方メートル
・階数・棟数:地上6階、6棟
・事業者:日本電産株式会社
・設計者:有限会社キュービック・ステーション、株式会社都市居住文化研究所、三井住友建設株式会社一級建築設計士事務所
・施工者:三井住友建設株式会社 大阪支店
・着工日:平成29年(2017年)1月4日


2016年12月に着工し、2018年1月に完成する予定です。
この規模の建物にしては工期が早いように思えますが、鉄骨造なので一度組み上がると後は早いようです。
P9095311.JPG
来年1月の完成に向けて、工事が急ピッチに進んでいました。


P9095314.JPG
既に外壁が取り付けられている部分も。


P9095342.JPG
シンプルでイケメンな外装になりそうです(^o^)


P9095340.JPG
何に使われる棟でしょうか?


実はこの生産技術研究所、一期と二期に分かれており、現在建設中の部分は第一期部分。
第二期部分は2020年〜2025年頃に建設される予定になっています。
最終的な規模は1000人を予定しているようで、けいはんな学研都市にある研究所の中でも大規模なものになりそうです。

日本電産といえば永守重信氏が一代で築き上げた京セラ・オムロン・任天堂と並ぶ世界的大企業です。
売上高も1兆円を優に超え、更には2030年度には売上高10兆円の目標も持っています。
更なる成長を目指すべく研究開発には惜しみなく投資を続けていますが、この生産技術研究所は「ものづくり」をより効率的に行うために基礎研究から応用研究まで幅広く手がける施設になる予定です。

けいはんな学研都市のクレーンの動きを見ると、ホントに関西圏の経済は「息を吹き返したんだな」とつくづく実感します(*^^*)
この素晴らしい流れ、長く太く続いてもらいたいものです!(^o^)/

明日はいよいよ「三菱東京UFJ銀行 関西ビジネスセンター」を取り上げます。
posted by 大阪のしろきち at 06:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 都市開発(近畿圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]