2017年09月13日

三菱東京UFJ銀行関西ビジネスセンター

おはようございます(^o^)
昨日は「日本電産生産技術研究所」を取り上げましたが、今日は「三菱東京UFJ銀行関西ビジネスセンター」です。

二年半前の記事(けいはんな学研都市に三菱東京UFJの事務センター設置!)で取り上げましたが、今回はその続きということでお願いしますm(_ _)m
(全て2017年9月9日時点)

P9095494.JPG
三菱東京UFJ銀行関西ビジネスセンター


銀行の事務センターという性質上、なかなか公式の情報が出回らず進展にヤキモチを焼いていました。
情報が出回ってきた頃には、既に建設がかなり進んでおり一刻も早く取材したいと思っておりましたm(_ _)m

P9095495.JPG
このガラス張りの建物(仮:北棟)に事務所が入るようです。
セキュリティー上の都合で詳しい勤務人数までは明かされていませんが、数百人は間違いなく超えそうです。


P9095506.JPG
ガラス張りの建物の背後にあるのは、恐らく取引データを収容するサーバーが入る建物(仮:中央棟)でしょう。


P9095554.JPG
南側に移って、高いのが中央棟(仮)、低いのが南棟(仮)。
どちらもサーバーが入って、日夜「お金の動き」を支えていくんでしょうね(多分)


毎度お約束の「建築計画のお知らせ」です(;-∀-)
P9095555.JPG


『この土地に建設予定の(仮称)関西ビジネスセンター建設工事についてのお知らせ(建築計画のお知らせ)』
・敷地の地名地番:京都府木津川市木津川台九丁目5番4、京都府相楽郡精華町精華台七丁目5番4
・用途:事務所
・構造:S造、(一部RC造)
・高さ:最高高さ 40.8m
・敷地面積:49,999.24平方メートル
・建築面積:14,600.00平方メートル
・延床面積:48,000.00平方メートル
・階数・棟数:地上6階、4棟
・事業者:株式会社三菱東京UFJ銀行
・設計者:株式会社三菱地所設計
・施工者:株式会社大林組
・着工日:2016年1月


昨日取り上げた日本電産の生産技術研究所よりも、1年早く工事が始まっています。
施設の性質上、免震構造にしているため基礎工事に時間が掛かったものだと推察されます。
P9095570.JPG
南側から北側に回って、一枚。
巨大さにメロメロです(*^^*)


P9095578.JPG
建物自体はほぼ完成し、内装工事に移っています。
そして今度は入口部分の工事が大詰めを迎えていました。完成した暁にはここから社員が出入りするようです。


三菱東京UFJ銀行の関西ビジネスセンター。
既に同行で「ビジネスセンター」と称する事務センターは東京都多摩市に「多摩ビジネスセンター」が存在しています。
BCP(事業継続計画)を考慮して、地盤が安定しているけいはんな学研都市に建設したものと思われます。
東の「多摩ビジネスセンター」、西の「関西ビジネスセンター」の二センター体制で万が一の災害時にも耐えられる体制作りを目指しているように思えます。

更に言うと大阪ビルの建替えも「ひょっとして二本店体制を目指してるのでは?」と思わせるような動きです。
同行のルーツの一つとして大阪が本拠地の三和銀行であった訳ですから、かなり重視している姿勢が伺えます。

それはともかく関西ビジネスセンター、完成が非常に楽しみな建築物の一つでもあります(^^)
そんな訳でこの辺で(^_^)/~
posted by 大阪のしろきち at 06:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 都市開発(大阪) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]