2018年02月25日

南海和歌山市駅、大改造中!

こんにちは(^o^)
気づけば2月ももう終わり、3月は更に気持ちが忙しくなりそうです(;-∀-)

さて、昨日は久々に和歌山市内へ。
DSC_0836.JPG
和歌山城

最近の和歌山は再開発案件がジワジワ増えており、なかなか楽しい事になっています(*´∀`)
その中でも南海和歌山市駅の再開発が最もインパクトが大きいのではないでしょうか?
和歌山都市計画和歌山市駅前地区第一種市街地再開発事業」(和歌山市公式ホームページ)

DSC_0949.JPG
旧南海和歌山ビルの解体が進んでいました(´・ω・`)

P7181775.JPG
かつては百貨店(高島屋)やオフィスの入る立派なビルでした(2016年7月撮影)


南海和歌山市駅の再開発は第一期(オフィス棟(南海和歌山市駅ビル))と第二期(ホテル棟・商業棟・公益施設棟)に分かれており、既に第一期のオフィス棟は2017年3月に竣工しています。
DSC_0993.JPG
南海和歌山市駅ビル。
階数は地上7階塔屋1階。構造は鉄骨造。延床面積は6,210.55平方メートル。

そして第二期は南海和歌山ビルの解体が終了次第、工事が始まります。
DSC_0974.JPG
現在解体が進んでいます。

wakayamashi_sta.png
2020年にはこのような姿になる予定です(^o^)
(画像はhttp://www.city.wakayama.wakayama.jp/kurashi/douro_kouen_machi/1007741/1018128.htmlより)

DSC_0962.JPG
(第二期の)『建築計画の概要(建築計画のお知らせ)』

分かりやすいように文字に起こします(*´∀`)
『建築計画の概要』
・建築物の名称:和歌山市駅前地区第一種再開発事業施設建築物新築工事
・敷地の地名・地番:和歌山市東蔵前丁3番地12他
・着工の予定:平成30年(2018年)5月1日
・標識設置:平成30年(2018年)1月12日
・用途:ホテル・図書館・店舗等
・敷地面積:12,705.82平方メートル
・構造:鉄骨造
・延べ面積:38,065.82平方メートル
・高さ:48.81m
・階数・棟数:地上12階・1棟
・建築主:南海電気鉄道株式会社
・設計者:株式会社アール・アイ・エー 大阪支店
・工事施工者:未定


ホテル棟にはカンデオホテルズ、公益施設棟に和歌山市民図書館が入居する予定です。
商業棟には恐らく南海電鉄系のN.KLASSが入居するものと推測されます(外れたらゴメンナサイ!)。

JR和歌山駅に押されがちの南海和歌山市駅ですが、この再開発を契機にまた盛り返してもらいたいものですね!(≧∇≦)
そして再開発が完了した暁には「南海そば」、是非とも復活を願いますm(_ _)m

(以下、こぼれ話)
工事の影響で改札口が2階から1階に移り、南海電鉄とJR西日本の改札が完全に分離されました
DSC_0024.JPG
南海の改札機と・・

DSC_0028.JPG
JRの改札機。

DSC_0032.JPG
2番船ホームの左側にあった3番線ホームの降車側はフェンスで完全に封鎖されてしまいました。
ラベル:和歌山市駅 南海
posted by 大阪のしろきち at 16:08| 大阪 ☁| Comment(2) | 都市開発(近畿圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、また失礼しますm(._.)m

和歌山ですか…自分はもう随分と長いこと行ってないです。和歌山市駅もビル建て替え工事が本格化してますね。焦げ茶色のレンガ壁風だった旧ビルも解体が進んで、以前と比べて低くなってきたのが画像からもわかります。

再来年の完成予定、楽しみな現場だと思いました(^_^)

Posted by アリー my dear at 2018年02月26日 18:19
アリー my dearさん、コメントありがとうございます。

久しぶりに和歌山市駅に行ってみて、変わりように正直ビックリしました。
和歌山市駅周辺は和歌山駅前に比べて寂れてしまっていますが、この再開発を契機にまた盛り返してもらいたいですねm(_ _)m
Posted by 管理人@大阪のしろきち at 2018年02月26日 21:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]