2018年03月21日

りんくうタウンのホテル計画(ホテルWBFりんくうタウン駅前(仮) Part1)

おはようございます(^o^)
昨日までは神戸ネタ三連発をお届けしましたが、今日は当ブログ名物(?)のりんくうタウンのホテルネタ。
それもただのホテルネタではありません!(≧∇≦)

ホワイト・ベアーファミリーが建設予定のりんくうタウン最大級の813室を誇る「ホテルWBFりんくうタウン駅前(仮)」です。

『建物概要』
・階数:地上20階、地下1階
・延床面積:約26,500平方メートル
・客室数:813室
・用途:ホテル
・完成予定:2020年春

現況では泉佐野市の「りんくう自転車置場」として使用されています。
その一角で地質調査(ボーリング調査)が始まっていました!(^o^)
DSC_3903.JPG
北西側。

DSC_3916.JPG
南西側。

DSC_3919.JPG
そして南東側でも調査が行われており、計3ヶ所で地質調査が行われていることになります。

rinkuhotel_2_1.PNG
予定地の位置図と大まかなボーリング位置(北西側・南西側・南東側)。

昨年の3月に「りんくうタウン駅前公共用地における事業者募集」の最優秀提案者が「ホワイト・ベアーファミリー」を中心としたグループに決定して以来、進捗が不明なままでしたが、ここに来て漸く着工に向けた動きが出てきた感があります(*´∀`)
地質調査が終わった後に基本設計→実施設計→着工という流れになりますから、今年前半には「建築計画のお知らせ」が貼り出されるのは間違いなさそうです。

非常に楽しみな計画であることは言うまでもありませんね(⌒▽⌒)
posted by 大阪のしろきち at 07:00| 大阪 ☔| Comment(0) | 都市開発(泉州・りんくう) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]