2018年04月23日

ホテルロイヤルクラシック大阪(2018年4月時点)

今日は旧大阪新歌舞伎座跡地に建設中の「ホテルロイヤルクラシック大阪」です。
設計は隈研吾建築都市設計事務所が監修し、鹿島建設が施工を行っています。
DSC_0665.JPG
かなりの高さまで鉄骨建方が進んでいました。
隣接するヒューリック難波ビルの11階分に相当する印象です。

DSC_0670.JPG
完成は2019年8月31日(労災保険関係性成立票より)を予定しています。

【概要】(建築計画のお知らせより)
・建築主:株式会社ベルコ
・設計者:隈研吾建築都市設計事務所、鹿島建設株式会社関西支店
・工事施工者:鹿島建設株式会社関西支店
・建築物の名称:(仮称)ベルコ難波ホテル 新築工事

・敷地の位置:大阪市中央区難波四丁目59-1 外(地名地番)、大阪市中央区難波四丁目3番25(住居表示)
・建築物の主要用途:ホテル(宴会場、レストラン、ラウンジ、客室、駐車場) 店舗
・敷地面積:2,292.65平方メートル
・建築面積:1,893.45平方メートル
・延べ面積:22,349.19平方メートル
・構造:鉄骨・鉄筋コンクリート・鉄骨鉄筋コンクリート
・高さ:85.85m
・階数:地上19階、地下1階
・着工日:平成28年6月1日
・竣工日:平成31年8月31日(労災保険関係成立票より)

開業は2019年10月頃を予定しており、現在は急ピッチで作業が進んでいます。
DSC_0105.JPG
今年3月頃に撮影。
この時はまだ隣接するビル(ヒューリック難波ビル)の7階分まで鉄骨建方が進んでいる状況でした。

DSC_0690.JPG
(4月に話は戻って)
なんば楽座からも撮影。
こちら側も圧倒的です。

【フロア構成】
【地下1階】ロビー、テナント、機械式駐車場
【1階】エントランスロビー、テナント、カフェ
【2階】レストラン、ラウンジ
【3階】バンケット(1)、バンケット(2)
【4階】事務室
【5階】ウェイティングルーム
【6階】チャペル、フォトスタジオ
【7階】バンケット(3)
【8階】バンケット(4)
【9階】バンケット(5)
【10階】ブライダルサロン
【11階】ホテルラウンジ、ホテルレセプション、レストラン
【12-18階】客室
【19階】チャペル、アトリウム、バーラウンジ、パーティールーム
https://kyodonewsprwire.jp/release/201603299332より引用)

客室数は150室。レストランは2箇所、バーラウンジ、宴会場は5バンケット・2チャペル等を備えています。
どちらかと言えば「ウェディング・バンケット用途」を強化したホテルだという印象を受けました。
(もう少し客室数あっても良いような・・・・・)

それは兎も角、完成した姿が目に浮かぶレベルまで鉄骨建方が進んでいました(≧∇≦)
posted by 大阪のしろきち at 07:00| 大阪 | Comment(0) | 都市開発(大阪) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]