2018年04月22日

なんばのエディオン旗艦店(2018年4月現在)

今日はなんばに建設中の「エディオン旗艦店(仮)」です。
この土地は元々精華小学校が位置しており、近代建築としての価値が高い建築物でしたが解体され、現在新しい施設が建設中です。
(完成後は精華小学校の外観が一部再現される予定です)

建築主は成信、設計はIAO竹田設計、施工は三井住友建設が担当しています。
DSC_0644.JPG
建築計画のお知らせ。

【概要】(建築計画よりお知らせより)
・建築主:株式会社成信
・設計・監理:株式会社IAO竹田設計
・施工者:三井住友建設株式会社
・建築物の名称:(仮称)中央区難波3丁目 新築工事
・建築物の用途:物販店・飲食店舗
・敷地の位置:大阪市中央区難波3丁目25番2の一部、27番22
・敷地面積:4,225.99平方メートル
・建築面積:2,928.35平方メートル
・延べ面積:22,995.42平方メートル
・容積率対象面積:21,219.74平方メートル
・構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)
・高さ:59.40m
・階数:地上9階、地下1階

DSC_0625.JPG
大阪高島屋側より撮影。
ここでも分かる程に鉄骨が伸びていました(^o^)

DSC_0632.JPG
なんさん通り側にも出入口が設置されます。
ここに「Edion」のロゴがデカデカと掲げられるようです(推測)。

DSC_0636.JPG
精華通り沿いより撮影。
こちらがメインの出入口になりそうですが、果たして?

DSC_0649.JPG
4階部分まで鉄骨建方が進んでいるような印象を受けます。


完成は2019年4月中旬、エディオンとしては「関西エリアの旗艦店」として位置づけ、訪日外国人向けの商品展開を考えているようです。
近隣に「ビックカメラなんば店」「ヤマダ電機LABI1なんば」がある中で、エディオンの開店後は「三つ巴」の争いになりそうですが、位置的に考えるとエディオンが最終的には勝つんじゃないかなと勝手に想像しています(;-∀-)

今年も訪日外国人がドンドン増えていく中で、この流れが2019年まで続いてくれることに期待したいものです(^o^)
posted by 大阪のしろきち at 12:34| 大阪 | Comment(2) | 都市開発(大阪) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、こちらもおじゃまします(^_^)

この現場、3月に入った頃に建物躯体が出現しましたけど、ここまで組み上がるのが思いのほか早く感じました。
高層ビルではないですけれど、ボリューム感たっぷりの建物となりそうですね。規模自体は梅田のヨドバシをひと回り小さくしたくらいかなとのイメージを持っています。

近くでは別の記事にもあった、新歌舞伎座跡地に建設中の『ロイヤルクラシック』も日に日に成長してきてますし、難波駅周辺の進化は見ているだけで楽しくなってきます( ´ ▽ ` )
Posted by アリー my dear at 2018年04月23日 21:46
アリー my dearさん、コメントありがとうございます(^o^)

鉄骨構造だと結構組み上がるのが早いイメージがあります。
恐らく早ければ6月〜7月には最上部まで行くんじゃないかなと推測しています。

ロイヤルクラシック、低層部の外観は大阪新歌舞伎座のを再現するそうで楽しみ所です。
Posted by 管理人@大阪のしろきち at 2018年04月23日 23:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]