2018年04月28日

ふらりと徳島(その1)

こんばんは(^o^)
ここ最近、急に業務が忙しくなり、残業2時間が普通になってきた感があります。
(ブログ更新する頻度が減りそう・・・・・)

今回はゴールデンウィークということで、ふらりと徳島へ。
なんとなくフェリーに乗りたくなり、気づけば「とくしま好きっぷ2000」を片手に握りしめ、気づけばホテルを取ってしまっていたのでした(;-∀-)
DSC_0099.JPG
フェリーかつらぎのC甲板より。

和歌山港から徳島港へは南海フェリーの「フェリーかつらぎ」に乗船。ゴールデンウィークだけあって、非常に混雑していました。
DSC_0112.JPG
フェリーかつらぎのB甲板より。
同社のファンネルマークは南海グループのCIをそのまま使用しています。その下には太陽光パネルが設置されています。
(海の上には基本遮るものがないだけに発電効率は良さそうです)


かつて、阪神エリアから淡路島・徳島へは徳島阪神フェリーや南海淡路ライン(大阪湾フェリー)、たこフェリー(明石フェリー)など数多くの航路がありましたが、1998年の明石海峡大橋開通以来次々廃止になり、現在は南海フェリーが残るのみとなっています。
一時期南海フェリーも苦しかったようですが、最近は状況が落ち着いてきたようで、来年2019年には新造船が導入される見込みになっています(^o^)
(フェリーズ2018年5月号より)
DSC_0142.JPG
和歌山港の灯台。
灯台にも「沿岸灯台」と「防波堤灯台」の二種類があるそうですが、こちらのは「防波堤灯台」になるそうです。

DSC_0182.JPG
途中で出会った「フェリーつるぎ」。
こちらは逆に和歌山港へ向かっていました。

DSC_0214.JPG
オーシャン東九フェリーの「フェリーどうご」。
同型船に「フェリーしまんと」「フェリーびざん」「フェリーりつりん」があり、四国四県の名所から名前が採られています。

風は強いものの、船は至って順調に航路を進め、予定よりも少し早く徳島港に到着。
DSC_0244.JPG
徳島港のフェリーターミナル。
思えば徳島は中学生以来行ったことがなく、久方振りです(*´∀`)

DSC_0269.JPG
こういう歓迎看板、好きです(≧∇≦)

DSC_0272.JPG
いやぁ、久々の徳島です!

早速徳島市営バスの徳島駅前が待機していました(しかも直行便)。
DSC_0273.JPG
時刻表。
平日は20分間隔、土休日は30分間隔で運行しています。和歌山港よりも利便性は良さそうです。


次回は徳島駅前からお送りします(^^)
posted by 大阪のしろきち at 18:00| 大阪 | Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]