2018年05月22日

5月の関空(後編)

中編の続きです。
これで最後となります!

お昼の関空は主に韓国・中国・台湾系が多く発着します。
かつては殆ど発着がありませんでしたが、インバウンドの増加により昼間の便も増えてきました(*´∀`)
DSC_2917.JPG
中国東方航空のエアバスA321-200(B-8572)。

DSC_2929.JPG
天津航空のエアバスA330-200(B-8596)。

普段中国系キャリアと言えば、基本的にエアバスA320シリーズやボーイング737を投入する事が多いんですが、この日は結構ワイドボディ機が多く見ごたえがありました!(≧∇≦)
DSC_3039.JPG
中国国際航空のエアバスA330-200(B-6541)。


ちょっと中国からは脱線して、韓国・台湾系も(*´∀`)
DSC_3075.JPG
ティーウェイ航空のボーイング737-800(HL8300)。
導入は2017年12月、新造機です。

DSC_3113.JPG
チャイナエアラインのボーイング777-300ER(B-18053)。

DSC_3224.JPG
エバー航空のエアバスA330-300(B-16340)。

DSC_3254.JPG
エアプサンのエアバスA321-200(HL7722)。


更に脱線してその他の地域も。
DSC_3315.JPG
香港エクスプレス航空のエアバスA321-200(B-LEH)。

DSC_3345.JPG
フェデックス・エクスプレスのマクドネル・ダグラスMD-11F(N597FE)。
ボーイング777Fへの置き換えが進み、退役が進みつつあります。

DSC_3375.JPG
PeachのエアバスA320-200(JA805P)。
関西圏でLCCといえば同社というレベルに浸透しています(*´∀`)


さて、中国に話を戻して・・・・・
DSC_3411.JPG
中国国際航空のエアバスA330-300(B-5946)。

DSC_3678.JPG
中国南方航空のエアバスA330-200(B-6531)。

ナント、日曜日は中国国際航空と中国南方航空のエアバスA330を眺めること出来ました(*´∀`)

そして最後の締め三連チャンは。
DSC_3567.JPG
チャイナエアラインのエアバスA330-300(B-18310)。

DSC_3648.JPG
日本航空のボーイング737-800(JA325J)。

DSC_3699.JPG
スクートのボーイング787-8(9V-OFK)。


それにしても昼間の関空も年々面白い事になってきたと思います(*´∀`)
このままインバウンド、いいや日本人利用者も両方増えてくれれば、数年後は更に楽しみな事になりそうです。
10年前までは色々と言われてきましたが、ここ数年で一気に伸びてきたと感じています。

これからも見ていきたいです!
DSC_3260.JPG
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☁| Comment(2) | 航空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
貨物機とは言えMD-11が現役とは驚きました!確かに尾翼にエンジンがありますもんね。20年以上前にDLの名古屋〜ポートランド線で乗りました。当時はDC-10の後継機として結構華々しかったような気がしますが、ダグラス社がボーイングに吸収されてしまい、そのままフェードアウトという残念な機材ですね。ちなみにDC-10も乗ったことがあります。。。
Posted by タムタム at 2018年05月22日 07:08
タムタムさん、こんばんは(^o^)

MD-11は開発が遅延した上に、操縦性に難があったらしく、旅客機としては比較的に短命に終わってしまったような気がします。
(その前のDC-10はそれなりに活躍したんですけどねぇ・・・)

一度、乗ってみたかったです。
Posted by 管理人@大阪のしろきち at 2018年05月23日 21:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]