2019年08月30日

蘇った尾崎駅

こんばんは!(*´∀`*)
今日は久々に鉄道ネタで行きます。

去年の9月に台風21号で漏電火災が起き、骨組みを残してほぼ全焼した南海・尾崎駅。
半年以上、仮設駅舎での営業が続いていましたが今年の3月23日に駅舎が復旧しました。
DSC_0399.JPG
駅舎部分は濃い目のブルーになりました。
南海の空港特急「ラピート」を思わせます。

DSC_0403.JPG
違う角度から。
今までとは全然違う雰囲気になりました(⌒▽⌒)

DSC_0413.JPG
駅舎内は火災前の配置をメインにしつつ、明るい雰囲気に仕上がりました。
現状、テナントスペースはUR賃貸住宅の案内センターのみ入居しています。

半年で完全復旧出来たのは、火災が起きたものの、骨組み自体は無事だったのが大きいようです。
(内装は全て入れ替えになりましたが・・・・・)

もう二度と火災で燃えてほしくないものですね・・・・・(´;ω;`)
ラベル:尾崎駅 南海
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 鉄道&バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]