2019年12月02日

新港突堤西地区再開発(後編)

こんばんは!(*´∀`*)
昨日は前編として北側を取り上げましたが、今日は南側です。
(※写真は全て2019年11月末撮影)

こちらはフェリシモの本社ビルとAQUART 神戸(水族館)が建設される予定です。
DSC_0303.JPG
完成予想図(その1)。

DSC_0347.JPG
完成予想図(その2)。
赤枠で囲った部分の左側がAQUART 神戸(水族館)、右側がフェリシモ本社ビルです。

DSC_0270.JPG
配置図。

DSC_0338.JPG
フェリシモ本社ビルに当たる部分で杭打ち工事が始まっていました。

DSC_0349.JPG
労災保険関係成立票によると、工期は2019年(令和元年)9月1日から2020年(令和2年)12月7日になっています。

DSC_0354.JPG
施工は銭高組が担当します。
なんとも低姿勢な看板です(;-∀-)

建築計画のお知らせが見当たらなかったので、独自に概要をまとめてみました。
【建物概要】
・所在地:神戸市中央区新港町112
・階数:地上9階
・構造:鉄骨造
・敷地面積:2,230平方メートル
・延床面積:8,660平方メートル
・用途:オフィス(5,210平方メートル)、クリエイティブラボ等(3,450平方メートル)
(参照元:新本社ビルを計画、19年6月に着工/新港突堤西地区第1突堤基部の複合再開発エリアに/フェリシモ (建設ニュース・2017年10月26日))
DSC_0330.JPG
奥側に杭打機が立っているのがフェリシモの本社ビルです。

DSC_0323.JPG
AQUATIC 神戸の方も杭打機が立ち、工事が本格化しつつあります。

こちらも建築計画のお知らせがなかったので、独自でまとめてみました^^;
【建物概要】
・所在地:神戸市中央区新港町112
・階数:地上4階・地下1階
・構造:鉄筋コンクリート造・鉄骨造
・敷地面積:5,328.14平方メートル
・延床面積:8,075平方メートル
・用途:水族館、飲食店、物販店
(※引用元:「民間都市再生事業計画(新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発事業)を認定 〜 神戸の新港町に、賑わいのあるウォーターフロント空間を形成 〜」(国土交通省・2018年10月23日・PDF)

須磨海浜水族園もサンケイビル主導で再開発されることになり、東のAQUART・西の須磨海浜水族園という関係になりそうです。
「須磨海浜水族園・海浜公園再整備事業」の事業者公募 優先交渉権者に選定」(サンケイビル・2019年9月12日・PDF)
DSC_0343.JPG
新港突堤西地区に隣接する「神戸みなと温泉 蓮」の看板。
こちらは2015年(平成29年)に開業、日本旅館をテーマにしたホテルで天然温泉が自慢だそうです(泊まりたい・・・)

この新港突堤西地区再開発を皮切りに、神戸市内では雲井通5丁目再開発や神戸市役所本庁舎2号館再整備に兵庫県庁県庁舎等再整備と案件が盛りだくさんです!(≧∇≦)/

神戸の将来もなかなか楽しみで、定期的に追っていきたいと思える11月最後の日なのでした。
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 都市開発(近畿圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]