2020年01月25日

泉佐野駅前のホテルはベッセルホテルズに!

こんばんは!(*´∀`)
福岡暮らしも間もなく一ヶ月、仕事はさておき慣れてきた感があります。

久々に大阪ネタで今日は一本・・・・・
泉佐野駅前広場」(Izumisano未来日誌 千代松大耕の独り言・2020年1月16日)

当ブログでも約1年前に投稿した「関西エアポートステーションホテル泉佐野」で取り上げた「泉佐野東駅前交通広場」のホテル計画。

元々は日本ビルドが主体となって事業を行う予定でしたが、諸事情により代表企業が代わり、開業も2020年7月から2021年末から2022年にかけてに変更しました。
【事業概要】
・代表企業:近畿総合リース
・ホテル運営:ベッセルホテル開発
・設計者:安井建築設計事務所
・施工者:大末建設、日本土木建設
・敷地面積:788.28平方メートル
・客室数:220室
・階数:10階建
・工期:2020年4月15日以降〜2021年末 or 2022年
・開業:2021年末 or 2022年頃(予想)

代表企業はJA三井リース系列の近畿総合リースが担当し、設計者は安井建築設計事務所(日本ビルド時代と変わらず)、大末建設(高松建設から交代?)・日本土木建設、そしてホテル運営はベッセルホテル開発が担当予定です。
izumisano-hotel.png
完成予想図(日本ビルド時代)。
代表企業が変更になったため、デザインは変更になると思われます。


ベッセルホテル開発が運営するホテルとして「ベッセルホテル」「ベッセルイン」「ベッセルホテルカンパーナ」「レフ by ベッセルホテルズ」の4ブランドがありますが、泉佐野駅前のホテルはどのブランドになるかに注目したいところです(*^▽^*)
(泉佐野駅前に全国チェーンのビジネスホテルが進出するのは、ひょっとすると初めてかもしれません。)

(※今記事の「事業概要」における敷地面積は近畿総合リースのTOPICS(https://www.kksl.co.jp/topics/index.html)より引用しています。)
izumisano_sta.PNG
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 都市開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]