2020年01月26日

虹の松原〜唐津神社を散歩する(後編)

こんばんは!(^o^)(2回目)
前編では虹の松原を歩き回りましたが、この記事ではその続きから・・・・・
DSC_0163.JPG
唐津城(今回は外からだけ・・・)。
1608年に初代唐津藩主・ 寺沢広高が築城しました。海岸線に沿って築城された珍しいタイプの城郭です。
DSC_0154.JPG
唐津城天守閣。
こちらは1966年(昭和41年)に観光施設として建設された模擬天守です。実は唐津城には天守閣がなかったとも言われているそうで・・・
DSC_0173.JPG
とはいえ、今や唐津を代表する観光スポットであり、ここから見る唐津の景色は素晴らしいものでしょう。
(次回は必ず行きます)

DSC_0189.JPG
唐津城の麓にある土産物店。
どうやら「松露饅頭」が名物だそうです。

唐津城の麓を通り過ぎて、西へ歩くとそこは唐津の中心部・大手口。
DSC_0212.JPG
唐津大手口センタービル「オーテ」。
旧まいづる百貨店の跡地を再開発する形で2011年(平成23年)に開業しました。昭和バスの唐津バスセンターと唐津市役所の一部組織をはじめ、カフェ・書店・100円ショップなどが入居しています。

DSC_0220.JPG
唐津神社(白い鳥居)。
755年に創建されたと伝わる歴史のある神社です。住吉三神と神田宗次公を祭神としてお祀りしています。

DSC_0248.JPG
石鳥居と拝殿。
ちょっと右に寄ってしまったのが反省点です。。。

DSC_0247.JPG
拝殿を近くで。
小ぶりながらも屋根の形が美しい拝殿です(*´∀`)

唐津神社と切っても切れないのが、唐津くんち!
この祭りは唐津神社の秋の例大祭として盛大に行われ、14町の個性豊かな曳山が街中を練り歩きます!
DSC_0294.JPG
鯛の曳山(魚屋町)
毎年11月の3日間で開催される唐津くんちの時以外は、このような形で曳山展示場に大切に保管されます。

DSC_0344.JPG
15町の個性のある曳山が勢揃いしています。
見るだけでも楽しいですね(*´∀`)

DSC_0355.JPG
一度は実際に曳いている姿を目にしたいものです!
岸和田もそうですが、唐津もお盆や正月に帰れなくてもくんちの時だけは帰ってくる位に祭りに熱心な町だそうです。

帰りは昭和バスの「からつ号」で大手口から博多まで快適に移動・・・・・(^o^)
途中で乗り込む人も多く、人気路線であることが窺えます。

さて、次回はどこへ行きましょうか?(*^▽^*)
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]