2020年03月12日

【オフィスビルのテナント】キャナルシティビジネスセンタービル

こんばんは!(^o^)
今日のオフィスビルのテナントは「キャナルシティビジネスセンタービル」(キャナルシティ博多)です。
【建物概要】
・敷地面積:4万3485平方メートル(キャナルシティ博多全体)
・延床面積:3万2733平方メートル
・階数:地上12階・地下2階
・建築主:エフ・ジェイ都市開発(現在は福岡地所に吸収合併)、民間都市開発推進機構
・設計者:ジャーディ・パートナーシップ、福岡地所、銭高組、清水建設、大林組
・施工者:銭高組、清水建設、大林組、フジタ、大宇

DSC_0401.JPG
外観。
商業施設やホテルの部分は非常にカラフルですが、こちらはグレー基調のシックな外観です。

DSC_0416.JPG
別角度から。
キャナルシティ博多はショッピングモール・オフィスビル・映画館・ホテル(2軒)抱える巨大複合施設です。

DSC_0412.JPG
玄関部。

実はキャナルシティ博多、最初はマンションとして計画され、起工式まで終わっていたようですが、途中で方針を変更し今の形になりました。
【平成の商業施設はこうして生まれた】キャナルシティ博多(1)」(産経新聞・2018年7月4日)

そんなキャナルシティビジネスセンタービルのオフィスビルのテナントをご覧ください(^o^)
【オフィステナント】(2020年2月中旬現在)
・10階:福岡地所株式会社、アフラック生命保険株式会社、株式会社ティーアンドエス
・9階:株式会社福岡リアルティ、柴牟田国際法律事務所、福岡地所株式会社 保険事業部、アフラック会議室1・2・3、福岡ロードサービス株式会社
・8階:株式会社東急コミュニティー 九州支店 九州リフォームセンター/西日本ビル運営部 九州運営チーム、株式会社カナヤマホールディングス、YKK AP株式会社、株式会社サンライフ、構造品質保証研究所/SRF建設、メルテック・ビジネス株式会社 九州事務センター
・7階:株式会社ベルシステム24 総合受付
・6階:太平洋セメント株式会社 九州支店、太平洋不動産株式会社、エイジェックグループ 福岡雇用開発センター、株式会社エイジェック、三菱電機ビルテクノサービス株式会社 九州支店、三菱電機株式会社 九州支社ビルシステム工事部、株式会社ユニバーサル建設
・5階:日本事務器株式会社 九州死者、菱電エレベータ施設株式会社 福岡支店、東西化学産業株式会社 福岡営業所、アマノマネジメントサービス株式会社、NJCソフトウェア株式会社、株式会社ノース・ヒル、株式会社伝
・4階:TOTO株式会社 九州支社、弁護士法人北浜法律事務所 福岡事務所、株式会社日比谷花壇、株式会社日比谷アメニス
・3階:TOTO DAIKEN YKK AP 福岡コラボレーションショールーム
・2階:株式会社ベルシステム24、大建工業株式会社、株式会社USEN/株式会社USEN ICT Solutions/株式会社USEN Media、ステラ・グランデ、株式会社ステラ佐々木、ステラ漢方株式会社
・1階:西日本シティ銀行 キャナルシティ博多支店、アビエスクリニック/クオール調剤薬局、Amway Plaza Meeting Room、スモーキングルーム、赤十字血液センター献血ルーム、バッチリ賃貸/株式会社ビーコンSTAY、キャナルツーリストラウンジ、ViTOキャナルシティ博多店
・地下1階:マツモトキヨシ、あい歯科 キャナルシティ博多、保険見直し本舗、キャナルシティ博多 管理事務所、ローソン キャナルシティ博多店 まちかど厨房・まちカフェ、アムウェイ・プラザ福岡、山本式整体 Refresh、リファレンス キャナルシティ博多 貸会議室
・地下2階:駐車場

主に4階にTOTOの九州支社、2階と7階にベルシステム24の福岡第1ソリューションセンター、6階に太平洋セメントの九州支店、8階に東急コミュニティーの九州支店、10階に福岡地所の本社がそれぞれ入居しています。
3階にTOTOと大建工業とYKK APの共同ショールームがあるのがなかなかユニークですね(*´∀`)
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☔| Comment(0) | オフィスビルのテナント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]