2020年03月22日

福岡の新・副都心(?)六本松駅界隈

こんばんは!(^o^)
福岡の都心と言えば天神と博多が鉄板ですが、副都心と聞かれると百道浜(シーサイドももち)や西新、香椎などがありますが、最近は六本松も再開発を契機に頭角を現しつつある印象です。

元々六本松には九州大学の六本松地区があり、一般教養教育が行われていましたが、伊都キャンパスへの移転により2009年(平成21年)に閉鎖。

その後は再開発が行われ、北側に複合施設の「六本松421」が、南側に福岡高地家簡裁庁舎・福岡第2法務総合庁舎が入ります。
その周りにはマンションや公園が設けられ、家族連れやお年寄りに優しい街という印象です。
DSC_0946.JPG
2017年に開業した六本松駅前のシンボル「六本松421」。
商業施設と福岡市科学館が入ります。
DSC_0982.JPG
ブラウン系の外観が落ち着いています。
南側に裁判所があるのを考えると、やはりマッチしている印象です。

ただ取材日は新型コロナウイルス対策で福岡市科学館は臨時休館・・・・・
あちこちでマスクを付けた人を見かけるたびに、早く日常に戻れることを願わずにはいられません。
DSC_0974.JPG
福岡高地家簡裁庁舎。
2018年に完成し、福岡高等裁判所・福岡地方裁判所・福岡家庭裁判所・福岡簡易裁判所が入ります。九州地方の司法の中心部です。
(4つの裁判所が入るのは全国初だそうです!)

DSC_0969.JPG
福岡第2法務総合庁舎。
2019年に完成し、こちらには福岡地方検察庁と福岡高等検察庁が入ります。

DSC_0978.JPG
福岡県弁護士会館。
こちらも2019年に完成、これで裁判所・検察庁・弁護士会館が至近距離で揃います。

故郷・大阪で言えば西天満界隈の雰囲気のある六本松、西天満と違うのは家族向けのマンションや老人向け住宅がある点でしょう。
DSC_0996.JPG
マンション・複合施設・裁判所という少し変わった取り合わせですが、その分落ち着いた雰囲気の副都心になりそうです(*´∀`)
あと何本かオフィスビルが建って、法律事務所や司法書士事務所が集積すれば更に磨きがかかるでしょう。

DSC_0928.JPG
六本松は地下鉄七隈線のみならず、西鉄バスの本数も多くなかなか便利です。
天神や博多へは頻発するバスで出るのもいいかもしれませんね(^o^)
ラベル:六本松 六本松421
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 都市開発(福岡・九州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]