2020年05月23日

静寂のりんくうタウン(2020年5月)

こんばんはm(_ _)m
大阪府の緊急事態宣言が近い内に解除されそうな気配ですが、まだまだ油断は禁物といった情勢です。
そんな中、用事の合間に取材したり、Google Earthからネタを思いついて記事にしたりと・・・・・

早く外出自粛要請が緩和されて、堂々と取材に行きたいものですね(´;ω;`)
さて、今日はりんくうタウンです。

去年の12月まではインバウンドで大賑わい、休日はそれに加えて泉州エリアや和歌山からの来訪客で更に大賑わいのりんくうタウン。
今年の春は様子が一変していました。
(※撮影日はすべて2020年5月のゴールデンウィーク後)
まずはりんくう公園から。
DSC_0402.JPG
りんくう公園の休憩所と太鼓橋。

DSC_0404.JPG
左が航空保安大学校、中央がりんくうプレジャータウンシークルの観覧車「りんくうの星」、右がメディカルりんくうポート。

DSC_0410.JPG
左が旧りんくうゲートタワービルこと「SiSりんくうタワー」、りんくうタウンのシンボルタワーです。

続いてはりんくう公園を出て、りんくう大通りを歩きます。
DSC_0475.JPG
りんくうプレミアム・アウトレット。
普段であれば人通りが耐えることはありませんが、この時は臨時休業となっていました。

DSC_0481.JPG
夏には第5期がオープン予定で、それまでに再開することを願いたいものです。

DSC_0545.JPG
ホテルWBFグランデ関西エアポート。
今年秋の開業を目指して工事中でした。ただ、運営会社のWBFホテル&リゾーツ株式会社が4月26日に民事再生法を申請し事実上倒産。
事業の継続に暗雲が立ち込めていますが、スポンサー企業もいくつか名乗り出ている事から、何とか持ち堪えて欲しいものです。

りんくうタウン周辺はまるで違う街に迷い込んだかのように、静まり返っていました・・・・・
新型コロナウイルス禍、早く収まって欲しいものです。
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]