2020年06月09日

和歌山県立医科大学薬学部(2019年6月)

こんばんは!(*´∀`*)
昨日はキーノ和歌山を取り上げましたが、今日は旧伏虎中学校跡地に建設中の和歌山県立医科大学薬学部を取り上げます。
DSC_0834.JPG
市民会館と県立医大薬学部の完成予想図。
前側が市民会館、後側が県立医大薬学部。

(和歌山県立医科大学薬学部)『建築計画の概要』
・建築物の名称:和歌山県立医科大学薬学部
・敷地の地番・地名:和歌山市九番丁20、七番丁25-1及び34の一部
・着工の予定:2019年1月
・用途:大学
・構造:鉄骨造一部鉄筋コンクリート造
・標識設置:2018年2月22日
・敷地面積:6,854.65平方メートル
・延べ面積:26,305.87平方メートル
・高さ:54.965m
・階数・棟数:地上11階・地下1階・7棟
・建築主:公立大学法人 和歌山県立医科大学
・設計者:東畑・山口設計共同体
・施工者:東急建設・小池組特定建設工事共同企業体

(今回の出典:薬学部の概要(和歌山県立医科大学))
DSC_0135.JPG
かなり高さが出てきました。
来年(2021年)の開設に向けて工事が急ピッチで進みます。

DSC_0146.JPG
取材日(2020年6月上旬)では内装と外装工事が進行していました。

DSC_0155.JPG
北棟には講義部門と体育館が入ります。

DSC_0174.JPG
接続部には図書館が入る予定です。

DSC_0197.JPG
南棟には研究部門と実習部門が入ります。

こちらのキャンパスでは薬学部(6年制)の学び舎として最大で約600人が学ぶ予定です。
また将来的には大学院の開設も検討されていることから、更に多くの学生が学ぶことでしょう!(*´∀`*)
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 都市開発(近畿圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]