2020年06月22日

ぷらっとこだま&ひのとりで行く「日帰り名古屋」(その1)

こんばんは!(*´∀`*)
6月19日、遂に全国の移動が解禁されました。

私もそれに合わせて、3月以降見合わせてきた「地域を跨ぐ移動」を久しぶりに解禁!
その第一弾として名古屋を日帰りで旅してきました(*^^*)

6月20日の朝、新大阪駅から名古屋駅までは新幹線こだま号で移動。
JR東海ツアーズの旅行商品「ぷらっとこだま」で4500円(大人・片道指定席)という超特価、ありがたいものです。
DSC_0437.JPG
新大阪駅の発車標。

DSC_0458.JPG
N700系(K1編成)。
N700系からの改造版でN700typeAと呼ばれるタイプです。

サンドイッチをつまみつつ約1時間、日本三大都市の一つ・名古屋に到着です。
DSC_0480.JPG
名古屋駅(新幹線改札)。
乗客の多さを見ると、新型コロナ禍から漸く立ち直りつつあると実感します。

DSC_0498.JPG
JRセントラルタワーズ。
2本連なるタワー群が名古屋のダイナミックさを演出します!ヽ(=´▽`=)ノ

早速、名古屋市営地下鉄のドニチエコきっぷ(大人620円)を買い求め、名古屋駅から栄駅まで東山線、栄駅から神宮西駅まで名城線で移動!
東山線の混雑ぶりは御堂筋線を超えるものでした・・・・・(´;ω;`)
第一の目的地は草薙の剣縁の「熱田神宮」です!
創建は646年(大化2年)、もしくは仲哀天皇元年(西暦192年)と伝えられる、非常に歴史のある神社です(*^^*)
天皇陛下が宮中より四方拝を行う際に遥拝される神社の一つでもあり、非常に重要な神社でもあります(*´∀`)
DSC_0513.JPG
下知我麻神社。

DSC_0535.JPG
西門の鳥居。
朱塗りではなく木肌が目立つのが特徴的です。

DSC_0542.JPG
参道。
木漏れ日が実に爽やかです(*^^*) こういう清々しい空間が好みです。

DSC_0558.JPG
二の鳥居。
ここをくぐると手水舎。このご時世の影響か流水型の手水舎もありました。

DSC_0567.JPG
大楠。
神社といえば楠というイメージがありますが、こちらの楠は樹齢1000年を超え、非常に立派なものです。

DSC_0570.JPG
花席。

名古屋といえば「観光名所がない」という不名誉な意見がありますが、私としてはむしろ見所が多い街だと思います。
皇室からの敬愛を篤く受ける熱田神宮、日本三大観音の一つである大須観音、(今回は行きませんでしたが)日本一の飼育種類数を誇る東山動植物園にJR東海が自ら手掛ける鉄道博物館「リニア・鉄道館」、名古屋が誇るモノづくりの集大成を集めた「トヨタ産業技術記念館」など見所は盛り沢山です。
(ホントは泊まりで行ってもいいと思いました・・・・・)

次回は熱田神宮を更に巡ります!
ラベル:名古屋 熱田神宮
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☁| Comment(2) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
名古屋へようこそ!
名古屋城より先に熱田神宮へ行くあたり、さすが神社ブログ主さんです。
私はその頃奈良へ行きまして、大神神社、狭井神社、檜原神社、大和神社、石上神宮、天理教神殿を巡り、奈良ホテルで1泊という大人旅してました。
暑くても神社の参道はなぜか涼しい。これもご神気でしょうか?
Posted by タムタム at 2020年06月22日 23:12
タムタムさん、コメントありがとうございます!(*´∀`*)

約1年10ヶ月ぶりの名古屋かつ、数ヶ月ぶりの遠出でしたので少しばかり慣らし運転を兼ねて行ってきました。

熱田神宮には前々から参拝してみたいと思っていましたので、行ってよかったと思います(*^^*)

大神神社は初詣、天理教神殿は高校時代の部活動で行った記憶がありますね。
どちらも素晴らしく落ち着いた雰囲気で好みでしたね。
(奈良ホテルは一度泊まってみたいです)

神社の参道は木漏れ日の清々しさ、そして鬱蒼とした木々のお陰で暑さも忘れさせてくれるのが実に爽快です。
Posted by 管理人@大阪のしろきち at 2020年06月23日 15:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]