2020年06月28日

中日ビル建て替え計画(2020年6月)

こんばんは!!(^o^)
今日は名古屋・栄の「中日ビル」建て替え計画についてです。

2019年(平成31年)3月に惜しまれつつ閉館した中日ビル。
1966年(昭和41年)の開館から半世紀以上、名古屋市民に親しまれてきましたが、さらなるブラッシュアップのために再開発が行われます。
chunichi.png
再開発後の中日ビル完成予想図。
(画像はhttp://www.chunichi-bldg.co.jp/company/pdf/release190215.pdf(PDF)より)

『建物概要』
・建築主:中部日本ビルディング株式会社
・設計者:株式会社竹中工務店
・施工者:株式会社竹中工務店
・敷地の位置:愛知県名古屋市中区栄四丁目1番1号
・主要用途:オフィス、ホテル、商業施設、ホール、駐車場、地域冷暖房施設
・敷地面積:約6,857平方メートル
・建築面積:約5,950平方メートル
・延べ面積:約113,000平方メートル
・構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
・高さ:約170m
・階数:地上31階、地下4階、塔屋2階
・工期:2019年度(解体工事開始)〜2024年度(竣工)

【フロア構成】
・23階〜31階:ホテル(客室数 約250室)
・9階〜22階:オフィス(貸室面積 約32,000平方メートル)
・6階:劇場(600席級)
・4階・5階:集客・来店型オフィス
・地下1階〜3階:商業施設
・地下3階・地下2階:駐車場
・地下4階:地域冷暖房施設

(建物概要・フロア構成はhttp://www.chunichi-bldg.co.jp/company/pdf/release190215.pdf(PDF)より)
DSC_0163.JPG
解体が進んでいます。

DSC_0176.JPG
かなり高さが低くなったように見えます。

DSC_0107.JPG
計画名は「中日ビル解体工事」。
これも解体終了までの暫定的なものになりそうです。

DSC_0111.JPG
週間工程表。
内装・外装共に解体が進んでいます。最近はLEDの所が増えました。
ラベル:中日ビル 名古屋
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 都市開発(その他地域・海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]