2020年08月09日

淀屋橋ツインタワー、西側もいよいよ本格始動!

こんばんは!(*´ω`*)
8月6日、ついに淀屋橋ツインタワーの「西側」(淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業)の計画が本格始動しました。

大阪の都市開発ファンの皆さんが長年お待ちかね、私も含めて。
ついに動きました!!
『淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業』市街地再開発組合設立のお知らせ」(PDF・大和ハウス工業・2020年8月6日)
yodoyabashi_1.jpg
西地区の外観パース。
温かみのある茶色系の外壁で仕上げられます。

yodoyabashi_keihan.png
東地区(淀屋橋駅東地区都市再生事業)の完成予想図。
こちらはグレー系の外壁に仕上げられるようです。
https://www.keihan-holdings.co.jp/news/upload/2019-07-23_yodoyabashi.pdf(PDF)より)

【開発概要】
東地区
・事業主体:京阪ホールディングス、日本土地建物
・高さ:約150m
・敷地面積:約3940平方メートル
・延床面積:約7万3600平方メートル
・階層:地上28階・地下4階
・容積率:1600%
西地区
・事業主体:淀屋橋駅西地区市街地再開発組合(2020年8月6日設立)
・高さ:約135m
・敷地面積:約7200平方メートル
・延床面積:約13万1800平方メートル
・階層:地上28階・地下2階
・容積率:1600%

今回、正式に始動した淀屋橋ツインタワーの西側(淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業)は組合施行の再開発になります。
プレスリリースの社名表記を見ると、大和ハウス工業・関電不動産開発・住友商事の3社が主導権を握る形となりそうです。
【フロア構成】
東地区
・11階〜28階:オフィスフロア
・10階?:(仮称)まちラウンジ
・3階〜9階:オフィスフロア
・地下1階〜地上2階:商業施設
西地区
・12階〜28階:オフィスフロア
・11階:屋上庭園、カフェラウンジ
・3階〜10階:オフィスフロア
・1階・2階:商業施設
・地下1階:地下鉄淀屋橋駅との連絡通路

yodoyabashi_2.jpg
御堂筋沿いには商業施設が入ります。
(スタバは確実にできそうですね・・・^^;)

西地区11階のカフェラウンジと屋上庭園からは御堂筋や中之島方面が一望できそうで、非常に楽しみです!(*´ω`*)
事業者は異なるとは言え、東地区とデザインをある程度合わせておくことで「ツインタワー」を演出するやり方は実に面白いですね。
DSC_0346.JPG
大阪東銀ビルの壁面に「淀屋橋駅西地区市街地再開発組合」の掲示板が掲げられていました。(2020年7月撮影)

DSC_0356.JPG
告示が貼られています(2020年7月撮影)。
7月17日に設立認可が下りています。

DSC_0358.JPG
廃道になった淀屋小路(2020年7月撮影)。
工事まで秒読みとなってまいりました!
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 都市開発(大阪) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]