2020年08月27日

トリヴェール和泉の工場・研究所を見る(2020年8月)

こんばんは!(*´∀`*)
残暑、いつまで続くのかと・・・・・

バイクで走るとペットボトルの水が瞬く間に1本、2本と消えていきます(´;ω;`)
そろそろ落ち着いて欲しいと思うこの頃、今日は和泉中央駅の南側・トリヴェール和泉の工場・研究所を見ていきたいと思います。
DSC_0304.JPG
中村超硬和泉工場。
ダイヤモンドワイヤによるシリコン加工を主に行っています。太陽光発電向けを手掛けています。
DSC_0307.JPG
トリヴェール和泉、更にその南のテクノステージ和泉。この辺りは泉州有数の工業団地であり、多くの労働者が日夜働いています(*´ω`*)

DSC_0309.JPG
大研医器。
真空吸引器と医薬品注入器を主力とする医療器材メーカーで本社・工場を構えています。
DSC_0315.JPG
近年では本社と工場・研究施設を一体化した会社が増えているようです。

DSC_0314.JPG
阪本薬品工業研究所。
グリセリンを主力とする化学薬品メーカーで、研究開発拠点を置いています。

DSC_0326.JPG
トリヴェール和泉の産業の中核的存在なのが、大阪産業技術研究所(ORIST)。
2017年(平成29年)に大阪府立産業技術総合研究所と大阪市立工業研究所を統合し誕生しました。
DSC_0327.JPG
こちらには本所・和泉センターが設置されています。
主に加工成形・金属表面処理・金属材料・電子機械システム・応用材料化学・高分子機能材料に関する研究が行われています。

DSC_0330.JPG
ちょっと要塞みたいな建物が全星薬品工業和泉工場。
ジェネリック医薬品メーカーとして各種医薬品を製造しています。

DSC_0340.JPG
ダイベア本社・和泉工場。
大手ベアリングメーカーのジェイテクトグループ(更に言うとトヨタグループ)の一つで、転がり軸受を専門に製造しています。

DSC_0345.JPG
村中医療器総合センター。
医療機器卸商社の同社が創業110周年を記念し、物流機能・研究開発機能・営業機能を集約しています。

今度は久保惣記念美術館側から撮影します。
(ズームレンズの実力は如何に・・・・?)
DSC_0352.JPG
アスト中本「あゆみのロジフォレスト」。
新しい物流センターで、最近流行りのBCP(事業継続計画)にも対応しているようです。

DSC_0358.JPG
大阪いずみ市民生協 あゆみ野物流センター。
コープの物流センターで、主に常温の商品を取り扱っています。

コストコで巨大ホットドッグとクラムチャウダーで昼食を取り、ビバモールの近くから。
DSC_0427.JPG
ニューレジストン。
工業用砥石メーカーで本社・和泉研修センターが置かれています。
DSC_0438.JPG
中村超硬和泉第二工場。

今回の記事で写真未撮影ながらも立派に事業を展開されている企業を最後にご紹介します。
・堺共同漬物和泉工場(漬物製造工場)
・エヌ・アール・エス(ニューレジストンの子会社、砥石製造を担当)
・マルエー食糧和泉工場(パックご飯製造工場)
・共成(本社・ケーブル製造工場)
・第一電熱(本社・板金加工工場)
・エースシステム(本社・スチームクッカー製造工場)
・ミッドテック(ダイベアの子会社、ベアリングの旋削加工工場)
・ダイベア和泉分工場(ベアリング製造工場)
・朝日インテック 大阪R&Dセンター・大阪営業所(カテーテルの開発拠点・営業拠点)
合計で16社・機関が進出しています。
工場単体ではなく本社機能や研究開発機能を持った工場が多い印象で、今までも工業団地とは異なる趣がありますね。
和泉は泉州エリアでは最も成長している街ですから、これからが楽しみなところです!(*´∀`*)
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 都市開発(泉州・りんくう) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]