2020年09月15日

熊野三山&お伊勢参り「その7:大日越と湯の峰温泉(後編)」

こんばんは!(*´ω`*)
昨日は大日越を突き進んでいる所で終わりましたが、今回はその続きから。
DSC_0483.JPG
湯の峰王子への道標。
たかが200m、されど200m・・・・・

この後も凄まじい道が続き、時折滑りそうになりながらも突き進んでいきます。
DSC_0495.JPG
ようやく民家が見えました。
湯の峰温泉はあとちょっとです・・・

DSC_0499.JPG
やっと到着・・・・・!(白目)
膝が恐ろしく痛いです(´;ω;`)

DSC_0505.JPG
あああああ!!!!!!(現場猫風)

DSC_0547.JPG
世界文化遺産の温泉浴場「つぼ湯」!
定員は3名、ソーシャルディスタンス・三密回避が叫ばれるこの時代にはもってこいの温泉です。
もちろん入浴料400円を支払い、番号札を貰って入浴できる時を待ちます。

DSC_0559.JPG
東光寺。
こちらの境内にある「湯胸茶屋」でぶっかけうどんと温泉で蒸した中華ちまきを頂きました(*´ω`*)

流石に風呂場を撮影する訳にはいかないので、つぼ湯の感想を文章だけで。
中に入ると石段があり、脱衣所と小さな風呂、そして湯おけに椅子が置かれています。
そのまま風呂に入ると非常に熱いので水で薄めて入っていきます。それが実に気持ちいいのです(*´∀`*)
(特に大日越を歩いた後は格別と言えましょう!)

湯の峰温泉で外せないのが「小栗判官の伝説」。
詳しい話は諸説あるので省くとして、餓鬼に姿を変えられた小栗判官がこの湯の峰温泉のつぼ湯で湯治をすると、元の姿に戻った・・・・・という伝説があります。
私もどうやら心の餓鬼が取れた。そんな気がしますね(*´∀`*)

つぼ湯に入る前には湯筒で茹でた卵を堪能し、硫黄の香りとともに心地の良い時間を過ごしました。
DSC_0579.JPG
今度は泊まりに行きたいですね!

つぼ湯に入った後、のぼせつつもバスを待ちます。
実に素晴らしいお湯でした!!ヽ(=´▽`=)ノ
DSC_0604.JPG
案内板。
旅館や民宿が10軒以上あり、なかなか風情のある温泉街を構成しています。

DSC_0618.JPG
湯の峰温泉の公衆浴場は改築工事中。
2022年(令和4年)の完成を目指しています。

DSC_0630.JPG
そうこうしている内に奈良交通の八木新宮特急バスがやってきました。
これで志古へ一旦向かいます。

志古のドライブイン(瀞峡めぐりの里熊野川)でお土産を買い求めた後、紀伊勝浦駅行きの特急バスで紀伊勝浦へ一旦向かいます。
しかし、目当てのお店は運悪く定休日。

結局はとんぼ返りをして新宮の「総本家めはりや」でめはり寿司と串カツ・肉巻きおにぎり、そしてアイスクリームを頂きました(*´∀`*)
めはり寿司の高菜は辛味や酸味がまったくなく、非常に食べやすかったです。
DSC_0668.JPG
仲之町商店街。
古き良きアーケードの風情が素晴らしいものです。

この後、膝痛と頭痛が一気にきて鎮痛剤を飲んだ後、さっさと寝たのでした・・・・・(´;ω;`)
とはいえ、これに懲りず次回は発心門王子から本宮大社まで歩いてみたいと思いました。
歩くとやはり気持ちがいいものですね!ヽ(=´▽`=)ノ

3日目はいよいよ新宮から伊勢へ向かいます!
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☁| Comment(2) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
凄くバス活用してますね。地方のバスは便が少ないとか、行き先がわからないとかで避けがちなんですが、先を急がずのんびり旅するのが一番贅沢ですね。
八木新宮特急にオール乗ってみたいです。
湯の峰温泉、なんとなく熊本の黒川温泉と似てますね。
Posted by タムタム at 2020年09月15日 18:39
タムタムさん、コメントありがとうございます(*^_^*)

本数が少ないので、徹底的に経路検索をしてスケジュールを大枠で組む形にしています。
(いつもは成り行きで行くんですけどね・・・)
乗り継ぎを上手く組み合わせば、十分に公共交通機関で巡れると思います。

八木新宮特急バスは一度オールで乗ってみたいです。今回は湯の峰温泉と志古だけ乗りましたが・・・・

確かに黒川温泉と温泉街の雰囲気が良く似ていますね。
Posted by 管理人@大阪のしろきち at 2020年09月15日 21:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]