2020年10月16日

天野山金剛寺(後編・2020年10月)

こんばんは!!ヽ(=´▽`=)ノ
今日も天野山金剛寺、前回は本坊と素晴らしき庭園を取り上げましたが、今回は伽藍を取り上げていきます。
DSC_0283.JPG
本坊から伽藍へつながる道。
清流が流れています。

DSC_0293.JPG
天野山金剛寺を語る上で欠かせないのが「天野酒」の存在。
現在は河内長野の酒造メーカーである西條合資会社が作っていますが、かつてはこの寺の境内で作られていました。

江戸時代に途絶えてしまったのを、1971年(昭和46年)に同社が同寺の応援のもとで復活したのが現在の天野酒。当時の天野酒はこの清流の水で仕込まれていたのだと思うと、ちょっと飲みたくなりますね(*´∀`*)
(清流を見ると、これだけ綺麗な水なら美味しい酒が作れるだろうとつい連想してしまいました^^;)

さて本題に入ります(苦笑)
DSC_0302.JPG
非常に立派な楼門。
左右にはおなじみの増長天立像と持国天立像が構えています。
DSC_0331.JPG
楼門を伽藍側からもパシャリと。

DSC_0327.JPG
食堂(天野殿)。
実はこちらに南朝側の政庁が置かれていたという歴史があります。

受付で共通券と御朱印帳を渡して、伽藍を見て回ります。
DSC_0344.JPG
金堂。
2009年(平成21年)から2018年(平成30年)の9年に渡って修復工事が行われ、鮮やかな姿を見事に取り戻しました。
内部には御本尊の大日如来像と両脇侍像が安置されており、お経の声が途切れることなく続いています。

DSC_0383.JPG
多宝塔。
こちらも金堂と同時に修復工事が行われました。雰囲気としては和歌山県の根来寺に通ずるものがあります。

多宝塔と金堂の後方には3つのお堂(御影堂・五仏堂・薬師堂)が連なります。
DSC_0375.JPG
弘法大師像をお祀りする御影堂。
DSC_0369.JPG
この渡り廊下の風情が素晴らしいです!

DSC_0459.JPG
多宝塔と奥側に五仏堂。
五仏堂の御本尊は五智如来像。覗き穴から見る形でしたが、実に美しい像でした(*´∀`*)

DSC_0447.JPG
鐘楼。

今回ご紹介した天野山金剛寺の他にも、河内長野市内には
・観心寺(こちらも南朝ゆかりのお寺です)
・延命寺
・岩湧寺
・光滝寺(キャンプ場でお馴染みですね)

などの素晴らしいお寺があります(^^)

やはりバイクがあると寺社仏閣巡りもスムーズになりますね!
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(2) | 街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
天野酒の発祥の地なんですね。知り合いが毎年頼んでいるお酒で親戚らしいです。
皇族ゆかりのお寺は庭園に力入れるというか、庭園が見事ですね。鎌倉時代以前のお寺や庶民よりのお寺(本願寺とか日蓮系)はあまり庭園は話題に上がらないですから。
Posted by タムタム at 2020年10月16日 19:22
タムタムさん、コメントありがとうございます(*^_^*)

元々天野酒は天野山金剛寺で作られていたものということを恥ずかしながら、初めて知りました^^;
これだけ見事な庭園があるのは大阪府内でも珍しい気がします。
Posted by 管理人@大阪のしろきち at 2020年10月17日 16:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]