2020年10月22日

北辰妙見神社(2020年10月)

こんばんは!!(^O^)
バイクで青洲の里からかつらぎ町の「北辰妙見神社」へ移動します。

恐らくバイクか車でないとアクセスが難しい場所で、従来の形だとまず取り上げることの出来ない神社です。
滝集落も干し柿で知られる「四郷地区」の一部です。道の駅「くしがきの里」からバイクで6分程度で到着です。
DSC_0837.JPG
鳥居。

DSC_0836.JPG
鐘。

DSC_0844.JPG
鳥居をくぐった先の建物にある「北辰の門」。
ここをくぐると幸運があるようで、有り難くくぐらせて頂きましたm(_ _)m

創建時期は不詳ながらも、由緒書から見ると西暦1200年代には存在していたようです。
主祭神は妙見尊、その他の御祭神として素盞嗚命、蛭子命、誉田別命、三筒男命、市杵嶋姫命がお祀りされています。
「北辰」は北極星の事、妙見尊のことを「北辰」というそうで、北極星を神格視したものだそうです。
DSC_0850.JPG
拝殿。

DSC_0855.JPG
本殿。
本殿は1994年(平成6年)に作り変えられたもので、まだまだ美しい状態でした。

DSC_0862.JPG
集会場?

DSC_0886.JPG
摂社の妙見戎大神宮。
こちらで蛭子命がお祀りされています。

DSC_0892.JPG
由緒書。

こういう山中の神社は公共交通機関ではまずアクセスできないことが多く、今までご紹介できなかったことが数多くありました。
しかし、今は便利で快適なスクーターを手に入れたことにより更に多く紹介することが出来そうです!ヽ(=´▽`=)ノ

さて、次回は鍋谷峠を越えて大阪府和泉市父鬼地区の「八坂神社」を取り上げていきます。
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]