2020年10月29日

渦潮を追いかけて「徳島・淡路へテストツーリング」(その5)

こんばんは!!!ヽ(=´▽`=)ノ
今日は淡路島を走った翌日のお話です・・・・・
DSC_0603.JPG
ホテルの客室より眉山を望む。

翌日はホテルのカフェテリア形式の朝食を取り(でも実質バイキング^^;)、バイクで徳島市内へ繰りだります。
まずは徳島大学病院・徳島県立中央病院の前を走り抜けて、イロイロ走ってみます。
(ちょっと走る方に夢中になっていて、あまり写真が撮れていないです・・・・・(´・ω・`))

鮎喰川沿いを走ってみたり、徳島南環状道路を突っ走ったり、眉山の西側の山道を走ったり、そしてハイライトは眉山パークウェイを駆け抜けます。
DSC_0669.JPG
こういう道を走れるのがバイクの魅力でもあります!

DSC_0687.JPG
徳島西部公園にて。
こちらからも徳島市内が一望できます。

阿波おどり会館で昨日の知り合いと落ち合って、天神社を参拝します。
DSC_0699.JPG
阿波おどり会館。
この5階から眉山行きのロープウェイが発着しています。

DSC_0706.JPG
天神社。
今日は七五三参りが盛んだったようで、多くの子供達が華やかな衣装を身に着けていました。

たまたま来た日は毎月恒例の「とくしまマルシェ」が行われており、数多くの出店が並んでいました。
DSC_0718.JPG
クルーズ船も出ていました。
徳島も「水の都」として知られており、中心部はちょうど中洲になっています。

蓮根ナゲットを食べてみたり、阿波おどり会館で美味しそうな瓶詰めを買い求めたりした後、知り合いと別れて、思う存分走り抜けます。
DSC_0736.JPG
沖洲地区の徳島県水産会館。
沖洲地区には多くの工場が建ち並んでいる他、港湾関係の施設もあります。

DSC_0755.JPG
沖洲マリンターミナル。
かつては関西国際空港・和歌山・大阪方面への高速船が発着していましたが、現在は貸しホールや徳島県立人権教育啓発推進センター・徳島小松島港開発事務所、本四海峡バスの事務所・ターミナルなどが置かれています。

DSC_0771.JPG
オーシャン東九フェリーの徳島港フェリーターミナル。
津田地区から2016年(平成28年)に移転しました。貨物輸送がメインのフェリーというイメージがありますが、旅客輸送も行っています。


昼食は知り合いから紹介してもらった「にけんや 伍長」でチャーシュー入りのそば(ラーメン)と炒飯を頂きます。
元々大将が自衛官だったそうで、店内には自衛隊関係のポスターが貼られており、店内のテレビは「AT-X」(アニメ専門チャンネル)が流れていました。
味はどちらも素晴らしく、チャーシューが私好みの味でした!(*´∀`*)

さて、最後は南海フェリーで和歌山港へ向かいます。
そこでちょっと波乱がありましたが・・・・・^^;
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]