2021年02月23日

生國魂神社(大阪府大阪市)

こんばんは!(*´∀`*)
天皇誕生日にちなんで、今日の寺社仏閣巡りは大阪府大阪市天王寺区の「生國魂神社」です。

別名は難波大社、大阪では住吉大社と並んで歴史のある神社です。
DSC_0177.JPG
参道。
「難波大社」とも誇らしげに掲げられています。

DSC_0189.JPG
澄んだ青空にそびえ立つのは大きな石鳥居。
右側には「生國魂神社」の石標が。

DSC_0195.JPG
境内に入ると目に飛び込んでくるのは白色の拝殿。
1956年(昭和31年)に鉄筋コンクリート造で再建、以前のものは大規模な市街地火災で焼け、大阪大空襲で焼け、ジェーン台風で倒壊し、苦難の歴史があったようです・・・・・

この生國魂神社、別名は難波大社といい、創建は神武天皇の東征に遡るそうで非常に歴史のある神社です。
御祭神として生島大神、足島大神をお祀りしており、どちらも国土そのものの神霊として崇められており、かつて天皇即位の儀式の一つであった八十島祭の際に祀られた重要な神々という位置づけです。

天皇誕生日にこの神社を取り上げるという事は少しばかり特別な気分がします。
これだけ凄い神社ですから、境内社が多いのも特徴的と言えましょう。
DSC_0200.JPG
左側に住吉宮、右側に天満宮。
どちらも大阪市内に住吉大社、大阪天満宮として鎮座しています。

DSC_0202.JPG
皇大神宮。

DSC_0214.JPG
精鎮社。

DSC_0219.JPG
左から稲荷神社、源九郎稲荷神社、鴫野神社。
中でも鴫野神社は淀殿ゆかりの神社としても知られています。

DSC_0225.JPG
城方向八幡宮と鞴神社。

DSC_0245.JPG
左から(再び)鞴神社、家造祖神社、浄瑠璃神社。
浄瑠璃神社と聞いて「人形浄瑠璃?」と思い浮かべた皆さん。まさしく芸能上達の神です。

DSC_0249.JPG
織田作之助像。
大阪が生んだ名小説家であり、夫婦善哉は今でも高い知名度を誇るほか、自由軒の名物カレー生みの親でもあります。

DSC_0256.JPG
北側の門。

DSC_0262.JPG
井原西鶴像。
こちらも大阪が生んだ浄瑠璃作家であり、好色一代男は一度は日本史の教科書で目にしたことがあるかと思われます。

DSC_0274.JPG
境内には茶店もあります。

DSC_0303.JPG
最後は石鳥居を一枚!

大阪市内には生國魂神社の他、住吉さんでおなじみの「住吉大社」や「坐摩神社」、「杭全神社」、「高津神社」等といった由緒正しい神社が数多くあります。

もちろん大阪府内に話を広げると、言うまでもないかと思います(*´∀`*)
皆さんも是非、お近くの神社に足を運び、そして心静かにお参りしてみては如何でしょうか?

神社という空間は本当に素晴らしく、きっと心の洗濯になるかと思います、
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 寺社仏閣巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]