2021年02月24日

建水分神社(大阪府南河内郡千早赤阪村)

こんばんは!(*´∀`*)
昨日は生國魂神社を取り上げましたが、実際の時系列では観心寺の次は建水分神社です。

この神社、建水分と書いて「たけみくまり」と読みます。
金剛山の総鎮守として、そして楠木正成を代表する楠木氏の氏神として篤く信仰を集めてきました。
DSC_0886.JPG
旧絵馬堂。
現在は休憩所として活用されています。

DSC_0899.JPG
神輿庫。

DSC_0893.JPG
石段前の石鳥居。

DSC_0905.JPG
まずは境内社の南木神社(拝殿)。
こちらは御祭神として 大楠公 (楠木正成)をお祀りしています。

DSC_0910.JPG
南木神社の本殿。

DSC_0916.JPG
石段を登っていきます。
創建時期は崇神天皇5年、西暦で言えば紀元前92年と非常に歴史があります。
御祭神として天御中主神、天水分神、国水分神、罔象女神、瀬織津媛神をお祀りしています。天御中主神以外は全て水に関する神様であり、『水分』が神社の名前になる所以のようです。

DSC_0923.JPG
拝殿が見えてきました。

DSC_0927.JPG
境内社の金峯神社。

DSC_0939.JPG
この神社の拝殿は割拝殿です。

DSC_0929.JPG
本殿はよく見えませんが、春日造と二間社の流造を組み合わせた全国唯一の構造です。
極めて貴重であるため国の重要文化財に指定されています。

DSC_0939.JPG
割拝殿の内部。

DSC_0942.JPG
最後に拝殿より一枚。
かつてはここから金剛山へ登山する人が多かったようです。しかし、現在は登山道の分断などで別ルートからの登山が主流となりました,。

次回は推古天皇陵と叡福寺を前後編に渡ってお送りします。
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 | Comment(0) | 寺社仏閣巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]