2017年08月07日

色々アツい!真夏の関空(後編)

おはようございます(^o^)
昨日の続きです。

関空展望ホールから一旦第一ターミナルへ。
P8062277.JPG
チャイナエアラインのエアバスA330-300(B-18311)。
スカイチームの特別塗装です。


軽く食事取った後、また展望ホールへとんぼ返り。
P8062328.JPG
先程のチャイナエアラインの特別塗装機が24L滑走路へ向かっていました。


P8062348.JPG
中国国際航空のエアバスA321-200(B-1833)。
実はこの後・・・・・


P8062386.JPG
中国国際航空のエアバスA330-200(B-6093)。
スターアライアンスの特別塗装です。


これでワンワールドの塗装が揃えば完璧だったんですが、残念ながら私がいる間には飛んできませんでした(;-∀-)
P8062402.JPG
中国系キャリアで大型機といえば、中国国際航空のエアバスA330か中国南方航空のボーイング787のイメージがあります(厳密に言うと中型機ですが・・・)


まだまだ続きます\(^o^)/続きを読む
posted by 大阪のしろきち at 07:00| 大阪 ☀| Comment(2) | 航空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

色々アツい!真夏の関空(前編)

こんばんは!(^o^)
今日は大阪の最高気温が38度、茹でダコになるような暑さでした(ヽ´ω`)

そんな中、関空まで撮影に行く私って一体・・・・・(;-∀-)
そういう訳で気温もMAX、盛り上がりもMAXな関空です(*´∀`)

P8061520.JPG
青い空!青い海!
こう言うと海水浴を連想される人も多いと思いますが、私にとっては関空の事です^^;(なんちゃって)


P8061527.JPG
関空−神戸ベイシャトル。
神戸空港の駐車場が無料なのがウリだそうです^^;


P8061640.JPG
海上保安庁のユーロコプター EC225(JA688A)。
訓練でしょうか?


P8061706.JPG
ベトナム航空のエアバスA350-900(VN-A890)。
関空−ホーチミンシティで運用されています。


P8061755.JPG
ベトナム航空のボーイング787-9(VN-A869)。
関空−ハノイで運用されています。
恐らくベトナム航空の機体をここまで綺麗に撮れたのは初めてかもしれません^^;


P8061785.JPG
787のチャームポイントといえばエンジンカウルの「ギザギザ」。
なんでも騒音軽減の効果があるそうです(ただ可愛いから、ではなく)。


P8061857.JPG
大韓航空のボーイング747-400(HL7495)。
飛行機の王様「ジャンボジェット」もすっかり少なくなってしまいました(T_T)
この機材は1995年導入ですから、既にかれこれ22年近く飛んでいます。退役も間近といった印象です。


更にユナイテッド航空、今日は2機連続でした(^o^)
P8061954.JPG
ユナイテッド航空のボーイング737-700(N39726)。

P8061975.JPG
ユナイテッド航空のボーイング737-700(N38727)。

この2機の主翼に注目すると、不思議な形のウィングレットが取り付けられているのが分かります。
P8061992.JPG
まるで矢じりみたいなウィングレットです。

このウィングレット、正式名称を「スプリット・シミタール・ウィングレット」といって従来のウィングレットよりも更に燃料消費を削減する効果があるようです(^o^)
航空業界はまさしく戦国時代、少しでもコストを削るためにこうした努力を続けてるんですね(しみじみ・・・・)
更に燃料消費を減らす事で環境保護にも貢献、一石二鳥なお話です(≧∇≦)つづく
posted by 大阪のしろきち at 20:26| 大阪 ☀| Comment(2) | 航空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

淡路関空ライン、いよいよ出航!

こんばんは!(^o^)
4月に社会人になって、もう早くも3ヶ月。
忙しいながらもなかなか充実した日々です(*´∀`*)

さて、いよいよ明日7月9日より関西国際空港と淡路島の洲本を結ぶ「淡路関空ライン」が『出航』します!

http://ak-line.co.jp/」(淡路関空ライン公式ホームページ)
淡路島と関空の定期航路、10年ぶり復活へ」(読売新聞)


awaji_kanku.PNG
淡路関空ラインのホームページ


便数は1日5往復、洲本港ポートターミナルと関西国際空港を65分で結びます。運賃は大人片道2800円、大人往復で5300円。
現状ではリムジンバスで約2時間、運賃は大人片道3100円(関空−洲本間)、大人往復5550円(関空−洲本間)ですから、十分に競争できるレベルです。

洲本港発の始発が早朝4時45分発、関空には早朝5時50分、そこからバスで第一ターミナルへは早朝6時00分、第二ターミナルへは早朝6時10分にそれぞれ到着します。
羽田行きの第一便にも、第二ターミナル発着の7時台の便にも十分間に合う計算です(リムジンバスでは洲本が5時33分発で関空第一ターミナル着が7時30分着なので到底間に合いません・・・・・)

そこで「関空と淡路島、直接結ぶ高速船はなんで無かったんだろう?」と疑問を持つ方もいるかもしれません。
かつては「洲本パールライン」が存在していました。
こちらは1日8便で関空と洲本港を結んでいたわけですが、2001年から航路が廃止となる2007年まで赤字が続いていました。
その結果として2007年3月31日を以って廃止に追い込まれてしまいました・・・・(´・ω・`)

sumoto_pearl.PNG
洲本パールラインのホームページ(WebArchiveより、航路廃止直前の2007年2月10日に収集)。


それから10年、(折からのインバウンドブームから)淡路島としてもインバウンド誘致に乗り出すことになりました。
その切り札として今回、関空−洲本航路の復活が実現することになったのです。

既に洲本港と徳島を結ぶバスの運行計画が存在し、更には淡路島の各港から関空を結ぶ航路の開設も検討されています。
泉州地方から淡路島を結ぶ航路といえば、6月25日より試験運航が始まった深日港−洲本港航路がありますが、それと組み合わせて「大阪湾ミニクルーズ」というのも楽しいかもしれませんね!(^o^)

そして今度こそは成功して、10年先も20年先も運航してもらいたいものです!
それでは今日はこの辺で。
posted by 大阪のしろきち at 22:23| 大阪 ☁| Comment(2) | 航空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする