2017年07月08日

淡路関空ライン、いよいよ出航!

こんばんは!(^o^)
4月に社会人になって、もう早くも3ヶ月。
忙しいながらもなかなか充実した日々です(*´∀`*)

さて、いよいよ明日7月9日より関西国際空港と淡路島の洲本を結ぶ「淡路関空ライン」が『出航』します!

http://ak-line.co.jp/」(淡路関空ライン公式ホームページ)
淡路島と関空の定期航路、10年ぶり復活へ」(読売新聞)


awaji_kanku.PNG
淡路関空ラインのホームページ


便数は1日5往復、洲本港ポートターミナルと関西国際空港を65分で結びます。運賃は大人片道2800円、大人往復で5300円。
現状ではリムジンバスで約2時間、運賃は大人片道3100円(関空−洲本間)、大人往復5550円(関空−洲本間)ですから、十分に競争できるレベルです。

洲本港発の始発が早朝4時45分発、関空には早朝5時50分、そこからバスで第一ターミナルへは早朝6時00分、第二ターミナルへは早朝6時10分にそれぞれ到着します。
羽田行きの第一便にも、第二ターミナル発着の7時台の便にも十分間に合う計算です(リムジンバスでは洲本が5時33分発で関空第一ターミナル着が7時30分着なので到底間に合いません・・・・・)

そこで「関空と淡路島、直接結ぶ高速船はなんで無かったんだろう?」と疑問を持つ方もいるかもしれません。
かつては「洲本パールライン」が存在していました。
こちらは1日8便で関空と洲本港を結んでいたわけですが、2001年から航路が廃止となる2007年まで赤字が続いていました。
その結果として2007年3月31日を以って廃止に追い込まれてしまいました・・・・(´・ω・`)

sumoto_pearl.PNG
洲本パールラインのホームページ(WebArchiveより、航路廃止直前の2007年2月10日に収集)。


それから10年、(折からのインバウンドブームから)淡路島としてもインバウンド誘致に乗り出すことになりました。
その切り札として今回、関空−洲本航路の復活が実現することになったのです。

既に洲本港と徳島を結ぶバスの運行計画が存在し、更には淡路島の各港から関空を結ぶ航路の開設も検討されています。
泉州地方から淡路島を結ぶ航路といえば、6月25日より試験運航が始まった深日港−洲本港航路がありますが、それと組み合わせて「大阪湾ミニクルーズ」というのも楽しいかもしれませんね!(^o^)

そして今度こそは成功して、10年先も20年先も運航してもらいたいものです!
それでは今日はこの辺で。
posted by 大阪のしろきち at 22:23| 大阪 ☁| Comment(2) | 航空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

ゴールデンウィークの関空(後編)

こんばんは!(^o^)
今日は昨日の続きということで、関空展望ホールにジャンプ!

P5030259.JPG
関空第一ターミナルの北側の日本庭園にある石碑。
銘板が変わっていました。


では、今度こそ関空展望ホールへ(^o^;)
私にとっては鬼門の06上がりでしたが、ちょっとばかり頑張ってみました。

P5030287.JPG
中国国際航空のエアバスA330-300(B-5901)。
中国人観光客の利用者の多い関空ですが、実は中国系キャリアで(A330のような)ワイドボディ機を使う便はそんなに多くないようです^^;


中国系キャリアで多いのはエアバスA320シリーズ(A319・A320・A321)やボーイング737シリーズなどの単通路機です。
P5030320.JPG
中国東方航空のエアバスA321-200(B-6755)。


P5030335.JPG
中国南方航空のエアバスA321-200(B-6683)。

たまたまA321が多い時間帯だったようで、A321だらけになっちゃいましたが(;-∀-)
さて今日のお目当ては・・・・!

4月28日より水曜日・金曜日の週2便で大阪(関西)−ウラジオストク線を就航する事になったロシアの「S7航空」。
明るい黄緑色の塗装が非常に印象的です(≧∇≦)
P5030367.JPG
機種はエアバスA320-200、機体記号はバミューダ籍のVQ-BRC。

ロシアの機体記号は本来RA-ですが、「大人の事情」でロシア系航空会社のボーイング機やエアバス機はバミューダ登録が多いようです。
つづく
ラベル:関空
posted by 大阪のしろきち at 18:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 航空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

ゴールデンウィークの関空(前編)

こんばんは(^o^)
今日は社会人初めてのゴールデンウィークになりました。

社会人になると休みがガクッと減るのが辛いところです(ヽ´ω`)
それはさておき・・・・・

P5030106.JPG
第一ターミナル南ウイングのカーブサイドより。


フラッと関空に行ってきたわけです。
私自身も4月から『変化』しまくって色々と大変なんですが、関空もまた『変化』しているようです。
P5030116.JPG
ちょっと映り込みが酷いんですが、関空の新ブランディングポスター。
山谷社長とムノント副社長の姿が。

P5030121.JPG
所々、新ブランディングに合わせた掲示物になっています。


『変化』といえば、新ブランディング導入もそうなんですが・・・・
エアロプラザ・第一ターミナルとPeach・春秋航空が発着する第二ターミナルを結ぶ無料連絡バスに、大阪府内では初めて連節バスが2台入りました。

P5030159.JPG
車種はメルセデス・ベンツ(エボバス) シターロG。
これが1台目、登録番号は南海バス通常塗装バージョンが和泉200か18-59(ナント通常ナンバー!)。


P5030243.JPG
2台目、こちらは田尻町の広告ラッピングバージョン。登録番号は和泉200か19-10。

全長は約18m(中型路線バスのエルガミオが9mなので、ちょうど2台分!)、定員は従来の大型路線バスの約2倍の約100名。

目を引くのは何と言っても18mという車体の長さ!
P5030173.JPG
やっぱり長い!


長いにも関わらず小回りは効くようで
P5030231.JPG
エアロプラザのバス停留所をグルリと器用に回っていました。


更にエアロプラザといえば「ファーストキャビン」(カプセルホテルの進化版)が3月末にオープンしました!
P5030247.JPG
ちょっと入ってみたい気持ちもありましたが・・・・・^^;
また泊まる機会があればレポします。


そんな訳で後編では実際に撮影した飛行機をドンドン公開します(^o^)
ラベル:関空
posted by 大阪のしろきち at 20:54| 大阪 ☀| Comment(0) | 航空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする