2019年12月07日

関空、機能拡大へ!「2025年に4000万人、2030年に8000万人対応へ」

こんばんはー!(≧∇≦)
来年1月から当ブログも「第二章」ということで、舞台を「ある場所」へ移し、グレードアップ(?)する予定です。
お楽しみに!!
DSC_0002.JPG
2025年にリニューアル予定の関西国際空港第1ターミナル(2019年11月撮影)

さて、今日はグレートなニュースをお送りします!(*^^)v
関空、受け入れ4000万人に 国際線第1ターミナル改修」(日本経済新聞・2019年12月4日)
関空「訪日客仕様」に 国際線エリアを大幅拡充 」(2019年12月5日)
関空 受け入れ能力2倍超に 2030年目標 年8000万人 第2ターミナル拡張/誘導路増設 」(読売新聞・2019年12月5日)


まず、日本経済新聞の記事2本から!
2025年の大阪・関西万博に合わせて、第1ターミナルの国際線の旅客処理能力を2018年度の国際線利用者数の約2300万人から7割強の約4000万人に引き上げるためのrニューアル(改修工事)を行います(*^^)v
DSC_0745.JPG
第1ターミナル4階国際線チェックインカウンター(2019年12月撮影)。
リニューアルに先駆けて改修工事が実は進んでいます(*´∀`*)

リニューアルに合わせて現在は北ウイングと南ウイングから発着する国際線を中央部に集約し、更に出国後の免税店ゾーンを拡張するなど「訪日客仕様」に生まれ変わります!(≧∇≦)/
DSC_0230.JPG
第1ターミナル3階の免税店ゾーン(2019年8月撮影)。
これが2階にも広がる予定です。

リニューアル前とリニューアル後のフロア構成も併せてご覧ください。
【リニューアル前の第1ターミナルフロア構成】
・4階:国際線出発フロア
・3階:レストラン・ショップ、出国審査・免税店フロア
・2階:国内線出発・到着フロア
・1階:国際線到着フロア

【リニューアル後の第1ターミナルフロア構成】
・4階:国際線出発フロア
・3階:レストラン・ショップ、入国審査・出国審査・国際線物販フロア
・2階:国内線出発、国際線物販フロア
・1階:国内線・国際線到着フロア

大きく変化するのは、現在は第1ターミナル2階にある国内線到着フロアが国際線と同じ1階に移動する点と、国際線物販フロアを2階にも広げる点と、そして入国審査エリアを2階から3階に移転させるという点です。
(※2019年12月8日追記:ツイッター上でご指摘を頂いたので訂正しました。心より感謝しますm(_ _)m)

保安検査場はスマートレーンを22台導入し拡大、保安検査を済ませ、出国審査を通り抜けると、既に第2ターミナルで導入済みのウォークスルー型の免税店を通り抜けて、レストランや搭乗ゲートへ向かう導線になります。

それと引き換えに一般エリアのレストラン・ショップは減ることになりますが、海外の空港だと出国後エリアの方が充実している事もあるそうで、さほど大きな問題にはならなさそうです(;-∀-)
(今年の夏にバンコクのスワンナプーム空港を利用しましたが、まさしく出国後の方が充実している印象はありました。)

実はこれは関空の機能拡大の序章で、2030年頃には4000万人から2倍の8000万人に引き上げます!
DSC_0088.JPG
読売新聞大阪本社朝刊、2019年12月6日経済面より。

主な内容としては以下の通りです(*^^*)
【関空8000万人受け入れ計画(勝手に命名)】
・1期島から2期島を結ぶ誘導路を1本から2本に増強
・2期島の遊休地に駐機場を新設
・第2ターミナルを大幅に増床
・投資額は数千億円

運営会社の関西エアポートでは計画を更に詰めた上で、国土交通省とも工事計画や事業費の負担について協議を行います。
関西エアポートの筆頭株主であるヴァンシ・エアポートはチリの首都・サンティアゴのアルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港の運営権を獲得した上で、拡張工事に乗り出しており、そのノウハウを関空の機能拡大に活かしていくのかに注目していきたいところです(^o^)
NUEVO PUDAHUEL」(アルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港の公式ホームページ・スペイン語)

いずれにしても、関西エアポート側の正式発表が待たれるところです!(≧∇≦)/
福岡空港や新千歳空港と積極的に投資していく姿勢が見える中で、関西エアポートは慎重姿勢でしたが、ここに来て方針を大きく変えつつあるように感じます。
DSC_0195.JPG
関空第1ターミナルに駐機中のタイ国際航空機(2019年11月撮影)

インバウンド客の取り込みにはさらなる空港機能の拡大が叫ばれる中、関西エアポートの英断には大きな拍手を贈りたい気分です。
非常に楽しみな計画となりそうです(*´∀`*)
posted by 大阪のしろきち at 00:30| 大阪 ☁| Comment(2) | 航空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月05日

11月初旬の関空(後編)

こんばんは!(*´∀`*)
前編に引き続き、後編では「わくわく関空見学プラン」に参加した際の画像を公開します!(≧∇≦)/

その前に関空展望ホールで撮影した分をちょっとだけ公開。
DSC_0478.JPG
キャセイ・パシフィック航空のボーイング777-300(B-HNG)。
ここ最近はエアバスA350を見かける機会が多かったんですが、今日はボーイング777-300、しかもERじゃないタイプです!(≧∇≦)/

DSC_0510.JPG
中国南方航空のエアバスA350-900(B-308T)。
飛び立つ姿は初めて捉えました!

DSC_0670.JPG
中国東方航空のエアバスA330-200(B-5938)。
今では珍しくなった旧塗装機です。スタイリッシュになった現塗装とは違い、少しばかり懐かしさを覚えますね。

では、「わくわく関空見学プラン」に参加した際の写真をどうぞ!(≧∇≦)/
こちらは二期島のソーラー発電所脇の見学台から撮影しました。
DSC_0694.JPG
スクートのエアバスA320-200(9V-TAV)。
高雄経由でシンガポールからやってきました。

DSC_0718.JPG
タイ国際航空のボーイング777-300ER(HS-TKU)が煙を立てながら着陸しました!
DSC_0723.JPG
こんなに近い場所で撮影できるのが、この見学プランの特徴ですね。

DSC_0738.JPG
フェデックスの北太平洋地区ハブに駐機中のマクドネル・ダグラスMD-11F(N643FE)。

DSC_0750.JPG
全日本空輸(ANA)のボーイング767-300ER(JA619A)。
こちらは上海からの到着便です!
DSC_0763.JPG
バッチリとウィングレット装着です。
続きを読む
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 航空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月04日

11月初旬の関空(前編)

こんばんは!(*´∀`*)
しつこい風邪が処方箋の薬で収まりました(風邪の時でもしつこければ病院行きましょう!いい薬を処方してくれます)
流石にバイクではなく大人しく電車で関空(関西国際空港)へ・・・・・
DSC_0002.JPG
関空の第1ターミナル(関空展望ホールより)。
この時期の空は澄んでいて、非常に撮影が捗ります。

DSC_0059.JPG
天津航空のエアバスA330-300(B-302D)。
天津線に同機材を投入し、旺盛な需要に応えています(*´∀`*)
DSC_0170.JPG
そして離陸の姿も!
やっぱりいいですね(*^^)v

DSC_0093.JPG
中国東方航空のエアバスA330-200(B-5962)。
主翼の下に機体記号と「中國東方航空」の社名が書かれています。

DSC_0140.JPG
フェデックス・エクスプレスのボーイング777F(N860FD)。
貨物機もすっかり双発機の時代となりました!

DSC_0193.JPG
エアアジア・フィリピンのエアバスA320-200(RP-C8964)。
エアアジアのミニハブになりつつある感が否めない関空です(*・∀・*)

DSC_0215.JPG
中国南方航空のエアバスA321-200(B-2283)。
中国北方航空時代から活躍し、2004年の導入以来15年のキャリアを誇っています(^o^)

いよいよお待たせしました!
今日の主役を2人、ご紹介します!!(≧∇≦)/続きを読む
posted by 大阪のしろきち at 20:50| 大阪 ☀| Comment(0) | 航空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする