2016年11月22日

『緊急特集』なぜトランスアジア航空は破綻したのか?

こんばんは。
今日は『緊急特集』と題しまして、台湾の中堅航空会社であるトランスアジア航空(復興航空)の経営破綻について書いていきたいと思います。

P7124525.JPG
在りし日のトランスアジア航空のエアバスA330-300(2015年7月撮影)。

前兆は昨日11月21日に「機材繰りのため日本便を全便欠航する」という情報からでした。
当方の不手際によりトランスアジア航空(復興航空)公式ページでの情報取得を忘れておりましたので、代替にこちらのページを提示しますm(_ _)m
台湾トランスアジア航空、22日の全便欠航 臨時取締役会を開催」(Aviation Wire・2016年11月21日)

すでにネット上では「倒産するのではないか?」や「台湾の某金融グループに事業譲渡されるんじゃないか?」等の噂が昨夜の段階で飛び交っていました。

そして今日の昼頃、記者会見上で正式にトランスアジア航空の解散が発表されました。
1951年の運航開始以来、実質65年で歴史に幕を閉じることとなってしまいました・・・・・

tna1.PNG
http://www.tna.com.tw/jp/news-jp?cid=1928より)
台湾のトランスアジア航空、解散を決定−墜落事故で資金繰り悪化」(Bloomberg・2016年11月22日)

背景には2014年に澎湖諸島の馬公空港と2015年に台北の松山空港でそれぞれ墜落事故を起こしたことが挙げられます。
いずれの事故でも多数の犠牲者を出し、同時に同社の安全管理体制に疑問を持たれる事になりました。

それ以前に2007年の台湾新幹線開業による国内線の需要低下から話を始める必要があるのかもしれません。
国内線の需要が低下した後、トランスアジア航空にかぎらず台湾の航空会社が「国際線」に活路を見出しました。つづく
posted by 大阪のしろきち at 21:01| 大阪 ☁| Comment(0) | 航空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

Peach、国内LCC初のA320neoシリーズ導入へ!

こんばんは!(^o^)
11月も折り返し地点に入り、今年もいよいよ残す所少なくなってきました。

さて、国内LCCでは優等生として知られる「Peach」ですが・・・・・
この度、エアバスが誇る最新機である「A320neo」を導入するする事になりました!(≧∇≦)

エアバス A320neo の導入を決定 〜 A320 ceo も発注し、合計 13 機 を発注 〜」(Peach公式・PDFファイル)
ピーチ、A320neo導入 19年から10機、将来100機体制に」(Aviation Wire、2016年11月18日)

peach.PNG
エアバスA320neo(※「エアバス A320neo の導入を決定 〜 A320 ceo も発注し、合計 13 機 を発注 〜」(Prach公式・PDFファイル)より引用)

今回、Peachとエアバスとの間でエアバスA320neoを10機、更にエアバスA320ceo(従来タイプ)を3機購入する契約を締結しました。
リースではなく、Peach本体が発注する形になります(受領後にリース会社に売却し、そのリース会社から機材をリースする『セールアンドリースバック方式』も視野に検討)
エアバスA320neoは(エアバスA320ceoとは違い)翼の端に「シャークレット」が取り付けられているのと、座席数が180席から188席に増加します!(^o^)

更にPeachの井上てん、じゃなくて井上社長は将来的な100機体制を目指していきたい意向も示しました(^^)

Peachの成長を開業当初から見守ってきた私としては、かなり感慨深いニュースに思えます。
来年で就航開始から5周年を迎え、そろそろ機材の入れ替えも視野に考える時期に入ってきているのかと思うと、時の流れの早さを感じます。

今回発注分の受領スケジュールはエアバスA320ceoが3機共に2018年度中、エアバスA320neoが2019年の1月〜3月から2020年の2年間に渡って10機をそれぞれ受領します。
更にエアバスA320neo受領後は、順次エアバスA320の初期導入分を置き換えていくのではないかと考えられています。

関空・那覇・仙台に引き続き新千歳にも拠点を置く予定のPeachですが、その勢いはより加速しそうな予感がします。

それでは今日はこの辺で(^_^)/~
タグ:Peach A320neo
posted by 大阪のしろきち at 21:06| 大阪 ☁| Comment(0) | 航空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

わくわく関空見学プランで撮影してみる(後編)

こんばんは!(^o^)
昨日の前編につづいて、書いていきたいと思います!(・∀・)ノ

さて、保安区域のゲートを通り抜けて、いよいよ国際貨物地区へ!

PB037703.JPG
ロイヤルインフライトケイタリング。
元々は関西インフライトケイタリングでしたが、福岡インフライトケイタリングと合併し今の名前になりました。

PB037709.JPG
エイエイエスケータリング。
グルメ杵屋系の機内食製造会社で、ロイヤルインフライトケイタリングを関空での機内食需要を競っています。

PB037721.JPG
CKTSの貨物上屋。

PB037729.JPG
ケロシン(JET-A1)が満載の給油タンク。
家庭用灯油から水分を取り除いたものがケロシン。上空は地上よりも遥かに気温が低く、少しでも水分があると凍ってエンジンが止まってしまうそうです。

ではお待たせしました!(≧∇≦)
いよいよお待ちかねの第二期島「KIXメガソーラー」へ!!続きを読む
posted by 大阪のしろきち at 19:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 航空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする