2018年04月25日

JR学研都市線「鴫野駅」

今日はJR学研都市線(片町線)の鴫野駅です。
Osaka Metro(地下鉄)今里筋線との乗換駅ですが、微妙に距離がある印象です・・・・・(^o^;)
DSC_0724.JPG
駅名標

2019年春に放出駅−新大阪駅間のおおさか東線が延伸開業(既に久宝寺駅−放出駅間は開業済み)し、途中駅として鴫野駅も含まれています。
DSC_0729.JPG
2番ホームへの階段。
右側の白い壁の向こうには1番ホームに至る階段・エスカレーター・エレベーターの工事が進んでいます。

DSC_0730.JPG
4番ホームへのエレベーター。

5月20日にホーム切り替えが行われ、現在の4番ホームはこのまま学研都市線で使用し、2番ホームの機能は3番ホームに移設されます。
【〜5月19日】
・1番線:工事中
・2番線:学研都市線(放出・松井山手・木津方面)
・3番線:工事中
・4番線:学研都市線(京橋・尼崎方面)

【5月20日〜】
・1番線:工事中
・2番線:工事中
・3番線:学研都市線(放出・松井山手・木津方面)
・4番線:学研都市線(京橋・尼崎方面)

【おおさか東線開業後】
・1番線:おおさか東線(放出・久宝寺方面)
・2番線:おおさか東線(新大阪方面)
・3番線:学研都市線(放出・松井山手・木津方面)
・4番線:学研都市線(京橋・尼崎方面)

DSC_0745.JPG
3番線部分が既に完成し、あとは線路切り替えを待つのみとなりました。

DSC_0760.JPG
発車標も設置され、準備万端といった印象です。


肝心の「おおさか東線」の説明を忘れていたので、ざっくりと説明。
おおさか東線は大和路線の久宝寺駅から新加美駅・衣摺加美北駅・JR長瀬駅・JR俊徳道駅・JR河内永和駅を経由し、学研都市線の放出駅に至る路線です。
2019年春に放出駅から鴫野駅・野江駅・都島駅・淡路駅・西吹田駅を経由し新大阪駅へ至るルートが追加で開業します(本来は同時開業の予定でしたが用地買収の遅延で遅れました・・・・・)

更に2023年頃を目処に北梅田駅まで直通し、久宝寺−放出−新大阪−北梅田の外環ルートが構築される見込みになっています(^o^)
DSC_0768.JPG
5月20日以降は左側の線路を学研都市線の放出・松井山手・木津へ向かう電車が通過することになります。
写真の車両は学研都市線の主力207系。


基本的におおさか東線と学研都市線の乗り換えは放出駅がメインになりそうですが、鴫野駅も今里筋線との結節点という観点で注目していきたい所です。
posted by 大阪のしろきち at 07:00| 大阪 ☁| Comment(2) | 鉄道&バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

ドンドン増殖中!「Osaka Metro」

こんばんは(^o^)
新業務で毎日が試行錯誤の連続、しばしば注意されたりしつつ、何とか頑張っています^^;

さて、今日は気晴らしに大阪市内へ行ってきました。
今年の4月1日に大阪市営地下鉄が「Osaka Metro」(大阪メトロ)に生まれ変わりましたが、4月1日時点だとまだまだ「マルコマーク」(旧大阪市営地下鉄のマーク)が残っている所が数多くありました。
DSC_0458.JPG
民営化当初、マルコマークが多く残っていました。(4月1日、住之江公園駅にて撮影)

駅の表示版類、車両のロゴもマルコマークの方が多いように思えました。

あれから20日が経過しどうなったのかと言うと・・・・・
まずは千日前線から。
DSC_0713.JPG
マルコマークの残る車両

千日前線でなんばから今里まで移動し、今里筋線で今里から鴫野へ・・・・・
DSC_0718.JPG
こっちは「Osaka Metro」のロゴに変わっていました(^o^)
80系の03編成。

DSC_0719.JPG
この螺旋状のロゴをデザインしたのは日本デザインセンターの色部義昭さんです。

4月1日に公営から民営の地下鉄として開業した「Osaka Metro」のネーミング、ブランドコンセプト、コーポレートスローガン、シンボルマークのクリエイティブディレクションを色部義昭が担当しました。
https://www.facebook.com/NDCcojp/posts/1861651630513143より引用)


この後、長堀鶴見緑地線・御堂筋線に乗車した結果、「Osaka Metro」ロゴが貼り付けられている割合は(体感で)5割程度。
4月1日時点よりかは出会う確率が高まりつつあるように感じられました(^o^)
DSC_0982.JPG
またまた今里筋線で遭遇!
今度は80系の07編成です。

6月までに全ての車両からマルコマークが消滅し、「Osaka Metro」ロゴに貼り変わります。
駅の表示版類は少し時間がかかり、来年の4月までマルコマークは見ることができそうです。

マルコマークとOsaka Metroマークのコラボレーション、今だけです!
posted by 大阪のしろきち at 22:11| 大阪 | Comment(2) | 鉄道&バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

祝「Osaka Metro&大阪シティバス」誕生!(後編)

昨日の前編では大阪シティバスを取り上げました。
今日はOsaka Metro(大阪メトロ)です(^o^)
Osaka Metro乗り始めは住之江公園から四つ橋線でなんばへ。
DSC_0454.JPG
住之江公園駅の掲示板で見つけた「Osaka Metro」。

実は住之江公園駅、あんまり大阪市営地下鉄時代と変わっていなかったりします・・・・・^^;
DSC_0458.JPG
まだマルコマーク(大阪市営地下鉄のシンボルマーク)が残っています。
看板の取替、流石に一晩では難しかったようで・・・・・

1日からは市が100%出資する「大阪市高速電気軌道」(大阪メトロ)が経営を引き継ぎ運行を開始。駅の看板などは1年かけて更新を進めていく。
車両に新ロゴ 大阪市営地下鉄、1日から民営化」(大阪日日新聞・2018年4月1日)

駅の看板類は2019年3月頃まで「マルコマーク」が残るそうで、まだ民営化としては「助走期間」という印象があります。
その頃になればOsaka Metro独自の施策などが見えてくるので、これからが楽しみです。
DSC_0467.JPG
大阪市高速電気軌道(Osaka Metro)新20系電車。
四つ橋線の他、規格が異なる堺筋線・今里筋線・長堀鶴見緑地線・南港ポートタウン線以外に主力車両として投入されています。

ちなみに先程の車両はまだ「Osaka Metro」ではなく、マルコマークのままでした。
交通局によると、ロゴを貼り替えるのは地下鉄全線とニュートラム計9路線の1354車両で、6月末までに順次作業を進めていく予定。
車両に新ロゴ 大阪市営地下鉄、1日から民営化」(大阪日日新聞・2018年4月1日)

車両の方は今年の6月末までには全て「Osaka Metro」のロゴに切り替わるとの事で、車両の方で少し早く「民営化」を実感できそうな印象です。
DSC_0468.JPG
Osaka Metro誕生を告げる広告。
「走り続ける、変わり続ける。」がOsaka Metroのコーポレートスローガンです(^o^)

大阪市営地下鉄時代と寸分も変わらない快適な運転でなんば駅に到着!
DSC_0479.JPG
なんば駅の看板類は「Osaka Metro」仕様に切り替わっていました。

DSC_0482.JPG
運賃表も変わりました。

DSC_0484.JPG
屋外の出入口のサインも・・・・・

4月1日時点ではまだまだ変化していない箇所も多くありましたが、これからドンドン変化していくようです。
ホームドア(可動式ホーム柵)も3年以内を目処に全駅に設置する事や、2025年の大阪万博(絶賛誘致中)を目処にした駅空間のリニューアル、新事業(ホテル・不動産等)への参入など色々と考えているようです。
可動式ホーム柵を技術的な課題が解決されれば3年以内に全駅に設置していきたいと意欲を示した。市営地下鉄は9路線133駅あるが、ホーム柵やホームドアは54駅への設置にとどまっている。
「3年以内、全駅にホーム柵」=4月民営化の大阪地下鉄−河井新社長」(時事通信・2018年3月23日)

Osaka Metroと大阪シティバス、これからの展開に期待しつつ記事を締めます。
posted by 大阪のしろきち at 07:00| 大阪 | Comment(0) | 鉄道&バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする