2017年11月04日

岸和田観光バスの高石堺臨海ライン

こんばんは(^o^)
今日は京都まで紅葉狩りに行きました(*^^*)

その話はまた明日以降するとして、今日は京都に行く前に岸和田観光バスが10月2日より運行開始した「高石堺臨海ライン」を見てきました。

時間の都合で乗車は出来ませんでしたが、近い内に乗車記も別記事で載せたいと思います。
まずは路線概要から・・・・・
『高石堺臨海ライン』
停留所
・羽衣バスターミナル→高石バスターミナル→高砂公園前→高砂3丁目→堺市化学工業団地前→堺機械金属団地前→築港浜寺西町公園前→高石バスターミナル→羽衣バスターミナル

運行本数
・平日12本
・土祝日6本
・日曜日全便運休

運賃(大人)
・羽衣バスターミナル→高砂公園前:350円
・羽衣バスターミナル→高砂3丁目・堺市化学工業団地前・堺機械金属団地前・築港浜寺西町公園前:400円
・高石バスターミナル→高砂公園前:300円
・高石バスターミナル→高砂3丁目・堺市化学工業団地前・築港浜寺西町公園前:350円
・高石バスターミナル→堺機械金属団地前:400円


岸和田観光バスは泉州でも老舗の貸切バス事業者として有名ですが(泉州の皆さんなら一度は「きしかん」という名前を聞いたことがあるかも?)、路線バス事業にも参入しジワジワと広げつつあります(^o^)

『岸和田観光バスの路線バス』
高速路線バス
・「SPA LINE 北陸」岸和田駅・なんば(OCAT)−芦原温泉・加賀山代温泉・加賀片山津温泉
・「SPA LINE 鳴門・四国」岸和田駅・なんば(OCAT)・神戸駅−鳴門

一般路線バス
・「FERRY LINE 泉大津-なんば・J-GREEN堺線」
・「FERRY LINE 泉大津港-JR和泉府中線」
・「FERRY LINE ドリームシャトルバス」
・「高石堺臨海ライン」

かなりマニアックな所を攻めているという印象を受ける岸和田観光バスの路線バス網ですが、今回はその中でも最もマニアックであろう「堺高石臨海ライン」です。
堺泉北臨海工業地帯で勤務する人をターゲットにしているようですが、知名度も低く、私自身もつい一週間前知ったばかりです(;-∀-)

少しだけですが画像を大公開します!(^o^)
おそらく本邦初公開です(既に使用車両はツイッター上で見かけましたが・・・・)。
DSC_0762.JPG
羽衣バスターミナル。
羽衣公民館の1階にあります。


DSC_0747.JPG
岸和田観光バスの日野・レインボーII(和泉200か1926)。
まずは公式側から。


DSC_0746.JPG
今度は非公式側。


DSC_0772.JPG
バス停標柱。


DSC_0773.JPG
時刻表。
クローズドドアシステムを導入しているようで、羽衣バスターミナル−高石バスターミナルと高砂公園前−築港浜寺西町公園前のみの利用は不可能になっています。


近いうちに本気で乗りに行こうかと思っています。
とはいえ、運行時間が偏っていて朝は残業続きの体で撮影するのが辛く、夕方は撮影するのが辛く、いつ行けるか目処は立ちません(;-∀-)

そんな訳で皆さんも是非、どーしても暇で暇でやることがない時にふらりと「高石堺臨海ライン」に乗って、工場に萌えてみるのもいいかもしれませんね(*´∀`*)
posted by 大阪のしろきち at 23:00| 大阪 ☀| Comment(2) | 鉄道&バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

いよいよFCバス普及時代へ!トヨタ「SORA」発表。

おはようございます(^o^)
今日は台風接近による雨で全ての予定をキャンセルすることになってしまいました。

でも衆議院議員選挙の投票にはどうにかして行きたいと思います。
なので皆さんも行ける内に行きましょうね!^^;

さて今日は久々のバスネタということで、何かいいニュースが無いかなと探し回っていました。
トヨタ、FCバスのコンセプトモデル「SORA」公表。東京モーターショー2017に出展(Car Watch)

FCバス(燃料電池バス)は水素を燃料する非常にクリーンなバス(排ガスの代わりに水蒸気を出します)で、既に東京都交通局が2台で本格的に営業運行を始めています。
P8122758.JPG
東京都交通局のトヨタFCバス(S-B102、足立230か102)。


東京オリンピックに向けて東京都は100台以上の燃料電池バスを導入することを決めていますが、2018年度以降に導入されるものは基本的にトヨタ「SORA」になりそうです。
それにしてもデザインが非常に未来的ですね(*´∀`*)
toyota_sora.png
車体自体は今までの日野・ブルーリボンをベースにしつつ、今までのバスのイメージを覆すスタイリッシュな仕上がりです。トヨタ、FCバスのコンセプトモデル「SORA」公表。東京モーターショー2017に出展(Car Watch)より)


スペックのお話はリンク先に飛んでもらうとして、東京都以外に燃料電池バスを新規に導入する自治体・事業者は今のところ聞こえてきません。
私として燃料電池バスを導入しそうな自治体・事業者は
・横浜市(運行は横浜市交通局?)
・名古屋市(運行は名古屋市交通局?)
・奈良県(運行は奈良交通?)
・関西エアポート(運行は関西空港交通or南海バスに委託?)
・徳島県(運行は徳島市交通局or徳島バス?)
・北九州市(運行は北九州市交通局?)
・福岡市(運行は西日本鉄道?)

その他にも京都市交通局辺りが何か考えてそうな気がするのですが、私だけでしょうか?^^;
(あそこは燃料電池バスにも幕式の方向幕を取り付けそう)

ジワジワと広まりつつ燃料電池自動車。
バスへの導入で更なる普及に期待したい所です。
中国やヨーロッパではガソリン車を禁止し、電気自動車化を進めていく流れになりつつありますが、燃料電池自動車も電気自動車の一種(燃料電池自動車は車の中に発電所を作っているイメージ)ですから官民巻き込んだ取り組み次第で、かなりいい線行くのではないと思います(*´∀`*)

今日はこの辺で(^_^)/~
ラベル:燃料電池バス
posted by 大阪のしろきち at 10:33| 大阪 ☔| Comment(0) | 鉄道&バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

なにわ筋線を想像してみる(中之島駅)

おはようございます(^o^)
今年の6月に「なにわ筋線を想像してみる(JR難波駅)」を投稿しましたが、今回はその続編として中之島駅を予想。

昨日は西大橋から阿波座・中之島・なにわ筋を散歩しましたが、今日はなにわ筋線の新駅が設置される予定の場所を見てみます。
PA010283.JPG
グランキューブ大阪(大阪府立国際会議場)


PA010290.JPG
リーガロイヤルホテル。
客室数は973室、大阪最大のホテルです。


PA010303.JPG
京阪中之島駅。
2008年に鳴り物入りで開業した京阪中之島線の終着駅で、2面3線のホームが設置されており淀屋橋に並ぶターミナル駅になる「ハズ」でした。

しかしながら京阪中之島線、開業以来鳴かず飛ばずで当初は中之島駅発着の優等列車(快速急行)も設定されていましたが、年々設定本数が減り、今では昼間は普通列車が1時間6本発着するのみになってしまいました。

PA010308.JPG
中之島駅の中は木材が多用されており、温かみのある空間です。


PA010310.JPG
長い通路が続きます。


PA010316.JPG
中之島駅の6番出口。
2031年春にはこの先になにわ筋線の中之島駅ができる「ハズ」です。


PA010323.JPG
6番出口を出ると、対岸にはほたるまち(朝日放送本社)。


PA010332.JPG
大阪大学中之島センターと関電ビルディング、国立国際美術館、大阪市立科学館。

そこに数年後に「大阪新美術館」や「再生医療国際拠点」が出来る予定で、更なる賑わいが期待されます。
そしてなにわ筋線中之島駅(仮)も賑わいに貢献する「ハズ」です。

なにわ筋線の話が再び進み始めてから、京阪中之島線の延伸計画が中央線九条への延伸という形で動きつつあります。
また、京阪・大林組の再開発計画の再始動にも期待が持てます(≧∇≦)

なにわ筋線で中之島全体の更なる発展に期待しつつ、今日はこの辺で(^_^)/~
posted by 大阪のしろきち at 06:00| 大阪 ☁| Comment(4) | 鉄道&バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする