2019年04月09日

いまざとライナーに初乗車!

こんばんは(^O^)/
今日は「いまざとライナー」です。

Osaka Metroで一番新しい路線である今里筋線。
元々は井高野から今里、今里から湯里六丁目までの計画でしたが、現区間でもかなりの赤字を出しており(減価償却が終わっていないのもあるでしょうけども・・・)、2018年度でも営業係数が231.0と相当厳しい状況です。
報道発表資料 平成29年度自動車運送事業会計・高速鉄道事業会計の決算概要を公表します:大阪市)

今まで今里−湯里六丁目間の延伸は議論が交わされてきましたが、2016年に今里−湯里六丁目間はBRT(バス・ラピッド・トランジット)運行の社会実験で需要動態を見極める方向で同意、それから3年の準備を経て2019年4月1日から運行が始まりました。
DSC_0153.JPG
地下鉄今里駅の案内板。
「いまざとライナー」の案内表示が出ています。

今里−湯里六丁目間をカバーする長居ルート(地下鉄今里−湯里六丁目−地下鉄長居)と、もう一つ阿倍野ルート(地下鉄今里−杭全−あべの橋)が設定されています。
それぞれ平日は20分間隔(地下鉄今里−杭全間は10分間隔)、土休日は30分間隔(地下鉄今里−杭全は15分間隔)で運行されています。
DSC_0159.JPG
駅構内にバスロケの表示画面が設置されています。
いまざとライナーだけではなく、一般系統もきちんと入っています。
続きを読む
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 | Comment(2) | 鉄道&バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

大阪シティバス、4月1日よりダイヤ改正へ!

こんばんは!(*´∀`)
久々にバスネタでも投下します。
DSC_0085.JPG
大阪シティバスの日野・ブルーリボンII(なにわ200か791・36-0791)。
2006年製です。

今日は大阪市内を大阪メトロ(Osaka Metro)と並んで駆け巡る「大阪シティバス」のダイヤ改正(4月1日〜)の話題です。
2019年4月1日(月)より運行ダイヤを改正します。」(大阪シティバス)
このダイヤ改正で注目したいのは、「53号系統・58号系統・75号系統の昼間時間帯の増便」です(*´∀`)
DSC_0072.JPG
大阪駅前バスターミナルの待機場で待機中のバス。


53号系統は大阪駅前から中之島を回って船津橋へ向かう系統、平日の朝は本数がグッと増えて数分間隔で運行する時間もあります。
58号系統は大阪駅前から中津・鷺洲地区を経由し野田阪神前へ向かう系統で、意外にも旧大阪市営バス時代では平成29年度(2017年度)に第2位の営業係数の良さを誇っています。
75号系統は大阪駅前からなにわ筋を経由し、なんばへ向かう系統で、最近はなにわ筋沿いにマンションが増えて利用者が増えつつある系統です。

今回の改正で53号系統は・・・・・
・平日昼間:1時間1本〜2本(40分間隔)→1時間3本(20分間隔)
・土休日昼間:1時間1本〜2本(40分間隔)→1時間2本(30分間隔)
平日はビジネス客や用務客の多さを反映して20分間隔に、土休日も30分間隔と分かりやすいダイヤになりました(^O^)/

58号系統は・・・・・
・平日・休日昼間:1時間2本(30分間隔)→1時間3本(20分間隔)
・土曜日昼間:1時間1本〜2本(40分間隔)→1時間3本(20分間隔)
こちらは平日も土休日も20分間隔に揃えられました。

75号系統は・・・・・
・平日昼間:1時間1本〜2本(40分間隔)→1時間3本(20分間隔)
・土休日昼間:1時間2本(30分間隔)→1時間3本(20分間隔)
こちらも全日20分間隔になります。なにわ筋はこれから2031年春のなにわ筋線開通に向けて、開発が進みそうですから、同線開業までは75号系統がメインアクセスになります。


大阪シティバス、今年に入り同社初の新車が導入される予定で、大阪市営バス民営化1周年を控え、新しい動きが出つつあるように感じられました(*´∀`)
DSC_0647.JPG
住之江営業所に停車中のいすゞ・エルガ(なにわ200か2361&なにわ200か2362)。
初の新車です。
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 | Comment(0) | 鉄道&バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

祝・おおさか東線開業!「JR淡路駅・阪急淡路駅」周辺を見てみる。

こんばんは!(^O^)/
昨日はJRのダイヤ改正がありました。

全国で色々な動きがあったようですが、近畿圏に絞れば・・・・・
・嵯峨野線梅小路京都西駅開業
・和歌山線・桜井線に227系1000番台投入
・特急「らくラクはりま」運行開始(実際には平日運行であるため3月18日より運行開始)
・新快速に座席指定車「Aシート」を導入

とありますが、一番の注目は「おおさか東線全線開通」です(≧∇≦)
祝! おおさか東線全線開業。JR西日本 来島社長「大阪東部を南北に結び、新幹線とのネットワークが完成」(トラベルWatch・2019年3月16日)

DSC_0885.JPG
久宝寺駅にて、おおさか東線の主力車両201系。
久宝寺駅−放出駅間は2008年に開通。
あれから11年の時を経て、放出駅−新大阪駅間が開業しました!(≧∇≦)/

DSC_0887.JPG
さて、JR淡路駅まで乗ってみましょうか(*´∀`)

久宝寺駅からJR淡路駅までは約28分、やはり開通初日とだけあって鴫野からは立席が出るほどの混雑に・・・
DSC_0897.JPG
JR淡路駅の駅名標。

DSC_0913.JPG
JR淡路駅のコンコース。
開業間もないだけあって、ピカピカです。

DSC_0926.JPG
JR淡路駅の外観。
駅名の看板が筆字っぽいのが特徴です(南吹田・城北公園通・JR野江も同じだそうで・・・)。


JR淡路駅から阪急淡路駅までは徒歩で約3分。
東淡路商店街を通り抜けるルートが一番行きやすそうです(黄色の幟が立っているので^^;)。
DSC_0929.JPG
東淡路商店街。
再開発が進んでいるためか、店舗が移転し、その真中に真新しいアーケードが構築されています。

淡路駅周辺では、阪急淡路駅の高架化に合わせて再開発が進んでいます。
DSC_0930.JPG
JR淡路駅側から続くアーケードと、阪急淡路駅側から西側に続くアーケードが途切れた場所にある駐輪場。
ここが将来は駅前広場と小さなロータリーになるようです。

DSC_0942.JPG
東淡路商店街のアーケードに掲げられている垂れ幕。
おおさか東線全線開通を祝う内容です(^O^)/

DSC_0946.JPG
阪急線の高架化工事が進んでいます。
完成後は3階のホームに京都方面・北千里方面の列車が、4階のホームに梅田・天神橋筋六丁目方面の列車が通ります。
ホームが上下2層に分かれた構造に、2024年度を目処に変わります。


淡路駅周辺もポツポツとマンションが建ったり、商業施設が出来たりと、徐々に変わりつつあります。
数年後にはホテルやオフィスが出来るかも?と思わせるほどのポテンシャルはありそうです。

楽しみな気持ちになりつつ、またJR淡路駅から新大阪行きのおおさか東線に乗車。
DSC_0952.JPG
新大阪駅1番線・2番線の駅名標。

DSC_0963.JPG
新大阪駅で「久宝寺」行きの方向幕を見るのは、新鮮な気持ちです(*´∀`)
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 鉄道&バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする