2021年01月28日

保険の街・長崎の保険会社(2021年現在)

こんばんは!(*´∀`*)
保険、保険にも生命保険や損害保険と色々あります。

その加入資料や送付資料の封筒の送り先・送り主に注目することは滅多にないかもしれません。
たまたま、その送り先・送り主に「長崎県長崎市」という文字を見た時、「はて?なんで長崎なんだろう」と疑問に思う人は少ないかも知れませんが、いるかもしれません^^;
DSC_0120.JPG
ジブラルタ生命保険の入るNK出島スクエアビル(2020年3月撮影)。

実はここ数年、長崎に事務拠点やコールセンターを置く保険会社は増えています。
そこで少し当ブログでも纏めてみました。

幕末から明治時代にかけて長崎には香港上海銀行の支店が置かれていたり、イギリス系コングロマリットのジャーディン・マセソン商会の代理店であるグラバー商会、こちらも実は金融業務を手掛けていたりとなにかと長崎は「金融」に関して縁の深い街だったりします。
保険も金融システムを構成する要素の一つであります(金融庁管轄ですからね!)
DSC_0608.JPG
旧香港上海銀行長崎支店(2020年3月撮影)。


では、長崎に事務拠点やコールセンターを置く保険会社を御覧ください!(*´∀`*)
【1.長崎に本社機能の一部を置く保険会社】
(1)メットライフ生命保険
・拠点名:長崎本社
・設置年:2002年(平成14年)→2019年(令和元年)に本社昇格
・所在地:長崎県長崎市常盤町1-1 メットライフ生命長崎ビル
・コメント:2019年(令和元年)に東京本社と並ぶ「本社」に格上げされ、約1000人の社員(2019年現在)が勤務しています。

(2)ジブラルタ生命保険
・拠点名:長崎本社(長崎オフィス)
・設置年:不詳
・所在地:長崎県長崎市出島町15-7 NK出島スクエアビル
・コメント:東京本社が被災した際には事業継続拠点となります。普段は契約管理業務やコールセンター業務が主です。

(3)オリックス生命保険
・拠点名:長崎ビジネスセンター
・設置年:2016年
・所在地:長崎県長崎市元船町9-18 長崎BizPORT
・コメント:公式に第二本社を目指すと明言されている位の重要拠点。2020年現在は約350人が勤務していますが、将来的には400人規模になるようです。

【2.長崎に事務拠点・コールセンターを置く保険会社】
(1)楽天保険グループ
・拠点名:長崎ビジネスセンター
・設置年:2020年
・所在地:長崎県長崎市出島町1-41 クレインハーバー長崎ビル
・コメント:楽天保険グループが共同で設置、こちらも主に契約管理業務を担います。

(2)チューリッヒ保険
・拠点名:長崎オフィス
・設置年:2015年
・所在地:長崎県長崎市出島町1-41 クレインハーバー長崎ビル
・コメント:コールセンター業務と契約管理業務を担います。同じビルに同業他社が入る構図ですね。

(3)AIG損害保険
・拠点名:長崎ビジネスセンター
・設置年:2005年
・所在地:長崎県長崎市常盤町1-1 メットライフ生命長崎ビル
・コメント:こちらでは契約管理業務を行っています。

(4)アメリカンホーム医療・損害保険
・拠点名:長崎ビジネスセンター
・設置年:2005年
・所在地:長崎県長崎市常盤町1-1 メットライフ生命長崎ビル
・コメント:こちらでは保険金の支払い業務を行っています。

(5)FWD富士生命保険
・拠点名:長崎コンタクトセンター
・設置年:2005年
・所在地:長崎県長崎市出島町1-41 クレインハーバー長崎ビル
・コメント:クレインハーバーに入居する保険会社の多さに驚きます。こちらは主にコールセンター業務です。

(6)Chubb損害保険
・拠点名:西日本カスタマーサービスセンター
・設置年:2020年
・所在地:長崎県長崎市伊勢町4-14 Jプロ新大工ビル
・コメント:西日本エリアの事業拡大を狙って2020年に開設されました。保険金支払事務やITシステムの開発を担います。

合計で9社が長崎に事務拠点・コールセンターを置いていることが分かります。
保険業界と言えば東京か大阪というイメージが根強くありますが、長崎も着実に勢力を伸ばしている他、札幌も最近はアクサグループが本社機能を設置するなど地方への進出が進みつつあります。

地方創生が叫ばれる中、長崎には是非頑張ってもらって、「保険の街・長崎」と呼ばれるくらいになって欲しいと期待します!ヽ(=´▽`=)ノ
ラベル:長崎市 保険
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☔| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月01日

【謹賀新年】2021年(令和3年)となりました。

読者の皆さん、新年明けましておめでとうございますm(_ _)m
昨年は私自身も社会も激動の一年でした。

今年は少しでも落ち着いた一年になりますように、心よりお祈りしたいと思います。
延期されていた東京オリンピック・パラリンピックが夏に開かれることとなったのが今年の一大ニュースになりそうですが、恐らく夏以降にはインバウンドの受け入れが再開され、徐々に大阪に外国人観光客の賑わいが戻るかと期待されます。
DSC_0791.JPG
写真は2020年(令和2年)12月末に乗船した「さんふらわあ さつま」より。

本年も昨年に引き続き「面白く」「わかりやすい」記事を心がけながら、投稿していきたいと考えております。
また今年からは2日・3日とブログ更新をお休みして、4日から通常投稿を再開いたしますので、何卒よろしくお願いします。
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月31日

激動の2020年から2021年へ!「大晦日のご挨拶」

こんばんは!ヽ(=´▽`=)ノ
いよいよ今年も残す所24時間となりました。

もう、なんというか「えらい一年」だったなとしか言いようがありません。
そんな中でも明るいニュースとして・・・
・淀屋橋ツインタワー計画の西側の再開発計画が決定(8月)
→「 『淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業』市街地再開発組合設立のお知らせ 」(PR TIMES・2020年8月6日)
・SBIグループ主導による大阪の国際金融都市構想が浮上(9月)
→「SBI、「大阪・神戸を国際金融都市に」」(日本経済新聞・2020年9月2日)
・「うめきた2期」が無事に着工!(12月)
→「 「(仮称)うめきた2期地区開発事業」工事着手 大阪駅前に約45,000平方メートルの都市公園を含む新たな街が誕生」(PR TIMES・2020年12月22日)

などがありました。

DSC_0684.JPG
グランフロント大阪。
数年後には左隣に「大阪駅地下ホーム」と「うめきた2期」が【出現】します!(2020年10月撮影)

他にも「梅田三丁目計画の着工」や「新大阪エリアのオフィスビル建設ラッシュ」など、マニア心をくすぐるような案件が続々と出てきた一年でした。

ただ航空に関しては、もう言及するのも憚られるレベルであり、あえて今年に関しては避けようと思います。。。
(来年はワクチンの航空輸送から盛り上がっていきそうなので、なるべく取り上げていきたいです!)

また寺社仏閣巡りに集中し、恐らく泉州の神社は大方回ったのではないかと思うレベルです。
DSC_0472.JPG
大鳥大社の拝殿(2020年11月撮影)。

今年はほぼ毎日更新してきましたが、来年は恐らく少しペースが落ちるかもしれません。

高速走行が可能なバイクも現金一括で購入し、不要不急の公共交通機関の利用が憚られる中でも取材を円滑に進めることが出来ました。
(もっとも半分以上は中の人が乗りたいだけですが・・・)

早速、1月1日の挨拶記事以外は1月3日まで更新を休止します。
新年は1月4日より投稿を再開していきたいと考えておりますので、何卒宜しくお願いいたします。

それでは読者各位のご健康とご多幸をお祈りしつつ、良いお年をお迎えください。
今年もありがとうございました。
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする