2020年06月04日

【隔日刊】Every Second Day ワールドニュース「第8号:いよいよ『コロナ鎖国』からの脱却へ!」

こんばんは!(*^^*)
今日も「Every Second Day ワールドニュース」のお時間となりました。

今回はブルームバーグより「日本で暮らす外国人、人道上配慮すべき事情あれば再入国許可も」です。
「日本で暮らす外国人、人道上配慮すべき事情あれば再入国許可も」
Isabel Reynolds 2020年6月4日 15:06 JST

日本政府は日本に生活基盤を置いている外国人の再入国を巡り、人道上配慮すべき事情がある場合は例外的に再入国を認める方針を明らかにした。新型コロナウイルスの感染防止対策として講じている外国人の入国拒否措置に対して批判が高まっていた。

法務省はウェブサイトに掲載した資料(5月27日)で、「特に人道上配慮すべき事情があるときなど、個別の事情に応じて特段の事情がある」場合は、例外的に上陸を許可する場合もあるとした。

新型コロナ感染拡大を抑えるため、日本は米国や欧州、インドなど111の国・地域を対象に外国人の入国を禁止。他の多くの先進諸国と異なり、在留資格や配偶者ビザを保有している外国人でも入国拒否の対象となっている。そのため、日本で暮らす外国人が日本に戻れない状態となったり、海外に住む親族の葬儀に出ることができないなどの問題が発生していた。
(以下省略)

closed.png
日本の国境は実質的に「封鎖中」です・・・・・

日本の場合、他の先進国とは異なり「在留資格」や「配偶者ビザ」があっても、一度出国すると戻ってこられないという問題がありました。
感染対策の観点からすればやむ得ないと思うかもしれません。私としては同じ境遇に立たされた時に「しょうがないね」と言い切れる自信は正直ありません・・・・

私としてはこの人道上必要な再入国に関しては容認すべきだと考えます。
絶対数も多いわけではなく、検査を行った上ですから問題ないと私は思います。

そして記事の後半で「ベトナム、タイ、オーストラリア、ニュージーランド」からの入国制限を緩和するという話が出てきました。
すでにベトナムとニュージーランドとは話が行われ、オーストラリアやタイも間もなく協議が始まるものと考えられます。

まずはビジネス渡航から始まり、次に留学生の渡航、そして最後に観光客の渡航が認められる見通しです。

一日も早く「コロナ鎖国」から脱却し、経済の冷え込みを再び温めてもらいたいものですね(´;ω;`)
posted by 大阪のしろきち at 17:40| 大阪 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月02日

【隔日刊】Every Second Day ワールドニュース「第7号:アストロノーツとコスモノーツ」

こんばんは!
今日は2ヶ月ぶりに県境を越えて、京都まで取材に出ていました。

そのネタについては後々お送りするとして、今日の「Every Second Day ワールドニュース」はロシアビヨンド(ロシア)より。
宇宙飛行士の呼び方として「アストロノーツ」と「コスモノーツ」の2つがありますが、その違いについての記事です。
ロシアではなぜ宇宙飛行士を「コスモナフト」と呼ぶのか?(2020年6月02日 ニコライ・シェフチェンコ)
 アメリカの「astronauts」とソ連・ロシアの「cosmonauts(космонавты)」。いずれも宇宙飛行士だが、実は発音だけでなく意味も違う。

 ロシアと米国ではそれぞれ、宇宙飛行を行う者に、別の呼び名がある。宇宙船の乗組員の仕事には、米国でもロシアと同様のリスク、責任があり、然るべき報酬が与えられるが、名称は厳密に異なる。

 米国の英雄、ニール・アームストロングは「astronaut」と呼ばれ、ロシアの宇宙飛行のパイオニア、ユーリー・ガガーリンは「cosmonaut」と呼ばれる。なぜだろうか?
(以下省略)

厳密に言えば「コスモノーツ」は「コスモナフト」とロシア語で呼ぶようです。
アストロノーツ、コスモノーツ、後半部分の「ノーツ」はギリシャ語で「船乗り」。アストロはギリシャ語で「星」ですから、アストロノーツは「星の船乗り」という意味になります。
一方でコスモはギリシャ語で「宇宙」、つまりコスモノーツは「宇宙の船乗り」という意味です。

コスモノーツは、1905年に当時のロシア帝国で生まれたエンジニアであるアリー・シュテルンフェルドが作り出した言葉という説と、別のエンジニア(ミハイル・チホンラボフ)が作り出した言葉という説、2つあります。

旧ソ連の国民にとって「アストロ」は遠い遠い宇宙への旅、つまりはSF的な要素があると考えていて、「空想の世界」という風に考えていたようです。
一方で「コスモ」は比較的近い宇宙空間への旅、現実的な要素があると考えており、そこから広まったそうです。

結局の所、「国民性」の違いによってアストロなのか、コスモなのかを呼び分けているという解釈で良いのかもしれませんね。
ところでカザフスタンのバイコヌール宇宙基地にある宇宙飛行士が宿泊するホテルも「コスモノートホテル」と言いましたね。
cosmonaut_hotel.jpg
ブラジルの宇宙飛行士であるマルコス・ポンテスがコスモノートホテルの客室のドアにサインを書いています。
打ち上げ前の「儀式」のようなものですね(*´∀`)
(写真はhttps://archive.org/details/200603300005HQより、撮影者はNASA/Bill Ingalls)

「宇宙」、いつかは飛んでみたいものです・・・・・
posted by 大阪のしろきち at 22:32| 大阪 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月31日

【隔日刊】Every Second Day ワールドニュース「第6号:遂に翔んだ!宇宙行きドラゴン号」

こんばんは!(*´∀`*)
今日は27日の「【隔日刊】Every Second Day ワールドニュース「第4号:宇宙行きドラゴン、まもなく発進!」」でも取り上げた、有人宇宙船「クルードラゴン」の続報です。

実は天候不順で日本時間の5月28日早朝5時33分の打ち上げは中止になり、代わりに5月31日午前4時22分に無事打ち上げられました!(^O^)/
今日はBBCニュースより「スペースXの有人宇宙船、初の打ち上げに成功」です。
「スペースXの有人宇宙船、初の打ち上げに成功」(BBCニュース)
アメリカの宇宙開発企業スペースX(エックス)は30日午後3時22分(日本時間31日午前4時22分)、米フロリダ州のケネディ宇宙センターで、米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士2人を乗せた宇宙船「クルードラゴン」の打ち上げに成功した。

アメリカ国内からアメリカ人が宇宙に飛び立つのは、スペースシャトルの有人飛行計画を9年前に中止して以来のこととなる。

搭乗したダグ・ハーリー飛行士とボブ・ベンケン飛行士は、新しい宇宙船システムの試験だけでなく、NASAにとっての新たなビジネスモデルも主導する。

NASAは今後、自前の宇宙船を持たず、スペースXから「タクシー」サービスを借りるモデルを想定している。
(以下省略)

皆さん、ご存知の通り無事に「クルードラゴン」は2人の宇宙飛行士を乗せて、打ち上げに成功。
31日中には国際宇宙ステーションに到着します。
Dragon2.jpg
「クルー・ドラゴン」のモックアップ
https://mediaarchive.ksc.nasa.gov/#/Detail/19519より、NASA/Dmitri Gerondidakis)

アメリカは従来、NASA(アメリカ航空宇宙局)がロケットの開発や打ち上げを担当してきましたが、これからはそれに代わってスペースXの他、ボーイングも打ち上げビジネスに参入します。
なんでも今回の有人宇宙船の打ち上げ、スペースシャトルが退役後9年ぶりとの事で、新型コロナウイルス禍で沈み込んでいたアメリカにとっては非常に明るいニュースのようです。

この「クルードラゴン」、今までのように計器がズラリと並んだ操縦席ではなく、タッチパネルを通じて操縦を行うそうで、非常に未来的と言うかハイテクというかすごい時代になりました。

日本も三菱重工に頑張ってもらって、私が生きている内に有人飛行を実現してもらいたいものです(*´∀`)
posted by 大阪のしろきち at 18:00| 大阪 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする