2018年04月23日

ホテルロイヤルクラシック大阪(2018年4月時点)

今日は旧大阪新歌舞伎座跡地に建設中の「ホテルロイヤルクラシック大阪」です。
設計は隈研吾建築都市設計事務所が監修し、鹿島建設が施工を行っています。
DSC_0665.JPG
かなりの高さまで鉄骨建方が進んでいました。
隣接するヒューリック難波ビルの11階分に相当する印象です。

DSC_0670.JPG
完成は2019年8月31日(労災保険関係性成立票より)を予定しています。

【概要】(建築計画のお知らせより)
・建築主:株式会社ベルコ
・設計者:隈研吾建築都市設計事務所、鹿島建設株式会社関西支店
・工事施工者:鹿島建設株式会社関西支店
・建築物の名称:(仮称)ベルコ難波ホテル 新築工事

・敷地の位置:大阪市中央区難波四丁目59-1 外(地名地番)、大阪市中央区難波四丁目3番25(住居表示)
・建築物の主要用途:ホテル(宴会場、レストラン、ラウンジ、客室、駐車場) 店舗
・敷地面積:2,292.65平方メートル
・建築面積:1,893.45平方メートル
・延べ面積:22,349.19平方メートル
・構造:鉄骨・鉄筋コンクリート・鉄骨鉄筋コンクリート
・高さ:85.85m
・階数:地上19階、地下1階
・着工日:平成28年6月1日
・竣工日:平成31年8月31日(労災保険関係性成立票より)

開業は2019年10月頃を予定しており、現在は急ピッチで作業が進んでいます。
DSC_0105.JPG
今年3月頃に撮影。
この時はまだ隣接するビル(ヒューリック難波ビル)の7階分まで鉄骨建方が進んでいる状況でした。

DSC_0690.JPG
(4月に話は戻って)
なんば楽座からも撮影。
こちら側も圧倒的です。

【フロア構成】
【地下1階】ロビー、テナント、機械式駐車場
【1階】エントランスロビー、テナント、カフェ
【2階】レストラン、ラウンジ
【3階】バンケット(1)、バンケット(2)
【4階】事務室
【5階】ウェイティングルーム
【6階】チャペル、フォトスタジオ
【7階】バンケット(3)
【8階】バンケット(4)
【9階】バンケット(5)
【10階】ブライダルサロン
【11階】ホテルラウンジ、ホテルレセプション、レストラン
【12-18階】客室
【19階】チャペル、アトリウム、バーラウンジ、パーティールーム
https://kyodonewsprwire.jp/release/201603299332より引用)

客室数は150室。レストランは2箇所、バーラウンジ、宴会場は5バンケット・2チャペル等を備えています。
どちらかと言えば「ウェディング・バンケット用途」を強化したホテルだという印象を受けました。
(もう少し客室数あっても良いような・・・・・)

それは兎も角、完成した姿が目に浮かぶレベルまで鉄骨建方が進んでいました(≧∇≦)
posted by 大阪のしろきち at 07:00| 大阪 | Comment(0) | 都市開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

なんばのエディオン旗艦店(2018年4月現在)

今日はなんばに建設中の「エディオン旗艦店(仮)」です。
この土地は元々精華小学校が位置しており、近代建築としての価値が高い建築物でしたが解体され、現在新しい施設が建設中です。
(完成後は精華小学校の外観が一部再現される予定です)

建築主は成信、設計はIAO竹田設計、施工は三井住友建設が担当しています。
DSC_0644.JPG
建築計画のお知らせ。

【概要】(建築計画よりお知らせより)
・建築主:株式会社成信
・設計・監理:株式会社IAO竹田設計
・施工者:三井住友建設株式会社
・建築物の名称:(仮称)中央区難波3丁目 新築工事
・建築物の用途:物販店・飲食店舗
・敷地の位置:大阪市中央区難波3丁目25番2の一部、27番22
・敷地面積:4,225.99平方メートル
・建築面積:2,928.35平方メートル
・延べ面積:22,995.42平方メートル
・容積率対象面積:21,219.74平方メートル
・構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)
・高さ:59.40m
・階数:地上9階、地下1階

DSC_0625.JPG
大阪高島屋側より撮影。
ここでも分かる程に鉄骨が伸びていました(^o^)

DSC_0632.JPG
なんさん通り側にも出入口が設置されます。
ここに「Edion」のロゴがデカデカと掲げられるようです(推測)。

DSC_0636.JPG
精華通り沿いより撮影。
こちらがメインの出入口になりそうですが、果たして?

DSC_0649.JPG
4階部分まで鉄骨建方が進んでいるような印象を受けます。


完成は2019年4月中旬、エディオンとしては「関西エリアの旗艦店」として位置づけ、訪日外国人向けの商品展開を考えているようです。
近隣に「ビックカメラなんば店」「ヤマダ電機LABI1なんば」がある中で、エディオンの開店後は「三つ巴」の争いになりそうですが、位置的に考えるとエディオンが最終的には勝つんじゃないかなと勝手に想像しています(;-∀-)

今年も訪日外国人がドンドン増えていく中で、この流れが2019年まで続いてくれることに期待したいものです(^o^)
posted by 大阪のしろきち at 12:34| 大阪 | Comment(2) | 都市開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

りんくうタウンのホテル計画(リアライズのホテル計画(仮名) Part2)

今日はリアライズのホテル計画です。
周辺ではカモメツーリストによる「ホテルベイガルズ」が建設されている他、JCプランの系列会社による「N GATE HOTEL OSAKA」の営業が既に始まっています。

ここは鉄骨造のせいか、ものすごく工事が進んでいました(^o^;)
『建築(開発)のお知らせ』
・敷地の地名・地番:大阪府泉佐野市りんくう往来南6-3、大阪府泉南郡田尻町りんくうポート北5-10
・建築物の用途:ホテル
・高さ:21.15m
・敷地面積:706.53平方メートル
・建築面積:389.80平方メートル
・延床面積:2,117平方メートル
・構造:鉄骨造6階
・建築主:株式会社リアライズ
・設計者:有限会社ビーステップ
・工事施工者:未定→株式会社大星住宅産業
(おことわり:延床面積のみhttp://www.kentsu.co.jp/webnews/view.asp?cd=170822700027&pub=1より転載)

DSC_3599.JPG
1ヶ月の間に一気に5階部分まで鉄骨建方が進んでいました!

DSC_3608.JPG
完成は2018年11月30日を予定していますが、鉄骨建方自体は夏までに終わりそうな気配です。

DSC_3611.JPG
最後にりんくう合同宿舎付近から一枚。

りんくうタウンの田尻エリア(りんくうポート北)も、これから盛り上がりそうですね!(≧∇≦)
posted by 大阪のしろきち at 07:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 都市開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする