2017年03月20日

ついに着工!精華小学校跡地計画

こんばんは!(^o^)
明日と明後日は北陸、そして1日置いて23日から海外に行ってきます(^o^)
滅茶苦茶ハードスケジュールです^^;

さて、そんな事よりも・・・・・
難波の精華小学校跡地の計画をご存知でしょうか?

一時期は計画の実現自体が危ぶまれていましたが、3月13日に着工(地鎮式)が行われました。
ちょっと「?」な方向けに計画概要を載せておきます。

『中央区難波3丁目新築工事・概要』
・建築物の用途:物販店・飲食店舗
・敷地の位置:大阪市中央区難波3丁目25番2の一部、27番22
・敷地面積:4202.26平方メートル
・建築面積:2931.38平方メートル
・延べ面積:22874.80平方メートル
・高さ:59.40m
・階数:地上14階、地下0階
・事業主:株式会社成信
・設計者:株式会社IAO竹田設計
・工事施工者:未定(実際には決まっていると思われるが未記載)
・工事着手予定時期:2016年12月初旬(実際には2017年3月13日)
・工事完了予定時期:2018年12月初旬


では、実際の敷地の様子をどうぞ!(^o^)

P3183058.JPG
5日前(3月13日、3月18日に取材)に着工したばかりか、まだ大きな動きは無さそうです。


P3183064.JPG
建築計画のお知らせと「ご近隣の皆様へ(作業予定表)」。
地中の障害物を撤去している段階で、基礎工事の開始までには時間がかかりそうです。


P3183066.JPG
壁の隙間から頑張って撮影^_^;
クローラークレーンが待機中。


P3183069.JPG
なんば駅(大阪高島屋)側から。
ここからダンプカーやトレーラー、重機類が出入りするようです。


そういう訳で失礼(@^^)/~~~
posted by 大阪のしろきち at 19:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 都市開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

新・りんくうタウンの開発(Part5)【りんくう永山病院】

こんにちは!(^o^)
正直、入社前の顔合わせとシンガポール旅行の準備でバタバタしております^^;

さて今日はりんくうタウンに建設中のりんくう永山病院。
見ないうちに随分と進んでいました。

P3162988.JPG
既に屋上部分の工事に取り掛かっているようです。


P3162993.JPG
塔屋も既にほぼ出来上がっていて、あとは外装と内装を取り付ける位になりました。


P3162997.JPG
(ちょっと見づらい写真ですが)
ホテルアストンプラザ関西空港もほぼ完成し、あとは来月の開業を待つのみです。


P3163003.JPG
ペデストリアンデッキより。
まだ養生シートが取れていませんが、既に外装工事にも取り掛かりつつあるような印象です。


完成は今年の7月、それに向けて工事は急ピッチで進んでいます。
posted by 大阪のしろきち at 16:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 都市開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

大阪に星野リゾート!

こんばんは!
今日は3月11日、あれから6年が経ちました。
6年は長いようで短く感じられます。一日一日を大事に過ごしていきたいという思いが、よりいっそう強くなりました。

さて、本題に入ります。

星野リゾートといえば、長野県の軽井沢(星のや軽井沢)を本拠地に置き、経営難のリゾートの経営を立て直していくビジネスモデルで有名ですが、最近では東京の一等地に本格旅館「星のや東京」を開業させて注目を集めています。
同社が運営する施設は大まかに分けて、標準的なリゾートホテルの「リゾナーレ」、部屋数を抑えて高品質なサービスを提供する温泉旅館の「界」、そして和のリゾートホテル、新しい形の日本旅館をイメージした「星のや」の3つです(星野リゾート外からの運営委託施設を中心に全く違う名前の所もあります)

中でも「星のや」では今まででは考えられなかった旅館形態での「24時間提供のルームサービス」や「食事時間の自由化」、「チェックアウト時間の延長」などの顧客目線のサービスが特徴的です。

(これ以上は星野リゾートの宣伝と取られそうなので・・・・・^^;)
ここ近畿圏でも京都の嵐山、比叡山に展開し、奈良の明日香村への進出も決定しています。
そして更に今度は大阪市内、それも南海本線・南海高野線とJRの大阪環状線・大和路線が交差する新今宮に進出することになりました!

「大阪市新今宮駅前の都市観光ホテルの開発計画について」(星野リゾート プレスリリース)
「浪速区恵美須西3丁目16番街区用地の開発事業者募集プロポーザルにかかる事業予定者の決定について」(大阪市)


shinimamiya.PNG
建設予定地(グーグルアースより)。
かつては化粧品工場、一時期は大阪府警が使っていましたが現状では広大な空き地が広がっています。


hoshino_shinimamiya.PNG
完成予想図「大阪市新今宮駅前の都市観光ホテルの開発計画について」(星野リゾート プレスリリース)より)
ざっくり言うとカッコイイデザインですね(^o^)。


客室数は600室以上、天然温泉を使ったスパや温浴施設、最上階のメインダイニングからは夜景を一望。更に大阪の味が楽しめるカフェテリアなど、非常に魅力的な計画です。
中でも注目は「みやぐりん」で、2階部分に芝生を敷き詰めたオープンスペースを設けます。

miyagurin.PNG
みやぐりんのイメージスケッチ。
(画像はP.8 宿泊機能以外の機能・取組(PDF形式、大阪市:浪速区恵美須西3丁目16番街区用地の開発事業者募集プロポーザルにかかる事業予定者の決定について)より


「みやぐりん」ではオープンエアのカフェで生演奏を楽しめたり、地域のコミュニティとのコラボレーションで多様なイベントを行ったり、高層部の壁面でプロジェクションマッピングを行ったりする事を計画しているようです(^^)

さて、新今宮エリアといえば、大阪の中でも一番「ディープ」なエリアで知られていますが、大阪市内はもちろんの事、関西空港や京都・奈良方面へのアクセスが非常に優れています。
近年は大阪を訪問する外国人観光客は増加の一途を辿っており、2016年は約941万人もの外国人観光客が大阪を訪れたという大阪観光局のデータがあります。
900万人超 4年連続で最高更新 (毎日新聞)より)

それと同時にホテル不足が深刻化しており、毎年新規開業があるにも関わらず2020年になっても不足が解消されないというみずほ総合研究所のデータがあるだけに、600室の供給は非常に大きいと思われます。
東京のホテル不足感、2020年には大幅に緩和の見通し、新ホテルの開業ラッシュで、一方で大阪は不足が継続 ―みずほ総研(トラベルビジョン)より)

ネット上では色々な声がありますが、むしろ私は星野リゾートの「勇敢な経営判断」に拍手を贈りますし、やはり「本気でやってるんだな」という点において感銘を受けました!
中には「コミュニティから切り離してしまうんじゃないか」的な声も見受けられましたが、星野リゾートは切り離す事はせずに、逆に地域のコミュニティとも連携をしていこうとする姿勢を「みやぐりん」というオープンスペースに託しているような気がします。

因みに実際に撮影した写真で見てみると・・・・・
P1219846.JPG
この時は大阪環状線の新型車両である323系メインで撮ってましたが、ちょうどいい写真なので^^;
左側に星野リゾートが完成する予定です。


最後に気になるスケジュールですが
・2017年4月〜9月頃:事業計画の策定
・2017年10月〜2018年11月末:設計期間
・2019年7月〜2021年6月末:建設期間
・2021年7月〜2022年2月頃:試運転期間(プレオープンあるか?)
・2022年3月:グランドオープン


今から5年後には新今宮に星野リゾートが誕生する訳です(≧∇≦)
さて今から5年後、私は果たして星野リゾートに泊まれるような社会人になっているか?

そんな訳で今日はこの辺で失礼します(@^^)/~~~
posted by 大阪のしろきち at 19:49| 大阪 ☀| Comment(0) | 都市開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする