2020年10月26日

渦潮を追いかけて「徳島・淡路へテストツーリング」(その2)

こんばんは!(^o^)
気づけばもう10月も終盤に差し掛かってきました。今年は「トンデモナイ」一年だったなとしみじみ思います・・・・・

今日は淡路島の「道の駅うずしお」から始めていきます。
DSC_0023.JPG
玉ねぎのオブジェ。
全国的に言えば北海道と淡路島の玉ねぎが有名なようで、この道の駅では玉ねぎを使ったバーガーが楽しめます(^O^)

DSC_0029.JPG
渦潮のオブジェ。

DSC_0032.JPG
大鳴門橋。
1985年(昭和60年)に開通し、鳴門の渦潮に影響を与えないように多柱基礎工法を用いられています。

DSC_0042.JPG
観潮船「わんだーなると」。

世界最大級とも言われている鳴門の渦潮、それを間近から見るには観潮船に乗って見るのが一番のようです(*´∀`*)
鳴門側の観潮船に乗るか、淡路側の観潮船に乗るかは・・・・・ 因みに私は乗っていません^^;
DSC_0062.JPG
ケーブルの断面模型と阿波おどりの記念撮影パネル。

DSC_0066.JPG
大鳴門橋の真下から眺められる展望スポットもあるようですが、工事で閉鎖中でした。

DSC_0076.JPG
上から見ると1階建てに見えますが、実際には4階建てです。
道の駅うずしおは1998年(平成10年)に登録され、レストランに物販施設、ハンバーガーショップ(実はこれが目玉!)が揃います。

DSC_0090.JPG
岩。
元々この場所は岩だらけのゴツゴツとした地形だったんでしょうね。

DSC_0177.JPG
昼食は淡路島バーガーを頂きますm(_ _)m
「あわじ島バーガー淡路島オニオンキッチン」の名物・あわじ島オニオンビーフバーガーとあわじ島牛乳たっぷり チーズタッカルビバーガーを頂きました。実に美味しかったです!

さて、美味しいハンバーガーを頂いた所で次の目的地「自凝島神社」(おのころ島神社)へ向かいます。
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月25日

渦潮を追いかけて「徳島・淡路へテストツーリング」(その1)

こんばんは!(^O^)
この記事は南海フェリーの船内とホテルの一室で執筆しています。

最近のフェリーやホテルはフリーWiFiがあるので、ノートパソコンさえあれば自宅と何ら変わらない環境で執筆できるのが素晴らしいですね。
南海フェリーでバイクに乗ろうと思えば20台までの先着順。早朝に眠たい目をこすりつつ第二阪和国道を飛ばしてきました。
(もちろん法定速度内・制限速度内、でですよw)
DSC_0969.JPG
南海フェリー・和歌山港フェリーターミナルの連絡通路。
その左脇の切符売り場で乗船券を買い求めます。

日頃の行いがいいのか、かなり早い時間に来てしまったせいか、窓口が開くまで少し待つことになりました・・・・・^^;
DSC_0981.JPG
乗船口付近。

DSC_0990.JPG
フェリーかつらぎ。
1999年(平成11年)に「りんくうフェリー」(泉佐野港−徳島港)のフェリーとして就役、しかし半年で運行を終えたため現在の和歌山航路に移り今に至ります。

DSC_0995.JPG
途中で同僚船の「フェリーあい」が見えてきました。
こちらは2019年(令和元年)12月に就役したばかりの新造船です。

DSC_0998.JPG
ファンネル。
とにかく風が強い!^^;

DSC_0006.JPG
淡路島がよく見えます。

DSC_0010.JPG
明石海峡大橋も(^^)

2時間5分で徳島港に到着です。
到着の少し前に車両甲板に降りて、バイクを動かせる時を今か今かと待つこととなります・・・・・

そして徳島港から徳島ICへバイクは快調に駆け抜けて、徳島自動車道→神戸淡路鳴門自動車道を通り、強風の吹く大鳴門橋を恐る恐る渡って、いよいよ淡路島へ上陸です!
DSC_0019.JPG
まずは道の駅うずしおへ。

次回は鳴門の渦潮を間近で眺めて、あの「淡路島名物」に舌鼓を打ちます(*´∀`*)
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(2) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月19日

熊野三山&お伊勢参り「その11:内宮門前町としまかぜ」

こんばんは!(*´∀`*)
いよいよ「熊野三山&お伊勢参り」の最終回となりました。

今回は伊勢神宮内宮の門前町、おはらい町とおかげ横丁を巡り、最後は特急しまかぜで戻ります。
DSC_0643.JPG
おはらい町の風景。
食べ歩きも楽しむことが出来、所々でドリンクや食べ物片手に歩いている人を見かけます。

DSC_0652.JPG
そういう私も松阪牛の串焼きを頂きました(^^)

DSC_0655.JPG
おかげ横丁。
おはらい町と一体化したような作りで、境目を意識するのは難しいと思います。

おかげ横丁とおはらい町、どれだけお店があるかというと、概ね160店舗が軒を連ねているとか・・・・・
それだけお伊勢参りが特別なもので、その帰りに財布の紐が緩むかと言うことがよく分かります。
DSC_0025.JPG
最後の昼食は手こね茶屋で「名物合わせ 牛肉入」を頂きました(*´∀`*)

バスで内宮から宇治山田駅へ向かいます。
DSC_0668.JPG
近鉄宇治山田駅。
毎年正月の総理大臣の初詣や天皇皇后両陛下をはじめとする皇族が使用される貴賓室があります。

当初は宇治山田駅から内宮方面へ延伸する計画があったそうですが、「余りに畏れが多い」という理由で延伸されなかったとか・・・・・
伊勢市駅に戻り、CANばすに乗り込みます。
DSC_0704.JPG
三重交通のいすゞ・エルガ(三重200か499)。
CANばす仕様でハイバックシートが車内に並びます。

伊勢市駅から外宮前・神宮徴古館・五十鈴川駅・内宮前、そこからは伊勢二見鳥羽ラインを通りサンアリーナ、伊勢・安土桃山文化村を経由します。
DSC_0712.JPG
伊勢・安土桃山文化村こと伊勢忍者キングダム。
再現された安土城がシンボルです。

この後は二見浦・池の浦を経由し鳥羽バスセンターに到着、しまかぜの出発時間を待ちます。
DSC_0759.JPG
二度目のしまかぜ乗車です。

DSC_0772.JPG
一人がけシート。
全自動リクライニングというのが快適です。

DSC_0032.JPG
カフェ車両で今回は松阪牛重を頼みました。
玉ねぎと長ねぎ、そして牛肉とともによく煮込まれていた美味です(*´∀`*)

こうして今回の3泊4日の旅は無事に終わりました。
新宮、しばらくしてからまた行きたいものです。次回は神倉神社に参拝して、サンマ寿司でも食べていきましょうかね。
そして今度は発心門王子から熊野本宮大社まで歩きたいですね。

長々とお付き合いを頂き、ありがとうございましたm(_ _)m
次回もどうぞお楽しみに!
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☔| Comment(2) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする