2020年11月26日

木本八幡宮(2020年11月)

こんばんは!ヽ(=´▽`=)ノ
今週の日曜日は大阪市内までバイクで走ってきました。

そのネタについては明日以降順次出していきたいと思いますが、その前日に和歌山市の木本八幡宮でお参りに行きました。
(木ノ本峠の道もスリリングで楽しいもんです!)
DSC_0687.JPG
参道の右側に参詣者用の駐車場が完備されています。

DSC_0689.JPG
ペンギンの石像がなんともチャーミング(^^)

DSC_0694.JPG
木製の鳥居。

鳥居を通った後の参道は石段が大半で、黙々と上っていきます。
DSC_0703.JPG
手水舎があります。

DSC_0707.JPG
一番上に拝殿があります。

DSC_0733.JPG
拝殿。
通常神社の本殿と言えば拝殿と一直線上にありますが、こちらの神社では少し上がった所にあります。
DSC_0719.JPG
本殿。
こちらは和歌山県の指定文化財に指定されています。御祭神として応神天皇、神功皇后、日孁大神をお祀りしています。
(八幡宮だけあって応神天皇と神功皇后の組み合わせが多いですね。)

この神社は今から約1600年前に応神天皇が三韓遠征の帰途でこの地に頓宮を作り、しばし滞在されたことが由縁とされています。
現在では木ノ本地区の氏神様として篤く信仰を集めています。

和歌山も面白い神社が多くて魅力的ですね!ヽ(=´▽`=)ノ
明日からはいよいよ新大阪・OBPエリアのネタをお送りします。
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月25日

いきいきパークみさき(岬町多奈川地区多目的公園・2020年11月)

こんばんは!(*´∀`*)
どこかの方が「我慢の3連休」だと言ってきましたが、私自身は感染拡大防止対策を講じた上で外出していました^^;

なんたってバイクですから(*´・ω・)(・ω・`*)ネー
さて、そのバイクでまず向かった先は岬町の多奈川地区にある「いきいきパークみさき」です。
ここは元々関西国際空港二期島の埋め立て用土砂の採掘地でしたが、役目を終えて公園と工業団地として整備されました。
DSC_0613.JPG
実りの森(展望広場)への階段。
この頂上に立派な複合遊具のある広場があります。

DSC_0614.JPG
園内案内図。
公園としては実りの森(展望広場)や多目的広場、2つの展望広場と飛行機の池が特徴的な泉の森などがあります。

DSC_0618.JPG
青木松風庵の岬工場。
「ミルクまんじゅう・月化粧」や「朝焼きみかさ(どら焼き)」でお馴染みの同社。ここに工場があったんですね!

DSC_0632.JPG
多目的広場には野球場やサッカーフィールドが。
少年野球には丁度いい場所のようです。

DSC_0634.JPG
桜の丘。
春には見事な桜が咲くようです!(*´∀`*)

続いては泉の森側の展望広場へ。
DSC_0652.JPG
泉の森。
池が飛行機の形をしているのは、ここが元々関空二期島の土砂を採取していた場所だったからでしょうね。

DSC_0664.JPG
太陽光発電所が広がります。
こちら側はシャープの「多奈川太陽光発電所」。他にはユーラスエナジーの「岬太陽光発電所」があり、2つを合わせて総発電量は約12.7メガワット。おおよそ一般家庭の年間電力使用量で換算すれば約4820世帯分の電力を賄えます。

DSC_0670.JPG
コーヨークリエイトの岬工場とマエキンの本社工場。
コーヨークリエイトではK型フレームという建材を製造しています。木造構造の良いところを鋼材でブラッシュアップしたようなものだそうです(*´∀`*)
マエキンではアルミ・ステンレスの製缶溶接を主に行っています(あれを出来る人は率直に凄いと思います・・・)

DSC_0679.JPG
こちらの展望広場には梅が植樹されており、梅のシーズンには美しい梅が楽しめそうです!

今回はいつものようにバイクで行きましたが、一応コミュニティバスも走っています。
平日は1日4本、土日祝は1日3本。南海多奈川線の多奈川駅から出ているので、もし公共交通機関で行かれる方はご参考あれ!
岬町コミュニティバス【乗継支線】発車時刻表」(岬町ホームページ・PDF)
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月23日

堺市内プチツーリング(匠(町)な海とのふれあい広場)

こんばんは!!(*´ω`*)
今日は百舌鳥八幡宮から堺市臨海部・匠町方面を走っていきます。

堺浜・匠町といえば「シャープの巨大液晶パネル工場」を想像される方が多いようですが、現在液晶パネル工場の方は台湾・フォックスコングループと共同出資した会社である「堺ディスプレイプロダクト」が運営し、シャープが運営しているのは太陽電池&有機ELパネルを生産する工場になります。
DSC_0438.JPG
津波避難マップ。
これがあったのは「海とのふれあい広場」。要するに公園です(^^)

DSC_0458.JPG
希望のクスノキ。
こちらは作家の故・藤本義一氏から寄贈されました。なんでも浜風の家(阪神淡路大震災の震災孤児のための養護施設)から移植されたものだそうです。

かつてこの場所は日本製鉄(旧八幡製鉄→新日本製鐵→新日鐵住金)の製鉄所が立地していました。
この公園は当時の新日本製鐵との協力によって2000年(平成12年)に開設、その後2009年(平成21年)にシャープが進出しました。
DSC_0468.JPG
管理棟とトイレ。

DSC_0478.JPG
モニュメント。
何にモニュメントかと調べると、どうやら製鉄所でくず鉄を入れて運ぶために使う容器だそうです。

DSC_0486.JPG
園内案内図。
バーベキュー広場に運動広場、ドッグランとレクリエーションには素晴らしい設備が勢揃いです(*´∀`*)

平日にもかかわらず、多くの人で賑わっていました。
こういう憩いの場はなかなかいいものです。
DSC_0474.JPG
シャープ堺工場。
数年前にシャープの本社機能も移転し、名実ともにシャープの中枢的存在です。

DSC_0573.JPG
近畿圏臨海防災センター。
定期的に訓練が行われており、いずれ起こりうる大規模災害に備えています。

シャープ堺工場・堺ディスプレイプロダクトの西側は広大な空き地が広がっています。
その空き地に今、クボタの新研究拠点の建設が進んでいますが、その話は別の記事でしますm(_ _)m

ちょっと寒くなってきましたが、やはりバイクはいいもんですね!(*´∀`*)
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする