2020年10月20日

和泉葛城山(2020年10月)

こんばんは!(*´∀`*)
昨日はハイランドパーク粉河から和泉葛城山へ向かう所まで取り上げてきました。

今日はそこから走っていきます。
DSC_0686.JPG
和泉葛城山の看板。
ヘアピンカーブに急勾配とバイクで走るには楽しすぎる所です(^_^)/

そこから少し走ると和泉葛城山の山頂にあたる「葛城山園地」が見えてきます。
DSC_0699.JPG
和泉葛城山・山頂。
ハイキング客が多くいました。

DSC_0705.JPG
紀の川市の市街地を望む。

DSC_0717.JPG
今回は行きませんでしたが展望塔と龍王神社があります。

DSC_0723.JPG
案内図。
元々頂上にも売店があったようですが、とうの昔に閉鎖されていました。

和泉葛城山は標高858m、本州最南端のブナ林があることで有名です(*^_^*)
と言いつつも、バイクで走るのに夢中で注目してなかったのが本当の所です^^;

和泉葛城山の山頂付近を走り抜けて、本来なら貝塚の蕎原(そぶら)の方へ出ようと考えていたのですが生憎通行止め・・・・・
予定を急遽変更し、紀の川市の名手方面へ抜けていくことにしました。
DSC_0725.JPG
途中の「天空の村」では柿がたわわに実っていました(*^^*)

ヘアピンカーブ、急勾配でブレーキが壊れてしまわないかヒヤヒヤしながら、なんとか平地へ・・・・・
DSC_0746.JPG
切畑の集落を抜けて、次の目的地へ向かいます。

この辺りは日本で初めて全身麻酔による手術に成功した「華岡青洲」の生まれ故郷ですが、次回は道の駅「青洲の里」を取り上げていきます。
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月19日

ハイランドパーク粉河(2020年10月)

こんばんは!(*´∀`*)
昨日は年末のツーリングに向けて「練習」がてら、紀泉高原スカイラインを走破してきました。

グリップを持つ手が冷えてきたなと思ってきた頃合いに「ハイランドパーク粉河」が見えてきました。
ハイランドパーク粉河はキャンプ場、展望台、売店などで構成された複合施設で、紀泉高原スカイラインの要所でもあります。
DSC_0544.JPG
紀の川市方面を望む。

DSC_0567.JPG
素敵な風景です・・・・・(^_^)

DSC_0555.JPG
案内板。
この辺り一帯は「近畿自然歩道」として位置づけられており、ハイキングコースのようです。

DSC_0560.JPG
総合管理棟。
1階に管理事務所と売店(地元の農産物が豊富に売られていました!)、2階に食事処がありました。

日曜日ということだけあり、多くのハイキング客で賑わいを見せていました。
(中には自転車で登ってきた親子連れがいることにも驚きました!)
総合管理棟2階の食事処「ゆたか茶屋」はうどん・そばといった麺類やカレーライス、そして喫茶メニューが揃っていました。
DSC_0078.JPG
今回はきつねうどん(650円)と焼きおにぎり(150円)を頂きました。
体が相当冷えていたので、温かいものは実にありがたいものです(*´∀`*)

DSC_0562.JPG
展望台。
DSC_0579.JPG
せっかくなので展望台に登ってみます。
大人200円を改札機で払い、階段を登ると・・・・・

DSC_0599.JPG
関西国際空港。

DSC_0646.JPG
大阪市内を望む(その1)。
あべのハルカスが見えます。

DSC_0656.JPG
大阪市内を望む(その2)。
大阪府咲洲庁舎(コスモタワー)がよく見えます(*^_^*)

ハイランドパーク粉河を出発し、次の目的地である和泉葛城山頂を目指します。
150ccスクーターの力強いエンジン音が実に心強く思えたのでした。
DSC_0676.JPG
ここから和泉葛城山を目指します!
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月17日

道の駅くしがきの里(2020年10月)

こんばんは!(*´∀`*)
前回、天野山金剛寺を取り上げたわけですが、この後鍋谷トンネルを(ビビりながら)走り抜けて、「道の駅くしがきの里」へ立ち寄りました。

この道の駅が立地する和歌山県伊都郡かつらぎ町の四郷地区では「串柿」の生産が盛んで、秋になると柿の実がオレンジ色に染まります。
DSC_0022.JPG
柿。
「柿食えば鐘が鳴るなり・・・」という一句を思い出す方もいるかもしれませんが、実に美味しそうですね!

その四郷地区の活性化を目的に2016年(平成28年)11月にプレオープン、2017年(平成29年)4月に鍋谷峠道路の開通にあわせてグランドオープンしました。
DSC_0518.JPG
物産販売施設。
木のぬくもりを感じられる建築で、柿製品はもちろん農産品やその加工品が多数売られています。

DSC_0531.JPG
パン工房。
今回は買いませんでしたが、水を一滴も使わずに作り上げるメロンパンが名物だそうです(*´∀`*)

DSC_0533.JPG
レストラン。
こちらの名物は「カレーそば」(600円)、ということで・・・・・

DSC_0070.JPG
頂きました(^o^)
とろみのあるカレー出汁と蕎麦がよく合います。柿の葉すし(300円)もなかなかです。

DSC_0539.JPG
鍋谷峠を越えた後、越える前の休憩場所として、なかなかの人気を博しているようです。
(峠の茶屋みたいな雰囲気ですね。)

因みに定休日は物販販売施設とレストランが月2回水曜日、パン工房が毎週水曜日とのことで、それに当たるとトイレのみの利用になりますm(_ _)m
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする