2020年10月12日

まほろば奈良のターミナル「大和西大寺駅」周辺(2020年9月)

こんばんは!(*´∀`*)
今日は奈良有数のターミナル駅・近鉄大和西大寺駅周辺を見ていきます。
DSC_0518.JPG
左からならファミリー(近鉄百貨店奈良店・ イオンスタイル奈良)、中程はサンワ西大寺東町ビル、そして右側は南都銀行西大寺駅前ビル。
オフィスビルが駅前に複数建ち並んでいます。

DSC_0528.JPG
サンワシティ西大寺。
こちらはショッピングモール兼オフィスビルといった趣です。大和西大寺は奈良の副都心的な要素がありそうですね。

DSC_0533.JPG
駅周辺では土地区画整理事業が進んでいます。
大和西大寺駅の南北通路が部分的に完成しています。

DSC_0537.JPG
土地区画整理事業(近鉄西大寺駅南土地区画整理事業)は総面積が30ヘクタール、現在はロータリーの建設工事が進んでいました。

DSC_0539.JPG
南北のロータリーの図面が入っていました。
やはり南側の方が大きいようですね。

DSC_0553.JPG
南口のバスターミナル。
バス乗り場の屋根が取り付けられ始めましたが、舗装はまだのようです。

恐らく現在北側にあるバスターミナルが南側に移設されるようです。確かに現状のバスターミナルは少し狭い印象があります・・・・・
DSC_0543.JPG
北口のバスターミナルの駅舎。
周辺は交通量も多く、少し窮屈です。

DSC_0548.JPG
新改札口。
2020年(令和2年)4月より供用が始まりました。

DSC_0554.JPG
発車標も方面別に分けられており、分かりやすいです。

大和西大寺駅の由来は、駅のすぐ近くにある「西大寺」が由来です。
西大寺は真言律宗の総本山であり、南都七大寺の一つとして栄えてきました。
saidaiji.JPG
西大寺、立派な寺です。
(今回は訪問しなかったのでGoogle Earthで)

大和西大寺駅からバスで少し行けば、秋篠宮家の由来となった「秋篠寺」や復元された大極殿が見事な旧平城京跡があり、見どころは多そうです。
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月05日

変化する東岸和田駅前(2020年9月末)

こんばんは!(*^_^*)
今年の岸和田はだんじり祭りが実質中止となり、ちょっとさみしい雰囲気があります。

来年こそは盛大にやってもらいたいと思います。
さて、そんな岸和田の玄関口といえば南海は岸和田駅、JRは東岸和田駅。今回は東岸和田駅の周辺を取り上げていきます。
DSC_0663.JPG
JR東岸和田駅。
2017年(平成29年)10月に上下線共に高架化されました。駅舎の庇が「だんじり屋根」をイメージしたものになっています。

DSC_0609.JPG
左側が図書館・市民センター・クリニック等が入るリハーブ東岸和田。
右側がマスターズマンション東岸和田駅前(高齢者向けマンション)。

1987年(昭和62年)から東岸和田駅前では再開発の機運が持ち上がり、一時は近鉄百貨店や京阪百貨店の出店も取り沙汰されました。
しかしながらバブル崩壊で計画が思うように進まず、完成したのは2010年(平成22年)10月。おおよそ23年もの月日を要しました。
(再開発はなかなか時間がかかるものです・・・)
DSC_0606.JPG
リハーブ東岸和田。
愛称は公募で決定され、意味としては再生の「Re」と、この建物が立地する「土生町」を掛けたものだそうです。
(ちょっとシャレが入ってますね^^)

DSC_0612.JPG
東岸和田駅西口には「ホテルルートイン大阪岸和田-東岸和田駅前/関西空港」が2019年(令和元年)9月にオープン。
客室数は230室、岸和田市内では最大のホテルです。

東岸和田といえば泉州の皆さんなら「トークタウン」や「サティ(イオン」があったことでお馴染みかもしれません。
しかしながら、惜しまれつつどちらも2020年(令和2年)8月31日を以って閉店。2023年(令和5年)に再度開店の予定です。
(併設のワーナー・マイカル・シネマズ東岸和田は2008年(平成20年)に閉館、現在は葛城病院が立地しています。)
DSC_0643.JPG
マンションやドラッグストア・スーパーマーケット等が多く出店しており、暮らす上では非常に便利な街だと言えます。
DSC_0653.JPG
スーパーサンエー。
同じ名前のスーパーが宮城県内と沖縄県内にもありますが、全く無関係です。

DSC_0658.JPG
左側のマンションが「マスターズ東岸和田駅前」、右側のマンションが「プレミスト東岸和田駅前スイートスクエア」。
少子高齢化時代ですからマスターズのような高齢者向けマンションと、クリニックモールのあるビルがほぼ一体化したような所が流行ってくるんでしょうね。

DSC_0604.JPG
駅前ロータリーからバス(南海ウイングバス南部)が発着するようになり、非常に便利になりました!
東岸和田駅から岸和田駅までは1時間3本とそれなりの本数が確保されています。

日根野駅に続いて、東岸和田駅もバブル期のような華美な計画とまでは至りませんでしたが、しっかりと堅実な計画によって利用者本位の街づくりが出来ていると感じます(*^_^*)

そう来ると、次は和泉府中駅前もそろそろ取り上げたいところです(いつにしようかなぁ・・・)
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☔| Comment(0) | 街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月04日

里外神社(2020年9月)

こんばんは(*´ω`*)
泉州の神社巡り、今回までで結構な数を巡ってきたように思えます。
・春日神社(春木)(和泉市)
・泉穴師神社(泉大津市)
・積川神社(岸和田市)
・岸城神社(岸和田市)
・感田神社(貝塚市)
・脇浜戎大社・高龗神社(貝塚市)
・日根神社(泉佐野市)
・蟻通神社(泉佐野市)
・泉州航空神社(泉佐野市)
・茅渟神社(泉南市)
・岡中神社(泉南市)
・鹿島神社(泉南市)
・信達神社(泉南市)
・波太神社(阪南市)
・指出森神社(阪南市)
・鳥取戎神社(阪南市)
・加茂神社(阪南市)
・船守神社(泉南郡岬町)

おおよそ20社近く参拝してきたことになります。我ながらにして感心しています(^^)
さて、今回は大阪府泉南市の里外神社です。里の外と書いて「りげ」と読みます。
DSC_0836.JPG
風情のある石鳥居がお出迎え。

DSC_0840.JPG
参道から眺める拝殿。
そして手水舎が左側に並び、実に綺麗な境内です(*´∀`*)

里外神社の創建年は仁徳天皇年間(西暦313年〜399年)とされ、主祭神は当初機織の守り神である呉服大明神をお祀りしていたそうですが、素戔嗚尊、つまりスサノオをお祀りしています。
DSC_0850.JPG
境内から境外を望む。
昔ながらの町といった雰囲気です。

DSC_0894.JPG
摂社は左から琴平神社、住吉神社、淡島神社の順番に鎮座しています。

DSC_0865.JPG
東側の石鳥居。
ここを通り抜けると石祠があります。

DSC_0863.JPG
拝殿。
柱は朱色で彩られており、実に壮麗です。建設されたのは最近のような雰囲気があります。
拝殿の置くには本殿があり、こちらは江戸時代前期末から中期頃に建てられたものだそうです。

DSC_0887.JPG
やぐら小屋。
岡田西組・陸宮本・岡田中組・岡田北組の4組のやぐらが仲良く並んでいます。

DSC_0886.JPG
社務所。
ラベル:里外神社 泉南市
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする