2020年07月31日

りんくうプレミアム・アウトレット第5期計画(Part 11)

こんばんは!(*´ω`*)
昨日は「りんくうプレミアム・アウトレット第5期は8月12日オープン!ヽ(=´▽`=)ノ」という記事を執筆しました。

今日はその現場にさっそくお邪魔しました!
と言っても、シンボル緑地とシーサイド緑地を結ぶシーサイドウォークが7月29日から開通しており、そこからの眺めではありますが^^;
【建築のお知らせ】
・敷地の地名・地番:泉佐野市りんくう往来南3-15、3-42、3-43、3-60、3-61、4-1の一部、4-17、7-6の一部、14-1の一部
・建築物の用途:店舗、バス停屋根
・高さ:最高高さ17.7m
・構造:店舗 鉄骨造3階、バス停屋根 アルミニウム合金造
・敷地面積:55,657.69平方メートル
・建築面積:15,021.73平方メートル
・建築主:三菱地所・サイモン株式会社
・設計者:株式会社三菱地所設計
・施行:鹿島建設株式会社

DSC_0020.JPG
シーサイドエリア(第4期・第5期)。

DSC_0037.JPG
既に外内装ともに完成し、あとは8月12日の開業を待つのみです!

DSC_0039.JPG
接続部もキレイに処理されています。

DSC_0050.JPG
1階部分も連続性を持たせています。
あとはフェンスを外すだけです。

DSC_0065.JPG
第1期〜第3期部分より。
かつて歩道橋があった部分は通行止めになっています。

DSC_0090.JPG
2階部分より。
既に椅子などの据え付けや植栽等も終わっているようです。

それでは開通したてのシーサイドウォークの方からも見ていきましょう。続きを読む
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 都市開発(泉州・りんくう) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月30日

りんくうプレミアム・アウトレット第5期は8月12日オープン!ヽ(=´▽`=)ノ

こんばんは!(^o^)
ここ最近、天気が不安定なのと、大切な用事が控えている影響でなかなか取材に出れていません。

とはいえ、梅雨明けも間近。
そろそろ取材を再開したいと思いつつ、新型コロナの兼ね合いもあり苦慮している自分がいます。

さて、今日はそんな中で素晴らしいニュースを持ってきました。
当ブログが予てから取材を続けてきた「りんくうプレミアム・アウトレット第5期」(新エリア)が8月12日にオープンします!(*´ω`*)
りんくうプレミアム・アウトレット 第5期開業 西日本最大のアウトレットへ 敷地内に初のグランピング施設も登場 緑あふれる「シーサイドアウトレット」誕生 2020年8月12日(水)開業 」(三菱地所・サイモン、2020年7月29日)
DSC_0863.JPG
第5期全景(2020年6月撮影)。
リゾート感満載のアウトレットです!

まずは施設概要から。
【施設概要】
・店舗数:約250店舗(新エリアは48店舗)
・敷地面積:約13万2200平方メートル(新エリアは約4万5700平方メートル)
・商業施設面積:約5万100平方メートル(新エリアは約1万3200平方メートル)
・駐車場台数:約3200台(新エリアは約300台)
・階数:2階(一部3階)

神戸三田プレミアム・アウトレットや三井アウトレットパーク滋賀竜王を抜いて、西日本最大のアウトレットモールに進化します。
今回新エリアに出店するのは48店舗、その他にグランピング施設の『スノーピーク モバイルハウス「住箱―JYUBAKO―」』も出店します。

りんくうタウンでグランピングといえば、SENNAN LONG PARK(当ブログでも積極的に取材してきましたが)の「URBAN CAMP HOTEL Marble Beach」ですが、ここりんくうプレミアム・アウトレットでも隈研吾とスノーピークが共同で開発したモバイルハウス「住箱」を5室分設置する形でグランピング体験が楽しめるようになります!ヽ(=´▽`=)ノ
DSC_0862.JPG
住箱らしきものが置かれています(2020年6月撮影)。

出店する店舗名等は公式のプレスリリースを見ていただく方が良いと思いますが、その中でも関西のアウトレット初出店としては・・・・・
・アレキサンダーワン(ファッション)
・ニューエラ(ファッショングッズ)
・ペットパラダイス(ペットグッズ)
・ラ ミゾーラ(期間限定)
・マーク・アンド・ロナ(期間限定)
・ブロイル(飲食店)
・こめらくお茶漬けと、いろどり唐揚げ。(飲食店)
・パンダエクスプレス(飲食店)
・ポタメルト(飲食店)
・スノーピーク イート(飲食店)

上記の10店舗が決定しています。

また敷地内にはバスターミナルが設置され、関西空港からの「スカイシャトル」や徳島方面・泉北方面からのリムジンバス、りんくうタウン内を走る路線バスが乗り入れを予定しています。
(今のバスのりばは狭くて危ないので、ちょうどいい機会かもしれません。)
当面は外国人観光客の訪問が難しい状況であり、国内客を如何に取り込むかが課題になりそうです。
しかしながら、SENNAN LONG PARKの開業により、りんくうタウンエリアが「手軽なリゾート地」としての認知が進みつつあり、その観点から考えるといい時期に開業したと考えても過言ではないと思います(*´ω`*)

8月12日、開業したらアメリカンな中華料理「パンダエクスプレス」でオレンジチキンでも食べてみたいですね^^;
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 都市開発(泉州・りんくう) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月10日

ゆめみヶ丘岸和田も開発中(2020年7月・後編)

こんばんは!(*´∀`*)
昨日の「前編」に続いて、今日も「ゆめみヶ丘岸和田」の今を取り上げていきたいと思います。
DSC_0465.JPG
興徳クリーナー(中間処理・リサイクル会社)本社。

DSC_0474.JPG
宮野医療器MSCイースト70・大阪南第二営業所。
こちらは医療機器商社の流通拠点として活用されています。
DSC_0524.JPG
別の角度から。

DSC_0476.JPG
藤崎エンジニアリング(各種プラン卜製造会社)。

DSC_0515.JPG
松浪硝子工業(ファインガラス製造会社)。
顕微鏡のカバーグラス、液晶パネル用の基板ガラス等を製造しています。

DSC_0492.JPG
株式会社イケ(金属加工会社)。
こちらは主にクボタに部品を納入している会社だそうです。

今回取り上げた会社以外にも
・株式会社樂/有限会社コウシン設備(ダクト製造会社)
・株式会社廣野鐵工所(金属部品製造会社)
・株式会社三興製作所(スプロケット製造会社)
・株式会社利晃製作所(空調用配管加工会社)

等が進出し、事業を展開しています(*´∀`*)

ここまでは業務エリアを取り上げてきましたが、住宅エリアも順調に工事が進んでいます。
DSC_0538.JPG
一条工務店(ハウスメーカー)が一括で開発を進めています。
全175区画の計画で既に48区画が成約しています(2020年7月5日現在)。

DSC_0541.JPG
遊歩道も整備され、広々とした雰囲気です。

DSC_0547.JPG
この道をずっと進むと山直方面へ出ることが出来ます。

DSC_0552.JPG
ずっと走っていくと三輪福の井坂酒造場が。
古き良き町並みが広がります。

ゆめみヶ丘岸和田、順調に開発が進んでいるようで何よりです(^o^)
1年後は更に変化しているのは間違いなさそうですね!
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 都市開発(泉州・りんくう) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする