2020年07月09日

ゆめみヶ丘岸和田も開発中(2020年7月・前編)

こんばんは!(*´∀`*)
岸和田は今、海は「ちきりアイランド」、山は「ゆめみヶ丘岸和田」と開発が進みつつあります。
(ちきりアイランドに関しては「ちきりアイランド、絶賛開発中!(2020年6月・前編)」「ちきりアイランド、絶賛開発中!(2020年6月・後編)」をご覧ください!)

今日は山側の「ゆめみヶ丘岸和田」です。
DSC_0396.JPG
大阪外環状線の南側でも開発が進んでおり、既にコンクリート用型枠メーカーの高洋商会が進出しています。
従来は北側がメインでしたので、広がりつつあることが分かりますね。

DSC_0407.JPG
すっかり工業団地らしくなりました。
ほんの10年前までは近畿職業能力開発大学校位しかなく、長閑な場所だった事を考えると大きな変化です。

yumemigaoka_before.JPG
2010年3月時点のゆめみヶ丘岸和田。

DSC_0395.JPG
西田機械工作所の新工場の工事が進んでいます。
鉄骨建方は大方終わっているようです。

DSC_0385.JPG
「開発行為等のお知らせ」(建築計画のお知らせ)。

『開発行為等のお知らせ』(抜粋)
・開発区域の地名及び地番:岸和田市稲葉町2086番外25筆(保留地)
・開発区域面積:16,625.20平方メートル
・用途:機械製作工場
・目的:自己用
・階数:地上2階
・構造:鉄骨造
・棟数:5棟
・敷地面積:16,625.20平方メートル
・建築面積:8,599.59平方メートル
・延べ面積:11,327.26平方メートル
・最高の高さ:14.08m
・開発者(建築主):株式会社西田機械製作所
・工事施工者:花谷建設株式会社(労災保険関係成立票より確認)
・工事予定期間:2019年11月1日から2020年10月31日

DSC_0406.JPG
協和化工岸和田工場(プラスチック加工業)。

DSC_0426.JPG
林金属(金属加工業)。

DSC_0434.JPG
横河ブリッジ(鋼製橋梁メーカー)。
ゆめみヶ丘岸和田で進出する企業の中では宮野医療器と並んで売上高で言えば最大手にあたります。
※注釈:横河ブリッジ(単体で719億4800万円(2019年))、宮野医療器(単体で1089億8957万8000円(2018年))続きを読む
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 都市開発(泉州・りんくう) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

ちきりアイランド、絶賛開発中!(2020年6月・後編)

こんばんは!(*´∀`*)
今日も大阪・岸和田市の沖合で開発が進む「ちきりアイランド」を取り上げていきます。

前編から見てもいいですし、後編だけ見るのも十分にありです(^o^)

早速、本題に移ります。
DSC_0045.JPG
榎本金属製作所の北側、こちらはセンシューの工場予定地です。

『開発行為等のお知らせ』(抜粋)
・開発区域の地名及び地番:岸和田市岸之浦町13番9
・開発区域面積:10,713.79平方メートル
・用途:工場(事務所付)
・目的:自己用
・階数:地上2階
・構造:鉄骨造
・棟数:1棟
・敷地面積:10,713.79平方メートル
・建築面積:3,974.24平方メートル
・延べ面積:4,481.64平方メートル
・最高の高さ:11.66m
・開発者(建築主):株式会社センシュー
・工事施工者:大東工機株式会社
・工事予定期間:令和元年9月15日から令和2年10月31日

DSC_0054.JPG
開発行為等のお知らせ。

DSC_0066.JPG
工場となる部分の鉄骨が組まれています。
2021年(令和3年)1月の稼働開始を目指しています。

DSC_0107.JPG
続いては菰下鎔断の新工場予定地です。

DSC_0102.JPG
今年9月の着工のため、まだ動きはありません。

『開発行為等のお知らせ』(抜粋)
・開発区域の地名及び地番:岸和田市岸之浦町13番13
・開発区域面積:13,028.15平方メートル
・用途:工場
・目的:新工場建設
・階数:地上3階
・構造:鉄骨造
・棟数:4棟
・敷地面積:13,028.15平方メートル
・建築面積:7,110.38平方メートル
・延べ面積:6,864.60平方メートル
・最高の高さ:19.04m
・開発者(建築主):株式会社菰下鎔断
・工事施工者:未定
・工事予定期間:令和2年9月1日から令和3年8月31日

さて、ここで概ね進出工場が出揃いましたので、どの区画にどの会社が来るかをまとめてみます。
chikiri.png
第2期製造業用地の区画図(https://www.city.kishiwada.osaka.jp/soshiki/43/chikiri2kikoubo.htmlより引用)

【進出企業の区画】(第2期製造業用地の区画図を参照)
・内藤工機→カ区画
・榎本金属製作所→キ区画
・センシュー→タ区画とソ区画
・菰下鎔断→ス区画とセ区画

chikiri_2.png
赤枠で囲った区画が残った区画。
こちらも既に進出企業は決定しています。

今回取材分以外でインターネット上から拾った情報や建設通信新聞の情報(大阪版・2018年8月21日11面)を合わせると、以下の通りになります。
【進出企業の区画】(第2期製造業用地の区画図を参照)
・内藤工機→カ区画
・榎本金属製作所→キ区画
・センシュー→タ区画とソ区画
・菰下鎔断→ス区画とセ区画
・トップシーン→シ区画
・大利興産→チ区画
・岸和田製鋼・岸和田金属(?)→ク区画・サ区画・ケ区画・コ区画

岸和田製鋼・岸和田金属については情報が有料版でしか見当たらず、敷地面積等の状況証拠から区画を推測しました。

ますます発展を続けるちきりアイランド、定期的に観察したいと思います。
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 都市開発(泉州・りんくう) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月03日

ちきりアイランド、絶賛開発中!(2020年6月・前編)

こんばんは!!(*´∀`)
今年の岸和田だんじり祭、やはり中止が濃厚だそうで正直残念です・・・・・(´;ω;`)
このご時世仕方がないかもしれませんが、私としては「ここまでやらなきゃいけないのかなぁ・・・」という思いはあります。

それはそうとして、今日はその岸和田の沖に浮かぶ「ちきりアイランド」のお話です。
DSC_0991.JPG
まずは内藤工機の新工場から。
既に完成していました。

『開発行為等のお知らせ』(抜粋)
・開発区域の地名及び地番:岸和田市岸之浦町13番8
・開発区域面積:3,236.79平方メートル
・用途:工場・事務所
・目的:移転による新築
・階数:地上2階
・構造:鉄骨造
・棟数:2棟
・敷地面積:3,236.79平方メートル
・建築面積:1,330.65平方メートル
・延べ面積:1,428.68平方メートル
・最高の高さ:10.71m
・開発者(建築主):株式会社内藤工機
・工事施工者:阿比野建設株式会社
・工事予定期間:令和2年2月1日から令和2年7月31日

DSC_0006.JPG
開発行為等のお知らせ。

DSC_0002.JPG
事務所も設けられています。

DSC_0041.JPG
お次は内藤工機の東隣、榎本金属製作所の工場予定地です。
まだ更地の状態です。

『開発行為等のお知らせ』(抜粋)
・開発区域の地名及び地番:岸和田市岸之浦町13番9
・開発区域面積:3,198.19平方メートル
・用途:工場
・目的:工場新築
・階数:地上1階
・構造:鉄骨造
・棟数:1棟
・敷地面積:3,198.19平方メートル
・建築面積:1,022.85平方メートル
・延べ面積:992.25平方メートル
・最高の高さ:9.060m
・開発者(建築主):株式会社榎本金属製作所
・工事施工者:岩出建設株式会社
・工事予定期間:令和2年6月1日から令和2年10月31日

DSC_0040.JPG
開発行為等のお知らせ。

DSC_0052.JPG
工期は比較的短いようです。

DSC_0016.JPG
遊歩道も整備されています。
散歩道には最適と思う反面、岸之浦大橋の勾配が少ししんどい気がします。

DSC_0028.JPG
工場が続々を建設されていく予定です。

ちきりアイランドに最初の工場が完成したのは2009年、以来着実に成長し続けてきました。
これからの成長が一層楽しみな街の一つです(*´∀`)

次回も後編、お付き合いください!m(_ _)m
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 都市開発(泉州・りんくう) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする