2020年08月31日

三宮レボリューション!「雲井通5丁目再開発(第一期)」

こんばんは!(*´ω`*)
今日は8月最後の記事として西の港町・神戸の三宮で進む「雲井通5丁目再開発(第一期)」計画を取り上げていきます。

神戸といえば、かつて「株式会社神戸市」と称されたほどに積極的な再開発で知名度を上げてきました。
ここ最近は動きが大阪に比べると静かでしたが、ここ数年は再び計画が進みつつあります。今回ご紹介する「雲井通5丁目再開発(第一期)」もその一環です(*^_^*)
【当記事の出典】
神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 特定事業参加者及び特定業務代行者募集要項」(雲井通5丁目再開発株式会社・PDF、2020年8月6日)
三宮再開発のツインタワー1期 総事業費1千億円」(神戸新聞、2019年11月11日)

kobe1.JPG
予定地(Google Earthより)。
中央区役所や勤労会館・サンパル・東横インを再開発する形で進む予定です。

kobe2.JPG
高さは約163m、三宮エリアでは最も高いビルになる予定です。

【建物概要】
・敷地面積:約8,226平方メートル
・建築面積:約8,040平方メートル
・延床面積:約96,700平方メートル
・建蔽率:約98%
・容積率:約1,009%
・構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造
・階数:地上32階、地下2階
・高さ:約163m
・主要用途:店舗、事務所、ホテル、駐車場、公益施設(劇場(ホール)、図書館、バスターミナル等)

オフィスとホテル、そしてバスターミナル・図書館・ホールを中心とした超高層ビルになる予定です。
kobe3.jpg
完成予想図。

第二期も予定されていますが、今回は第一期に焦点を合わせて取り上げていきます。
【フロア構成】
・24階〜30階:ホテル
・11階〜23階:事務所
・10階:ホテル(ロビー)
・9階:創造支援機能(リハーサル室・練習室等)
・7階・8階:図書館(新三宮図書館)
・4階〜6階:劇場(ホール)、創造支援機能(リハーサル室・練習室等)
・1階〜3階:バスターミナル、店舗
・地下1階:店舗
・地下3階〜2階:駐車場、車寄せ

雲井通5丁目再開発の「特定事業参加者及び特定業務代行者募集要項」では32階建てとなっていましたが、神戸新聞の記事では30階建てで表記されていました。
事業協力者は三菱地所を中心に三菱倉庫・神鋼不動産・東畑建築事務所・再開発評価の5社による共同体。基本設計はこの5者を中心に進められていると考えられます。

特定事業参加者は再開発ビルの保留床を取得し、オフィスやホテルの誘致を進めたりする役割、特定業務代行者が実施設計を行った上で再開発ビルの工事を進めていきます。

西日本最大級のバスターミナルが出来るという事だけでも、バスファンの私にとってはワクワクすることですが、それに加えて大型オフィスビル・上質なホテルが出来るというのも楽しみです(*´∀`*)
気になるスケジュールとしては・・・
・2020年末頃:事業施行認可申請
・2020年度末頃:事業施行認可
・2021年度:権利変換計画認可
・2021年度末以降:土地・建物の明渡
・2022年度以降解体・新築工事着手
・2026年度:完成予定

第一期は2026年度の完成を目指しています。

大阪・関西万博から少し経った頃に出来るということですから、大阪・夢洲のIR計画もその頃に完成し、相乗効果が狙えるかと期待しますね(*^_^*)
そして政府が進める予定の大阪・福岡の国際金融拠点構想、三井住友フィナンシャルグループが進める予定の起業拠点も同じく、この再開発にとって推進していく大きなファクターになってくると考えています。
政府、大阪と福岡に国際金融拠点 災害・コロナ対応で地域分散」(大阪日日新聞・2020年8月18日)
三井住友FG、神戸に起業支援拠点 来月1日に開設」(日本経済新聞・2020年8月22日)


まずは神戸阪急ビル東館、そして三宮からほど近い新港突堤西地区再開発の成功が鍵となってくるのは間違いなさそうです。
DSC_0688.JPG
神戸阪急ビル東館(2020年7月撮影)

DSC_0382.JPG
新港突堤西地区再開発(2020年7月撮影)
左側のビルがジーライオン本社ビル、右側のビルがフェリシモ本社ビル(2020年7月撮影)。
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 都市開発(近畿圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月24日

ホテルルートイン紀の川(2020年8月)

こんばんは!(*´∀`*)
毎日35度を超える酷暑ですが、皆さんは体調は如何でしょうか?

今年の夏は実におかしな夏だとつくづづ思います・・・・・
さて今日は和歌山県紀の川市で建設予定の「ホテルルートイン紀の川」です。

恐らく当ブログが初めて建設場所を明らかにします!
早い話が「独占情報」ですヽ(=´▽`=)ノ
【出典】
新規オープンホテル情報」(ルートインジャパン・2020年7月15日)

【施設概要】
・所在地:和歌山県紀の川市中井阪(番地不詳)
・敷地面積:7,233.02平方メートル
・客室数:225室
・開業時期:2021年

kinokawa_2.JPG
位置図。
赤い丸で囲った部分が予定地です。

kinokawa_1.JPG
2019年(令和元年)9月時点の当該地のストリートビュー。
事業用貸地の看板が立っていることから、その後でルートインジャパンが契約を結んだようです。

DSC_0006.JPG
予定地には大型ホテル建設予定地の看板が立っています。

DSC_0009.JPG
建機が何台が運び込まれています。

DSC_0016.JPG
工事はまだ始まっていないようです。

周辺は田園地帯という事で駐車場はかなり広めに取られると思われます。
紀の川市はパナソニックやアイコム、総合車両製作所、中部抵抗器等の企業が進出し、それらの出張需要を取り込めると判断したようです。
プラスアルファでインバウンドも見込める立地なのも大きいようですね。
(山を一つ超えれば関空ですし・・・・・)

同じような条件のホテルルートイン和泉も盛業中の事から、こちらもなかなか期待ができそうです。
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 都市開発(近畿圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月18日

神戸阪急ビル東館(2020年7月)

こんばんは!!(^o^)
今日は現在、阪急神戸三宮駅に建設中の「神戸阪急ビル東館」を取り上げていきます。

昨年11月末に取材に行って以来、約半年ぶりです。
2021年(令和3年)の春完成に向けて、もうかなりの高さまで達していました!
DSC_0642.JPG
左側が神戸阪急ビル東館、右側が旧三宮ターミナルビル(現在解体中)。

【概要】
・所在地:神戸市中央区加納町4丁目2番1号
・敷地面積:約7,100平方メートル
・延床面積:約28,850平方メートル
・階層:地下3階・地上29階
・高さ:約120m
・主な用途:ホテル、オフィス、商業施設、駅施設
・構造:鉄骨造・一部鉄骨鉄筋コンクリート造
(参照元:https://www.hankyu.co.jp/company/news/pdf/5184.pdf(PDF))
【フロア構成】
・29階(最上階):展望フロア、レストラン
・17階〜28階:ホテル(レムプラス)
・16階:機械室
・4階〜15階:オフィス
・地下2階〜3階:商業施設等
・地下2階〜2階:駅施設・駅コンコース等
・地下3階:機械室等
(参照元:https://www.hankyu.co.jp/company/news/pdf/5184.pdf(PDF))

DSC_0673.JPG
低層部は旧神戸阪急ビル東館の意匠を引き継いだデザインに仕上がっています。
25年以上の時を経て、ようやく蘇りました!

DSC_0682.JPG
高層部も低層部と違和感がない仕上がりです。

DSC_0688.JPG
全景を引き気味で。
現状(7月中旬時点)では27階〜28階までの鉄骨建方が進んでいるようです。

DSC_0662.JPG
南面は簡素な作りになっています。
これは将来的に阪急神戸三宮駅の高架にもアーチが掛かるようなデザインを想定しているとのことですが、実現は未定です。

DSC_0668.JPG
JR三ノ宮駅。
三宮ターミナルビルの解体が終わりに近づいてきました。
既に開発の内容自体は検討が進んでいるようですが、一日の早い発表に期待したいところです!

神戸阪急ビル東館と新・三宮ターミナルビルで、三宮エリアのビル群により一層ダイナミックさが加わると思います!(^o^)
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☔| Comment(0) | 都市開発(近畿圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする