2020年07月16日

新港突堤西地区再開発(後編・2020年7月)

こんばんは!(*^o^*)

神戸の新スポットになりそうな「新港突堤西地区再開発」をお伝えしています。
昨日はGLION Awa-s Building(ジーライオン本社ビル)とベイシティタワーズ神戸を取り上げました。
今日はフェリシモ本社ビルとAQUART 神戸(水族館)です。
DSC_0382.JPG
右側の鉄骨建方中のビルがフェリシモ本社ビル。

【FELISSIMO CREATIVE LABO・建物概要】
・所在地:神戸市中央区新港町112
・階数:地上9階
・構造:鉄骨造
・敷地面積:2,230平方メートル
・延床面積:8,660平方メートル
・用途:オフィス(5,210平方メートル)、クリエイティブラボ等(3,450平方メートル)
(参照元:新本社ビルを計画、19年6月に着工/新港突堤西地区第1突堤基部の複合再開発エリアに/フェリシモ (建設ニュース・2017年10月26日))

FELISSIMO.jpg
FELISSIMO CREATIVE LABO(フェリシモ本社ビル)の完成予想図。
(出典:景観デザイン協議結果(令和元年度) R01-03 FELISSIMO CREATIVE LABO(仮称) ((仮称)三宮新港町計画)(2020年7月12日閲覧))

DSC_0403.JPG
9階部分まで鉄骨建方が進んでいます。
錢高組が工事を担当しています。

DSC_0419.JPG
AQUART 神戸(水族館)の方は2020年(令和2年)1月28日から2021年(令和3年)5月31日が工期です。
こちらは大成建設が工事を担当しています。写真はありませんが、目視では基礎工事が進んでいるようです。

【AQUART 神戸・建物概要】
・所在地:神戸市中央区新港町
・階数:地上4階・地下1階
・構造:鉄筋コンクリート造
・敷地面積:5,328平方メートル
・延床面積:7,290平方メートル
・用途:水族館
(出典:景観デザイン協議結果(令和元年度) R01-11 (仮称)三宮新港町計画 文化施設棟(2020年7月12日閲覧))

AQUART.jpg
AQUART 神戸((仮称)三宮新港町計画 文化施設棟)の完成予想図。
当初のデザインより大人しめになりました。
(出典:景観デザイン協議結果(令和元年度) R01-11 (仮称)三宮新港町計画 文化施設棟(2020年7月12日閲覧))

オフィス・マンション・商業・水族館と四拍子揃った非常にバランスの取れた再開発に仕上がりつつあります。
全面的な完成は2025年頃、非常に待ち遠しくなるようなプロジェクトです!ヽ(=´▽`=)ノ
DSC_0337.JPG
少し歩けば旧居留地。
商船三井ビルディングが特に私のお気に入りです(^^)/
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 都市開発(近畿圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月15日

新港突堤西地区再開発(前編・2020年7月)

こんばんは!(*´∀`)
先週末は神戸に少しお邪魔していました。

久々に南京町で焼き小龍包を堪能し、神戸三田プレミアム・アウトレットへ高速バスを使って行ったりと、なかなか楽しませて頂きました(^o^)
今日は新港突堤西地区で進む再開発を取り上げます。
DSC_0382.JPG
左側の鉄骨建方が進む建物は「GLION Awa-s Building」(ジーライオン本社ビル)。
右側は「フェリシモ本社ビル」。

【GLION Awa-s Building・建築計画のお知らせ】(抜粋)
・建築物の敷地の所在及び地番:神戸市中央区新港町71番
・建築物の用途(名称):事務所・店舗・展示場・飲食店
・工事の種類:新築
・建築物の敷地面積:2,976.54平方メートル
・建築物の延べ面積(容積対象面積):11,359.75平方メートル(10,822.96平方メートル)
・建築物の高さ:51.99m
・接する道路の幅員:21.8m
・建築物の階数:地上10階
・着工予定:2019年9月1日
・完了予定:2020年12月25日
・建築主:合同会社デカンショライオン
・設計者:株式会社IAO竹田設計 大阪第一事務所
・工事施工者:日本建設株式会社 大阪支店

glion.jpg
「GLION Awa-s Building」完成予想図。
(出典:景観デザイン協議結果(令和元年度) R01-04 GLION本社ビル 新築工事(2020年7月12日閲覧))

DSC_0404.JPG
「GLION Awa-s Building」は最上階まで鉄骨建方が進んでいました。

DSC_0428.JPG
鉄骨建方が進めば、外壁の取り付けにフェーズが移ります。
まもなくガラスカーテンウォールのカッコいい外観が姿を見せてくれそうですね(^o^)

北側の住宅棟の方も工事が始まりました!
名称は「ベイシティタワーズ神戸」になります。
DSC_0448.JPG
8工区では杭打機を用いた地盤改良工事が進んでいました。

【ベイシティタワーズ神戸(5工区)建築計画のお知らせ】(抜粋)
・建築物の敷地の所在及び地番:神戸市中央区新港町71-3
・建築物の用途(名称):共同住宅(ファミリー347戸)、一部店舗
・工事の種類:新築工事
・建築物の敷地面積:5,300.07平方メートル
・建築物の延べ面積(容積対象面積):37,103.59平方メートル(26,425.28平方メートル)
・建築物の高さ:99.99m
・接する道路の幅員:25m
・建築物の階数:地上27階・地下1階・HP 2階
・着工予定:2019年11月中旬頃(予定)
・完了予定:2023年3月中旬頃(予定)
・建築主:住友不動産株式会社住宅分譲事業本部、関電不動産開発株式会社
・設計者:前田建設工業株式会社一級建築士事務所
・工事施工者:前田建設工業株式会社 関西支店

DSC_0449.JPG
8工区の建築計画のお知らせ。
ようやく撮影できました!(*´∀`*)

【ベイシティタワーズ神戸(8工区)建築計画のお知らせ】(抜粋)
・建築物の敷地の所在及び地番:神戸市中央区新港町71-1
・建築物の用途(名称):共同住宅(ファミリー347戸)、一部店舗
・工事の種類:新築工事
・建築物の敷地面積:5,300.07平方メートル
・建築物の延べ面積(容積対象面積):36,584.48平方メートル(26,403.66平方メートル)
・建築物の高さ:99.99m
・接する道路の幅員:25m
・建築物の階数:地上27階・地下1階・HP 2階
・着工予定:2020年5月中旬頃(予定)
・完了予定:2024年11月中旬頃(予定)
・建築主:住友不動産株式会社住宅分譲事業本部、関電不動産開発株式会社
・設計者:前田建設工業株式会社一級建築士事務所
・工事施工者:前田建設工業株式会社 関西支店

DSC_0442.JPG
オフィスビルとマンションという組み合わせのバランスが良い開発になりそうです。

次回は南側のフェリシモ本社ビルを中心にお送りします(^^)
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 都市開発(近畿圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月14日

IR候補地・和歌山マリーナシティを見る!(後編)

こんばんは!(*´∀`*)
今日も和歌山マリーナシティを見ていきます。

前回はポルトヨーロッパにある観覧車からの景色でしたが、今回は地上から見ていきます。
DSC_0593.JPG
ポルトヨーロッパの噴水。


DSC_0604.JPG
黒潮市場。
「まぐろのテーマパーク」として観光客が多く訪れています。

同市場はマグロ解体ショーが見所のマグロコーナーや新鮮な魚が手に入る物販コーナー、フードコートや海鮮バーベキューコーナー・レストラン2軒で構成される飲食コーナーの3本柱で成り立ちます。
一度入ってみたいんですが、なかなか縁がなく・・・・・^^;
DSC_0609.JPG
紀州黒潮温泉。
天然温泉(大浴場に露天風呂・サウナの三点セット!)・岩盤浴、そして湯上がりには美味しい食事が待っているということでレストランも(*´∀`*)

DSC_0616.JPG
紀ノ国フルーツ村(農産物直売所)で購入した「みかんシェイクのフロート」。
濃厚なバニラソフトと酸味の程よいみかんシェイクがよく合います(*´∀`*)

DSC_0643.JPG
和歌山県立わかやま館。
展示ホール・会議室・ドームシアターなどで構成される複合施設、その他にはトランスコスモスCRMが入居します。

DSC_0653.JPG
リゾートマンションの「ソルカサ・デル・マール」。

DSC_0700.JPG
和歌山マリーナシティホテル。
DSC_0724.JPG
この黄色い外観が印象的なこのホテル。客室数は99室、レストラン・カフェが3つ、宴会場が3つ揃うリゾートホテルです。
2015年(平成27年)には秋篠宮同妃両殿下が御宿泊になられるなど、VIPを出迎えています。

DSC_0727.JPG
東急リゾートのリゾートマンション群。
アーバンリゾートとして実は人気があるようです。

これらの施設に統合型リゾートが加われば、かなり人気のあるリゾート地に早変わりしそうですね(*^^*)
そしてアクセスを担う和歌山バスも確実に新車を入れられる位には潤うと思います。

和歌山マリーナシティ、これからも期待できそうです!
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 都市開発(近畿圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする