2018年07月10日

続・咲洲コスモスクエア地区 複合一体開発の現場を見る

昨年末にコスモスクエア駅前の再開発がアーク不動産の手で行われる事が決定しました。
初めての人はまず下記の3記事をご覧頂くと分かりやすいと思いますm(_ _)m
チェンジ!コスモスクエア駅前(咲洲コスモスクエア地区 複合一体開発)
咲洲コスモスクエア地区 複合一体開発の現場を見る(前編)
咲洲コスモスクエア地区 複合一体開発の現場を見る(後編)


この咲洲コスモスクエア地区の複合一体開発に動きがありました。
DSC_0695.JPG
大阪入国管理局の隣の区画です。

cosmo3.PNG
こちらには600戸のマンションが建設されます。

【概要】
・用途:マンション
・棟数:2棟
・階層:15階
・戸数:全600戸(各棟300戸)
・着工時期:一期 2018年度、二期 2019年度
・竣工時期:一期 2021年度、二期 2022年度

DSC_0703.JPG
「地質調査」(ボーリング調査)が始まっていました!

地質調査が始まったという事は、実際に計画が動いている証です。
DSC_0709.JPG
早ければ2018年度(2019年3月)までには工事が始まる予定です。


今年中には「建築計画のお知らせ」が外周フェンスのどこかに掲げられると思われるので、発見でき次第取り上げたいと思います(≧∇≦)
まずは第一歩です!
posted by 大阪のしろきち at 07:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 都市開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

さきしまコスモタワーから見た南港(後編)

昨日の続きです。
前回はテーマもなくざっくりと書きましたが、今回は来年の6月28日から6月29日に開催予定の「G20大阪サミット」と絡めて書いてみたいと思います。
DSC_0404.JPG
大阪府咲洲庁舎(さきしまコスモタワー)の周辺にはこのようなポスターが多く貼られていました。


来年は南港にアメリカのトランプ大統領、中国の習国家主席、ロシアのプーチン大統領、フランスのマクロン大統領、イギリスのメイ首相などといった世界的に重要な首脳達が集まって、そして世界経済や金融について話し合います!(≧∇≦)
前回、大阪で大規模な国際会議といえば1995年のAPEC(アジア太平洋経済協力会議)ですが、それを遥かに上回るレベルの国際会議になります(国内史上最大のサミット(首脳会合)です)
DSC_0469.JPG
サミット会場のインテックス大阪。
国内では幕張メッセ・東京ビッグサイトに次ぐ展示規模を誇る国際展示場です。

1号館から6号館までありますが、G20サミットでは6号館の使用が予定されています。
DSC_0571.JPG
G20サミットで使用予定の6号館。
インテックス大阪の展示場では唯一1階部分と3階部分の2層に分かれているのが特徴的です。


大阪でG20サミットが行われる理由として挙げられたのは「ホテルの多さ」。
ホテルと一口に言ってもビジネスホテルから(私が一生手が出ないような・・・・)超高級ホテルまである訳ですが、首脳陣が宿泊するのは後者の超高級ホテルです。
それもスイートルームの数の多い超高級ホテルの多さです。
DSC_0486.JPG
インテックス大阪のすぐ近くには「ハイアット・リージェンシー大阪」が。
ここも確実にどこかの国の首脳は宿泊すると思われます。


記事のタイトルからは外れてしまいますが、ちょっと地上に降りてみます(;-∀-)
DSC_0629.JPG
青空と大阪府咲洲庁舎(さきしまコスモタワー)

DSC_0633.JPG
ハイアット・リージェンシー大阪の玄関口。
G20サミット期間中は機関銃を構えた警察官が警備していて、気軽にカメラを向けられる雰囲気じゃなくなりそうです。
(そもそも咲洲にすら立ち入れないような・・・・・)

DSC_0652.JPG
インテックス大阪の玄関口。


来年のG20大阪サミットに向けて準備が進む南港(咲洲)エリア。
さて、どうなることやら・・・・・ 楽しみでもあり不安なところでもあります。
posted by 大阪のしろきち at 07:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

さきしまコスモタワーから見た南港(前編)

お久しぶりです。
こんばんは(^o^)

色々とあって、今まで更新出来ませんでしたm(_ _)m
今後はなるべく週1本以上投稿するようにしたいと思います(8月以降は資格取得の都合でそうならないかもしれませんが・・・・)

そして、大阪北部地震・西日本豪雨で被害に遭われた皆さんに心からお見舞いを申し上げます。

さて、今日は台風一過のような青空。久々に撮影意欲が湧いて、南港のさきしまコスモタワー(大阪府咲洲庁舎)へ。
DSC_0401.JPG
かつては「大阪ワールドトレードセンタービル」として多くの民間企業が入居していましたが、現在は「第二の大阪府庁」としての機能を果たしています。
それが分かる案内板ですね。

入場料大人600円(エンジョイエコカード(一日乗車券)利用の場合)を支払って、展望台へ。
DSC_0407.JPG
展望台行きのエレベーターが万博推しです(*´∀`)

エレベーターを降りてから、エスカレーターを3階分上って55階へ・・・・・
DSC_0418.JPG
台風一過のような青空(二回目)、いい眺めです!

DSC_0425.JPG
コスモスクエア駅周辺。
今はマンションと森ノ宮医療大学のキャンパスが建ち並んでいますが、2026年頃までにはアーク不動産がホテルを主体とした超高層ビルやマンションの開発を進めるとの事で楽しみなところですね(^o^)

※アーク不動産のコスモスクエア駅前周辺の開発については「チェンジ!コスモスクエア駅前(咲洲コスモスクエア地区 複合一体開発)」を御覧くださいm(_ _)m

DSC_0437.JPG
2025年の大阪万博(絶賛招致中)、IR(統合型リゾート)の候補地である夢洲。
今はコンテナターミナルですが、万博・IR誘致に成功した暁にはどんな感じになるのかが楽しみですね(*´ω`*)

DSC_0499.JPG
大阪国際フェリーターミナル。
1996年に安藤忠雄の設計によって竣工しました。現在はパンスターラインが釜山航路(週3便)、上海フェリーが上海航路(隔週1便)、日中国際フェリーが上海航路(週1便)を運航しています。

DSC_0507.JPG
旧・なにわ海の時空館。
目玉は実物大の「菱垣廻船」、ポール・アンドリューの設計で2000年に竣工・開館しましたが、立地面で不評を買い2013年に閉館。
とはいえ、最近では夢洲のIR構想と絡んで、にわかに再利用の機運が高まりつつあります(*´ω`*)

DSC_0548.JPG
海遊館・天保山大観覧車とUSJ。
大阪を代表する観光スポットが揃っています!

DSC_0564.JPG
武蔵野が桜島駅前に新築中の新ホテル。
結構高さが出ていてビックリしました。

では明日は、来年開催予定のG20大阪サミットに絡めて紹介していきたいと思います(≧∇≦)
posted by 大阪のしろきち at 21:15| 大阪 ☁| Comment(2) | 街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする