2017年07月17日

大阪湾を一周!(後編)

前日は洲本に到着した所までを書きましたが、今日は洲本市内を少し歩いてみた所から書きます。
洲本高速バスセンターの待合室を出て、少し歩くと美しいレンガ造りの建物が。

P7161030.JPG
旧鐘紡洲本工場原綿倉庫。
元々はアルファビアミュージアムだった建物で、閉館後はイベント等で活用されています。
この時はドラゴンクエストのイベントで使用されていました。


P7161044.JPG
旧鐘紡洲本工場原綿倉庫(向きを変えて)。
1909年に竣工、以来100年以上にも渡って建ち続けています。
因みに左側の銅像はドラクエの勇者が使う「ロトの剣」と盾、スライムがデザインされています(^o^)


P7161049.JPG
洲本市立洲本図書館。
こちらは第二工場をリノベーションして1998年に移転開館しました。


P7161056.JPG
移転開館当初は「洲本市立図書館」でしたが、市町村合併により今の名前に改められました。


P7161064.JPG
いやぁ、ホントに素晴らしいものです。
大阪の熊取にも煉瓦館がありますが、それに似たものを感じます。


P7161068.JPG
この地に鐘紡の工場があった事を伝える石碑。
紡績工場として1985年まで稼働していました。


P7161072.JPG
洲本アルチザンスクエア。
複合施設としてカフェや洲本市民工房等が入居しています。
こちらは第二工場の汽缶室として使用されていました。
続きを読む
タグ:洲本 淡路
posted by 大阪のしろきち at 08:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

大阪湾を一周!(中編)

(前編の最後の「今日はここまで」は撤回してもう一本・・・・・)
前回は大阪・天保山や桜島を歩きましたが、今回はいよいよ大阪から淡路島の洲本へ移動します。

P7160848.JPG
車内はトイレ付きの4列シート。
非常に標準的な車内です。


今回使用したのは阪急バス・淡路交通共同運行の「パールエクスプレス洲本号」。
大阪梅田の三番街バスターミナルを12時00分に出発し、途中淡路IC・東浦IC・本四仁井BS・北淡IC・遠田BS・津名港を経由し、14時00分に洲本高速バスセンターに到着するルートです。

車内は連休の中日のせいか見渡す限りほぼ満席。
そんな状況で12時00分に予定通りバスは三番街バスターミナルを出発しました。
P7160868.JPG
大阪ステーションシティや


P7160879.JPG
中之島のビル群を眺めて


バスは中之島西入口から阪神高速へ入りました。
12時25分頃に兵庫県に入り、12時37分に芦屋本線料金所を通過。
実はこの時点で車の動きが鈍くなり・・・・・

神戸線といえば渋滞という位に有名で、その有名な渋滞に引っ掛かってしまいました。
P7160916.JPG
一番ノッポなビルが神戸市役所です。


ようやく渋滞を抜け、月見山から第二神明道路に入れたのは13時18分の事でした。
既に本来であれば淡路島に入っている時間です^^;
須磨本線料金所を13時20分頃に通過し、13時23分頃に名谷JCTから湾岸(垂水)線へ。
実は名谷JCTから垂水JCTは阪神高速湾岸線の扱いになっています(意識しないと第二神明道路の一部だと勘違いしそうです)
P7160930.JPG
本来であれば大阪湾岸道路西伸部がここで繋がります。
が、最新の計画では神戸山手線に接続されるようになっているので、当面この部分が活用される事はなさそうです。


P7160936.JPG
この看板は唯一湾岸(垂水)線が阪神高速の一部であることを意識させてくれます。


垂水JCTを13時25分頃に通過し、13時27分頃垂水第三料金所を通過。
ここから舞子トンネルを抜けると、すぐに明石海峡大橋に入ります。
P7160940.JPG
明石海峡大橋は世界でもトップクラスの長さを誇る吊橋として有名です(^o^)
道路としての機能だけではなく水道管や送電線が敷設されており、淡路島にとって非常に大切なインフラになっています。


P7160950.JPG
淡路島が見えてきました。


13時34分頃、淡路島に上陸しました。続きを読む
posted by 大阪のしろきち at 22:17| 大阪 ☁| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪湾を一周!(前編)

こんばんは!(^o^)
7月も中盤に差し掛かり、暑さがより増してきたように思えます。

さてこの三連休、どこに行こうかと迷っていた訳ですが・・・・・
実は今回の小旅行は行く前日の夕方に決定しました(;-∀-)
行きは大阪市内から高速バスで淡路島の洲本、帰りは洲本から「深日・淡路ライナー」で帰宅するというプランで実質的な淡路島での滞在時間は2時間半。

「何のために淡路島に行ったんだよ」と突っ込まれかねないプランなのは百も承知。
だけど、どうしても行きたかった・・・・!( ;∀;)
そんな訳ではじまりはじまり〜(パチパチ)

P7160523.JPG
今回は西長堀からスタート。
何故かって、細かいことは気にしない(ヾノ・∀・`)


P7160542.JPG
伯楽橋の上から一枚。
遠くに京セラドーム大阪が見えます。


本田一丁目から天保山ハーバービレッジまでは大阪市バスで移動。
エアコンがガンガン効いたバスは実に暑い日にはありがたいものです(*´∀`*)
だいたい25分位で天保山ハーバービレッジに到着。もっとも今回のお目当てはハーバービレッジでも海遊館でもなく・・・・・

P7160590.JPG
天保山客船ターミナル。
元々は貨物上屋でしたが、改装されて客船ターミナルになりました。
ただ規模が小さい上に、老朽化が進み、バリアフリー化も難しい事から2021年頃には建て替えられる予定です。


P7160593.JPG
昨日出港したばかりでした。
惜しいっ!


天保山でのお目当ては・・・・・

P7160621.JPG
大阪市営渡船の一つである「天保山渡船場」。
対岸の桜島を無料で結んでいます。無料で!(大事なことなので二回言いました)


P7160628.JPG
それでは船に乗り込んで5分間のショートクルーズへ!(^o^)
天保山大観覧車が目立ちます。


渡船には外国人観光客が多く乗り込んでおり、自転車を持ち込んでいる人が多いようです。
対岸の桜島は少し(いや結構かな・・・・・?)歩いた所にUSJがあり、その関係で観光客が多く利用している感じです。

P7160646.JPG
天保山ハーバービレッジと天保山大観覧車。
天保山ハーバービレッジには多くの飲食店や雑貨店、そしてレゴランド・ディスカバリー・センターが入居しています。


P7160653.JPG
海遊館。
海遊館の名前は近畿圏ではお馴染みの上沼恵美子が名付け親だそうで(⌒▽⌒)
大水槽とジンベエザメが見どころです。


P7160660.JPG
キャプテンラインのキャプテン・クック。
天保山とユニバーサルシティポートを結んでいます。
一見すれば大阪市営渡船とルートがよく似ており、「誰が使うのかなぁ・・・・・」と疑問に思っていたのですが、船を降りてからユニバーサルシティへ歩くときに疑問が解消しました( ;∀;)
続きを読む
タグ:大阪 天保山
posted by 大阪のしろきち at 21:27| 大阪 ☁| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする