2017年03月01日

Peach、就航5周年!

こんばんは!(^o^)
2月もあっという間に過ぎ去って、もう3月になってしまいましたね。

私自身もまもなく卒業、そして来月からは新天地で頑張ります!
出来るだけ4月以降もブログを続けていくつもりなので、よろしくお願いしますm(_ _)m

さて、今日は3月1日。
5年前の今日は国内初の格安航空会社「Peach」の第一便が関西国際空港を飛び立った日です。

PA026836.JPG
2016年10月撮影(JA803P)、JA803PはPeach就航時に所属していた古参機の一つです。

当初は関空から新千歳・福岡の2路線で始まったPeach
今では関空からは16路線、第二拠点の那覇からも5路線(関空線除く)、全体で27路線を運航するまでに成長を遂げました。

PC289661.JPG
2016年12月撮影、夜の関空第二ターミナルに駐機中のPeach機。

更に機材面でも当初は3機で始まりましたが、これが今では18機にまで増えました!
これを2020年までに35機以上を目指すとしています(^o^)

今年の1月28日には関空の第二ターミナルが拡張し、より国際線を快適に利用できる環境になりました。
P1280116.JPG
2017年1月撮影、関空第二ターミナル(国際線)の出発口。
スマートセキュリティシステムの導入でスムーズに手荷物検査が行われる(ようです)。


先月19日、那覇−バンコク(スワンナプーム)線を就航させ東南アジアへの進出を達成しました。

4月からは親会社であるANAが66.7%出資する連結子会社になりますが、引き続きPeachは独自の運営を続ける方針です(その辺りはシンガポール航空グループのタイガーエアウェイズに似ている感じがしますね)

5年という時間は短いような長いような気がしますが、次の5年、いや10年、それよりももっと長い時間も「Peach」、そして関空の繁栄を願いつつ今日はこの辺で・・・・・

P8213654.JPG
2016年8月撮影(JA817P)、さてPeachの未来はどこへ飛んでいく?(いい方向に飛んで欲しいっ!)


(おまけ)
5年前の3月中旬に執筆した「Peach」搭乗記。
あわせてご覧くださいm(_ _)m
福岡&佐賀弾丸日帰り旅行記! 「Peach」地上〜搭乗編」(2012年3月14日)
福岡&佐賀弾丸日帰り旅行記! 「Peach」機内編」(2012年3月14日)
タグ:Peach ピーチ
posted by 大阪のしろきち at 21:53| 大阪 | Comment(0) | 航空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

りんくうタウンのホテル計画四連発!(三発目と四発目)

こんばんは!(^o^)
昨日の一発目・二発目に続き、今日は三発目と四発目を書きたいと思います。

三発目は泉佐野市から田尻町に移動して、田尻町りんくうポート北の「りんくうポート北ホテルプロジェクト」。
JCプランが建築主となって建設中のホテルです。

P2271809.JPG
鉄骨建方がかなり進み、終わりの段階に入りつつあるような印象です。


P2271810.JPG
見た感じでは6階建てか7階建てになりそうです。


P2271813.JPG
既に一部の部分では外装が取り付けられつつあります。
タイル張りになるのでしょうか?


P2271812.JPG
完成は今年の7月末。
開業は8月〜9月といった所でしょうか。


建築主のJCプラン自体が訪日中国人観光客をメインターゲットにする旅行会社だけあって、ホテル自体も中国人観光客をメインに受け入れるのではないかと思われます。

さて最後の四発目・・・・・
「それなりの」規模にも関わらず、恐らくどこのサイトにも上がっていないプロジェクトです!
P2271820.JPG
建築主はカモメツーリスト。工事施工者は高松建設です。


ここでまた計画建築物の概要(建築計画のお知らせ)を抜粋。
『計画建築物の概要』
・建築物の用途:ホテル(240室)
・敷地の地名・地番:大阪府泉佐野市りんくうポート北3-5
・敷地面積:2675.28平方メートル
・延べ面積:8457.58平方メートル
・高さ:51.56m
・階数:地上14階、地下0階
・事業主:カモメツーリスト株式会社
・設計者:高松建設株式会社大阪本店一級建築士事務所
・工事施工者:高松建設株式会社大阪本店
・工事施工予定期間:2017年4月15日〜2018年12月31日


今回はホテル・旅館建築予定のお知らせも一部抜粋。
『ホテル・旅館建築予定のお知らせ』
・建築面積:1026.61平方メートル
・構造:鉄筋コンクリート造り
・棟数:1棟


客室数が240室というのは関空周辺(泉佐野市・田尻町・泉南市)の中では、ホテル日航関西空港(576室)や関西エアポートワシントンホテル(504室)、スターゲイトホテル関西エアポート(358室)に次ぐ規模です。

P2271822.JPG
着工は今年の4月15日。竣工は来年の12月末を予定しています。


泉佐野市に負けずに田尻町もどんどんホテル計画が持ち上がっているのが分かりますね(^o^)
また泉南市も負けじとホテル誘致を表明するなど、関西空港の周辺自治体はまさしく「ホテルラッシュ」が到来しているようです。

ただ、手放しで喜べない事情もあり、激変する世界情勢も考慮する必要はありそうです(´・ω・`)
その情勢次第ではインバウンド客が減ってしまう懸念もあります。
もしインバウンド客が減った時に、これらの4つのホテルは果たして上手く客を集めることが出来るのか? 不安要素は否めません。

最後はあえて厳し目の意見で締めましたが、基本的には楽しみにしています(≧∇≦)
楽観論ばかりで考えるのは良くないですが、逆に悲観論ばかりで考えるのも良くありません。
とりあえずは全て完成するのを楽しみに待ちたいですね!

それでは今日はこの辺で失礼します(@^^)/~~~
posted by 大阪のしろきち at 19:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 都市開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

りんくうタウンのホテル計画四連発!(一発目と二発目)

こんばんは!(^o^)
今日は久々に粉河の方まで走ってきました。

途中、和歌山と大阪の日帰り温泉で休憩した訳ですが、やっぱり温泉というものはいいものです。
さてさて、りんくうタウンでは現在ちょっとしたホテルの計画ラッシュになっています。

私が把握している分では「りんくうポート北ホテルプロジェクト」だけだと思っていました。
しかし、それ以外にもホテル計画がある事を今日知ったわけです^^;

一発目は南海電気鉄道(!)がNPC24Hりんくうタウン第2パーキングの跡地に建設予定のホテル計画から!

P2271795.JPG
建築主はまさかの南海電気鉄道。


建築のお知らせ(建築計画のお知らせ)をちょっと抜粋してみます。
『建築のお知らせ』
・敷地の地名・地番:大阪府泉佐野市りんくう往来北2番85
・建築物の用途:ホテル
・高さ:20.405m
・敷地面積:4544.88平方メートル
・構造:鉄骨造6階
・建築面積:702.09平方メートル
・建築主:南海電気鉄道株式会社
・設計者:株式会社アルファワークス
・工事施工者:未定


建築のお知らせを見る限りではごくごく標準的なビジネスホテルになりそうな感じがします。
りんくうタウン駅からは約500mから約600m程度、若干距離はあるようですが許容範囲内かと思われます^^;(なお人によります)

P2271798.JPG
青色の丸で囲った建物が関西空港交通の本社。
長らくプレハブでしたが、ようやく立派な建物になりました(´;ω;`)ブワッ

南海電気鉄道が直営でやるのか、それともどこかの事業者に委託してやるのかは定かではありませんが、なかなか楽しみなプロジェクトだと言えます。

二発目はりんくうプレミアムアウトレットのすぐ近所の「りんくうプレミアムホテル」。
ここは元々「りんくうグローバルケア」という老人保健施設でしたが、ご覧の通りホテルへのコンバート工事が行われています。
P2271800.JPG
完成は今年の4月30日を予定しているようです。


P2271804.JPG
高層部が養生ネットに覆われて、工事の様子を伺うのが難しい状況です。


泉佐野市長のフェイスブック記事(https://www.facebook.com/permalink.php?id=100005194483769&story_fbid=575933332589811)によると、客室数は87室で、オープンは5月を予定しているようです。

さて今日はこの辺りで失礼して、明日はもう二発紹介したいと思っています(お楽しみに!)
posted by 大阪のしろきち at 18:13| 大阪 ☁| Comment(0) | 都市開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする