2021年05月16日

ワタキューセイモアりんくう工場(2021年5月)

こんばんは!(⌒▽⌒)
ここ最近、忙しくなりつつあり、思うように大阪市内方面へ取材に行けていないのが実情です(´;ω;`)

月末、上手いこと口実を作って取材行きたいなぁ・・・・・
そんな訳で今日は大手リネンサプライ業者のワタキューセイモア、2022年(令和4年)3月の完成を目指しりんくう工場の建設を進めています。
watakyu.JPG
予定地。
ちょうど男里川の河口付近に出来るようですね。

DSC_0578.JPG
各種標示と開発事業のお知らせ。
労災保険関係成立票では2022年(令和4年)4月30日の完成となっています。

『開発事業のお知らせ』
・開発事業の目的又は建築物の用途:工場(洗濯工場)
・開発区域の地名・地番:泉南市男里七丁目1455番1・1455番2・1455番4・1455番11・1455番12・1455番13
・開発区域の面積:5491.07平方メートル(全体:21,268.89平方メートル)
・建築物の構造・規模:鉄骨造4階建て/延床面積:17487.61平方メートル
・開発者(建築主):ワタキューセイモア株式会社
・工事施工者:古久根建設株式会社

DSC_0581.JPG
基礎工事が進んでいます。
右側に開発許可標識があり、こちらは阪南市のものです。

実は先程の「開発事業のお知らせ」は泉南市側のもので、敷地面積自体は阪南市側の方大きいことになります。
市境をまたぐ計画というのはあまり見聞きしないだけに貴重ですね。
DSC_0586.JPG
「巨大」クリーニング工場の基礎工事が進みつつあります。

DSC_0573.JPG
建物の仕上がりが楽しみですね。

工事施工者の古久根建設、実はワタキューセイモアのグループ会社だそうです。
同社は医療機関向けのリネンサプライにとどまらず、調剤薬局や医療機関向けの供食事業も手掛け、ついには医療機関や福祉施設の建設を自らの手で行うという試みを始めています。

自給自足とは言いませんが、なかなか面白い事をする会社が作っている工場なのでした。
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 都市開発(泉州・りんくう) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする